カラデシュ

カラデシュ世界は生きた芸術品であり、有形の霊気という素晴らしい存在によって動いています。霊気とは、多元宇宙の次元と次元の間に存在する純粋な魔法的エネルギーです。多くの次元で存在はしていますが、カラデシュでは生態系の重要な一部を担っています。そのエネルギーは自然界へと吹き込まれて生命力を与え、大地や水の流れを変え、木々や植物を優雅な曲線系に伸ばし、まるで磁力のように野生生物を引きつけます。

独創的な発明家アヴァーティ・ヴィヤが揮発性の霊気の精製法を確立して以来、それはまた情熱的な創造性というこの世界の文化に深く織り込まれています。カラデシュの政府である領事府は霊気の力を燃料と認識し、誰もが入手できるように流通方法を定めました。彼らの奮闘によって次元の至る所で発明家のルネッサンスが起こり、希望と楽観主義と果てしない創造性の時代が訪れています。今や、ぜんまい仕掛けの自動人形が街路を闊歩し、うなりを上げる飛行機械が市場を飛び交い、歯車仕掛けの優雅な機構が都市の道路や建物自体を上下させています。

カラデシュはあでやかで驚異に満ちていますが、それでも争いは存在します。改革派と呼ばれる組織は、領事府が彼らの自由を抑圧していると思い込んでいるのです。彼らは安全規制や霊気規定の順守を拒否し、社会構造と法を提供するという領事府の活動を妨害しています。改革派の活動はさておき、今は祝祭の時です。領事府は近頃、発明博覧会の開催を宣言しました。霊気ブーム最盛期の無数の発明を祝す、一か月に及ぶ華やかな催しです。飛行船が競争し、自動人形は戦い、天才的な頭脳が対峙し、優美な設計が優勝を争う予定です。

博覧会の審判長は几帳面かつ勤勉なヴィダルケンのドビン・バーンを主席検査官に任命し、ドビンは博覧会が滞りなく開催されることを約束しています。彼は近頃、改革派の脅威を抑えるためにゲートウォッチの助力を求めました。非凡な創造に浴するカラデシュの人々を止められるものなど、何もないことでしょう。

伝説のクリーチャー

競烏会の操縦士、デパラ

その腕前で名高い若きドワーフ、デパラは操縦士として限界に挑んでいます。彼女は操縦士連合である競烏会に所属し、発明家たちと共に常に自身の船を改造しては競争にて先頭を争っています。

驚異の都市、ギラプール

カラデシュ最大の都市、ギラプールは霊気の力で生命を得た巨大な歯車式機械と言えるものです。この都市はカラデシュの三大河川の合流点に位置し、港湾地区ボーマットからざわめく11基の橋の商業地域、無秩序街の鳥園、速接会の金属細工地帯、都会の緑地帯クジャール、そして巨人通路として知られる芸術家街など、多彩かつ特徴的な多くの近隣地域まで伸びています。ギラプールは発明家精神に則って建設され、今日では楽観主義、自由な創造性、希望といった創設者達の原理原則を支え続ける領事府が置かれています。

クリーチャー種族

人間

カラデシュの人間は発明に不可能はないと信じ奮闘する、情熱的な空想家です。カラデシュにおいて霊気に影響されていない生理機構を持つ唯一の種族でありながら、その好奇心と野心をもって発明に駆られ、多くのアイデアを統合することに優れています。

来訪しているプレインズウォーカー

ドビン・バーン

ドビンは先天的な才能を持ち、更にそれを魔法で強化することで、あらゆる機械の欠陥を明確に見ることができます。領事府の検査官として、彼はその才能をもって新たな発明品の欠陥を正しています。ですが弱点を探すためにそうしている彼を目にする方が多いかもしれません。

さらに詳しく

カードセット

『カラデシュ』

『カラデシュ』に続いては、『霊気紛争』を制して「今こそ力を取り戻すとき」です。紛争が起きた今、あなたを支えるのは創造性のみ。

さらに詳しく

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page or by clicking Yes, you are giving your consent for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more