イニストラード

伝説のクリーチャー

屍錬金術師、ルーデヴィック

ネファリアの人里離れた研究所で、ルーデヴィックは恐るべき伝統を最も多く実践する者としてその名を知らしめています。死体の組織を繋ぎ合わせて数多くの怪物を作り出したのです。ルーデヴィックは余人と異なり、肉体と生命の神秘に留まらずそれを超えるものに魅了されていました—彼は心の機微に関心があったのです。ルーデヴィックは自分の創造物が呼び起こす恐怖心の研究に大いなる喜びを感じています。

ビューカード

ガヴォニー

ガヴォニーの中心地にあたるのがスレイベンです。ここは治癒やイニストラードの闇の勢力の追撃からの猶予を必要とする者にとっての安息の地です。ここに住む人間たちは、村の安全確保のために従事するか、アヴァシン教会に所属して聖戦士となり、州内を旅して人類を危険から守るか、いずれかの道を選ばなくてはなりません。

クリーチャー種族

吸血鬼

ステンシアは、マルコフ、ヴォルダーレン、ファルケンラス、ストロムカーク、という4つの主要な吸血鬼の一族によって支配されています。それぞれの持つ能力は異なりますが、すべての者は強い腕力と永遠の若さ、音を消す能力、そして象徴的な牙を持ちます。この牙は恐ろしい映像として、多くの不用心な旅人が最後にその目に焼き付けることになります。

来訪しているプレインズウォーカー

ソリン・マルコフ

吸血鬼である彼は、ニコル・ボーラスを除けば、ほかのプレインズウォーカーすべてを合わせた年齢より長く生きている。血の魔術師でありながら、道徳的な一面を持つ。

さらに詳しく

 

カードセット

イニストラード

イニストラードに住まう者は皆、闇の顔を隠し持っている。快楽主義の吸血鬼は影の中を行き来しながら己の渇きを抑え、満月の夜にはただの人間が凶暴な獣に変身する。

さらに詳しく

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page or by clicking Yes, you are giving your consent for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more