略歴

故郷の次元カラデシュにおいて、サヒーリは当代最高の金属技師とうたわれる名高い発明家です。虹色に輝く金属から造り上げる、生きているように美しいアーティファクトで彼女は最もよく知られています。極小の昆虫から特大の象まで、サヒーリは自身が目にしたあらゆる生物を複製できるという比類なき能力の持ち主です。その生命の真髄をとらえて金属の作品とするのです。称賛者、収集家、そして発明家達が群れを成して彼女の製作物を眺めてはその芸術性に魅了されていつまでも目を離しません。

その生まれ持った、天賦の才能から彼女は多くの発明家の嫉妬を受け、特に造命士たちは彼女をインスピレーションの源かつ恐るべき競争相手とみなしています。サヒーリは競技において尻込みすることはありません。苦労して得た名声を守るためには、恐るべき殺し屋にもなります。ですが競争の場を離れれば、彼女は他の発明家を熱心に支え、助言や優しい言葉や激励の微笑みを惜しみません。彼女は発明の前途を心待ちにし、ギラプールに満ちる創造的精神に浴しています。その朗らかで楽観的な性格から彼女は他者を引き寄せ、そして正直な思慮深さはカラデシュ全土の賛同者を共感させています。

サヒーリの才はカラデシュの人々の認識や理解を超越しています。彼女は金属を自由自在にその魔法で操るプレインズウォーカーなのです。無限にも思える長い金属糸を用いて、彼女は創造物を織り上げます。そしてひとたび創造された製作物を、サヒーリは魔術によって従わせます。その能力から、彼女の側には常にアーティファクトの相棒がいます。

プレインズウォーカー・カード

訪れた次元

『カラデシュ』

カラデシュ――この活気溢れる次元では、時計仕掛けの自動人形から巨大な飛行船まで、何千もの目覚ましい発明品を霊気が動かしています。非凡な発明家たちが発明博覧会を目指して世界中からやって来ます。謎に包まれた審判長の目にとまるのは誰なのでしょうか?

さらに詳し

味方や敵となるプレインズウォーカー

ドビン・バーン

完璧なものなど存在しない、そして完璧となれるものも存在しない――カラデシュのヴィダルケンはそのような人生観を抱いています。ドビン・バーンはその視点とともに生きています。

さらに詳し

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page or by clicking Yes, you are giving your consent for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more