略歴

美しく狡猾で、野心に溢れるリリアナ・ヴェスは、実のところ多元宇宙でも指折りの魔性の悪女です。彼女は黒中の黒の魔法、屍術を操り、その呪文は死者を蘇らせ、生きている者を腐敗させます。

闇の女王、リリアナの魅力は否定できません。永遠の美貌と剃刀の刃のような鋭さを持ち合わせています。

人間としての寿命に近づいたリリアナはその運命を受け入れることを拒み、絶頂期の若さと力を永遠に保てるよう、悪魔の王たちと契約を結びました。

ある悪魔は契約の際、彼女に鎖のヴェールと呼ばれる強力なアーティファクトを手に入れるという条件を出しました。手に入れた途端、ヴェールが持つ力を感じることができた彼女は、手放す代わりにそれを使って悪魔を殺してしまいます。そして彼女は契約したほかの悪魔たちを倒すための旅に出たのです。

その野心によって、リリアナは多元宇宙のさまざまな存在と関わりを持つことになりました。しかし突き詰めれば、リリアナが最も愛し、優先するのは彼女自身です。

誰もが同じように自分自身のために生きているのだと、彼女は確信しています。単に彼女は他の誰よりもうまくゲームをプレイしているだけなのだと。実際、その通りなのかもしれません……。

プレインズウォーカー・カード

《闇の領域のリリアナ》

「Gatherer」でこれらのカードを見る

訪れた次元

イニストラード

吸血鬼や狼男、ゾンビ、餓鬼の脅威に怯える人類の元に、かの天使はついに帰還した。しかし、彼女と同時に解き放たれた新たな災禍とは?

さらに詳しく

 

 

味方や敵となるプレインズウォーカー

ジェイス・ベレレン

“神童”ジェイスの知識欲は危険なまでに際限を知らない。プレインズウォーカーとして究極の能力とも言える幻影、読心、記憶操作が可能。

さらに詳しく

 

 

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page or by clicking Yes, you are giving your consent for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more