イニストラード

陽が翳り、イニストラードに月が昇る時、人類は例外なく獲物となります。月に引き寄せられ、狼男の群れが満ち潮のように現れます。彼らの人間性は獣の憤怒に押し流されます。吸血鬼一族は人間の血の匂いに牙をむき出しにします。歩く死者の軍勢は本能的な渇望に突き動かされ、生者を求めて荘園や荒野をよろめき進みます。錬金術で創造された忌まわしき命は、実験室にてその身をひきつらせています。人間が寄り集まる街には幽霊が出没し、暗き交差路を行く旅人を脅かします。イニストラードの深淵では、強大なデーモンと悪意の小鬼が人間の凋落を画策しています。

イニストラードの人間たちは抵抗すべく最善を尽くしてきました。大衆は群れを成して松明を振るい、忌まわしきものを炎で清めました。超自然的な怪物に逆襲すべく、聖戦士と呼ばれる専門化された神聖戦士を鍛え上げました。そして何よりも、彼らはアヴァシン教会の信仰の力を振るいました。教会は指導者である強き大天使アヴァシンの名を冠しています。彼女は人類の保護者として、そして彼らの捕食者と共存するためにプレインズウォーカーのソリン・マルコフによって創造された存在です。

この数年、イニストラードは動乱の中にありました。最初に、悪魔グリセルブランドが獄庫へと幽閉される際にアヴァシンを道連れにしました。そして彼女への祈りがもたらす儀式の力を弱め、夜の恐怖に対する人類の防御を弱体化させたのです。ゾンビの軍勢が高地都市スレイベンへと進軍する最悪の状況の中、獄庫が破られアヴァシンは解き放たれました。ですがアヴァシンがある程度の平和と均衡を回復したのも束の間、新たな脅威以上のものがイニストラードを破滅へ向かわせようと画策を始めました。

天使からの庇護という束の間の希望は恐怖へと変化し、狂気がイニストラードに広がります。最終的にはソリン・マルコフが介入し、その愛する創造物を破棄しました。ですがアヴァシンの存在が失われるとともに、この次元の最終防御もまた陥落し、別世界の侵入者へと扉を開いてしまうのです……

伝説のクリーチャー

屍錬金術師、ルーデヴィック

ネファリアの人里離れた研究所で、ルーデヴィックは恐るべき伝統を最も多く実践する者としてその名を知らしめています。死体の組織を繋ぎ合わせて数多くの怪物を作り出したのです。ルーデヴィックは余人と異なり、肉体と生命の神秘に留まらずそれを超えるものに魅了されていました—彼は心の機微に関心があったのです。ルーデヴィックは自分の創造物が呼び起こす恐怖心の研究に大いなる喜びを感じています。

ビューカード

ガヴォニー

ガヴォニーの中心地にあたるのがスレイベンです。ここは治癒やイニストラードの闇の勢力の追撃からの猶予を必要とする者にとっての安息の地です。ここに住む人間たちは、村の安全確保のために従事するか、アヴァシン教会に所属して聖戦士となり、州内を旅して人類を危険から守るか、いずれかの道を選ばなくてはなりません。

クリーチャー種族

吸血鬼

ステンシアは、マルコフ、ヴォルダーレン、ファルケンラス、ストロムカーク、という4つの主要な吸血鬼の一族によって支配されています。それぞれの持つ能力は異なりますが、すべての者は強い腕力と永遠の若さ、音を消す能力、そして象徴的な牙を持ちます。この牙は恐ろしい映像として、多くの不用心な旅人が最後にその目に焼き付けることになります。

来訪しているプレインズウォーカー

ソリン・マルコフ

吸血鬼である彼は、ニコル・ボーラスを除けば、ほかのプレインズウォーカーすべてを合わせた年齢より長く生きている。血の魔術師でありながら、道徳的な一面を持つ。

さらに詳しく

 

カードセット

イニストラード

イニストラードに住まう者は皆、闇の顔を隠し持っている。快楽主義の吸血鬼は影の中を行き来しながら己の渇きを抑え、満月の夜にはただの人間が凶暴な獣に変身する。

さらに詳しく

See more archives

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page or by clicking Yes, you are giving your consent for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more