略歴

活気に溢れ、献身的に、そして大地と深く結びついてニッサ・レヴェインは精霊の魔術を振るいます。彼女は次元のマナの力線と繋がり、大地へと命を与えます。

まだ年若かった頃、その恐ろしい幻視とドルイドの力のために、ニッサは生まれ故郷であるエルフの村の者達から避けられていました。ニッサは村を離れ、大地そのものの――ゼンディカーの――声を追いかけました。世界はその内に眠る脅威を取り除いてくれと彼女に願っていたのです。ゼンディカーはその具現として精霊を送り出し、大地と繋がって力を引き出す術をニッサに教えました。その新たな力で武装し、彼女はゼンディカーの内なる危険――巨大エルドラージとの交信を試みました。それらの途方もない力に彼女の心が折れる、まさにその危機の瞬間に彼女は初めて次元を渡り、安全な地へと逃れました。

ゼンディカーを守るという切実な思いと固い決意で、ニッサは多元宇宙の様々な次元に助力を求めます。そして故郷へと戻った後は、次元を貪ろうとするエルドラージとその落とし子との終わりなき戦いに身を投じました。独りでは決して勝利しえない戦いでした。そしてゼンディカーへと馳せ参じて共に戦ってくれたプレインズウォーカー達への感謝を、彼女は生涯忘れることはないでしょう。

今、彼女は誓いを立てるとともにゲートウォッチとして知られるプレインズウォーカーの一団に名を連ねています。ギデオン・ジュラ、ジェイス・ベレレン、リリアナ・ヴェス、チャンドラ・ナラーとともに、ニッサは多元宇宙を旅しながら無数の世界とその全ての生命のために戦っているのです。

プレインズウォーカー・カード

自然に仕える者、ニッサ —

「Gatherer」でこれらのカードを見る

訪れた次元

アモンケット

この次元の人々には五つの危険な試練が待っています。人々は栄誉の死、そして永遠の栄光が待つ来世を望んでいるのです。ただし、彼らの真の運命は、悪しきニコル・ボーラスの手中にあります。

もっと読む

味方や敵となるプレインズウォーカー

チャンドラ・ナラー

衝動的で情熱にあふれ、気の短い炎の魔道士。増え続ける彼女の紅蓮術の呪文のごとく、彼女の怒りも爆発寸前にまで燃え盛る。

さらに詳しく

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page or by clicking Yes, you are giving your consent for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more