略歴

少なくとも、チャンドラ・ナラーにとっては繊細さは美徳ではありません。彼女は自信に満ち、熱烈で、反抗的なプレインズウォーカーであり紅蓮術を専門としています――炎と、炎と、更なる炎の呪文を。

発明家たちの次元で魔法使いとして生まれ育ち、彼女は爪弾き者とされることには慣れていました。事実、改革派である両親を手本に、彼女は自身の独自性を受け入れることを学びました。ですが領事府の圧政的な法を犯したとして、彼女の一家は追われます。両親は残忍に罰せられ、チャンドラもまた自身のものではない罪で死刑判決を受けました。非道な扱いを受け、狼狽し、そして悲嘆に打ちのめされ、チャンドラの灯がその紅蓮術とともに点火します。そして彼女は処刑者たちにその炎を浴びせると、新たな次元へと運ばれていきました。両親は死亡したと思い込み、彼女は喪失と孤独の中でやがて自身と同じような紅蓮術師の僧団に迎え入れられます。彼らはチャンドラに、衝動を力とし能力を制御する方法を教授しました。

今、チャンドラはその紅蓮術の力を、かつて考えもしなかった振るい方をしています。彼女は守護と保護のための誓いを立て、ゲートウォッチとして知られるプレインズウォーカーの一団に名を連ねました。ギデオン・ジュラ、ジェイス・ベレレン、リリアナ・ヴェス、ニッサ・レヴェインとともに、彼女は多元宇宙の様々な次元を旅しては自由のために巨大な脅威と戦っているのです。

プレインズウォーカー・カード

《紅蓮の達人チャンドラ》

「Gatherer」でこれらのカードを見る

訪れた次元

ゼンディカー

危険地帯となって久しいマナ発祥の地で、調伏されたはずのエルドラージたちがついに解き放たれた。そして今、霊気から侵入した巨獣たちが、目につくものすべてを貪り尽くそうとしている。

さらに詳しく

 

 

味方や敵となるプレインズウォーカー

ジェイス・ベレレン

“神童”ジェイスの知識欲は危険なまでに際限を知らない。プレインズウォーカーとして究極の能力とも言える幻影、読心、記憶操作が可能。

さらに詳しく

 

 

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page or by clicking Yes, you are giving your consent for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more