新ファイレクシア

はじめはアージェンタムとして知られていたミラディンは、プレインズウォーカーのカーンが創造した世界です。ミラディンの守護者だったメムナークは徐々に狂気に苛まれ、多元宇宙中の人々を拉致してミラディンに居住させました。この金属世界で、ミラディンに連れてこられた人々は厳しい環境に順応するため、アーティファクトと武具の達人になりました。

カーンはミラディンにファイレクシアの油をもたらした存在でもありました。それはこの世界の地下深くから、触れたクリーチャーを変形させる緩慢な作用を始めていきました。時とともにに正気を失ったカーンは、機械の父となりファイレクシアの主導者となりました。緩慢な拡散はやがて、ミラディンの世界を変化、あるいは完成させる、明確な一連の活動となっていきました。ミラディンの人々は数多の戦いを続けましたが、やがてファイレクシアの軍勢に圧倒されるようになりました。

プレインズウォーカーのコス、エルズペス、ヴェンセールさえも形勢を一変させることはできず、カーンを正気に戻すためにヴェンセールは自らの命を捧げました。しかしその頃にはすでに、ミラディンの創造者でさえもファイレクシアの機械を止めることができなかったのです。今では、元はカーンの副官であった法務官たちが、その派閥とともに権力闘争を繰り広げる一方、住民たちは日々を生き延びるためにもがいています。

伝説のクリーチャー

法務官の声、アトラクサ

アトラクサは、ファイレクシア人がミラディン侵攻を成し遂げた象徴です。かつてファイレクシアの堕落と戦ったミラディンの天使が、ミラディン人の撤退を支援していたところを捕縛されました。法務官エリシュ・ノーンは、彼女の不屈の精神をファイレクシア的「完成」によって称えました。ジン=ギタクシアス、シェオルドレッド、ヴォリンクレックスもエリシュ・ノーンに賛同し、アトラクサが誕生しました—ファイレクシアの唯一の目的の証が。

ビューカード

派閥

オーリオック

ファイレクシア人の前に倒れるミラディン人が増えるにつれ、オーリオックの多くは隣人であるレオニンやエルフと共闘するようになりました。ファイレクシア人による侵攻の最中で、英雄リーア・イヴォールはオーリオックの生存者、さらに他の人間やレオニンたちを含めた一団を率い、生存者の集落である刃砦からファイレクシア人を追い返すために戦いました。

クリーチャー種族

ゴブリン

ファイレクシアの汚染がミラディンに浸食したことにより、ゴブリンたちは滑らかで色白となりました。彼らを汚染したファイレクシアの油が何であるかを完全に理解しないまま、積極的にその憤りを怒りとして吐き出しています。

来訪しているプレインズウォーカー

槌のコス

勇猛な族長。赤のマナを使って土や岩を武器へと変える。最終目的は部族の平和、そして次元をファイレクシア人から奪還すること。

さらに詳しく

カードセット

新ファイレクシア

戦士達がぶつかり合う気高き戦いとは程遠い、波のようにじわじわと押し寄せる脅威を前に誰もなす術がなかった。自らの世界の内側から猛襲を受けたミラディン人は知恵と魔法を武器にして勇敢に戦うが、努力はすべて徒労に終わる。ミラディンは今や新たなるファイレクシアとなった。

さらに詳しく

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more