ドミナリア

この次元は寒冷な山脈や広大な平原、ジャングル、砂漠、そして島といった多彩な地形を誇り、火山の大陸シヴ、時間の砕かれし島トレイリア、暗くねじくれた島アーボーグなど、歴史的な場所が数多く存在します。

また、この地はコイロスの洞窟で古代の力を持つ石を見つけた大工匠、ウルザとミシュラの兄弟の生誕の地でもあります。彼らは互いに力を求め、その欲望からこの兄弟は凄惨な戦争を引き起こし、ドミナリアを壊滅状態に陥れ、次元を氷河時代へ引きずり込んだのです。兄弟戦争が終結を迎えたとき、ウルザは闇の次元ファイレクシアを見つけました。そこは肉と金属と油で彩られた地獄で、生命と機械の境目はほとんど無いも同然の世界でした。

ファイレクシアはドミナリアへの侵攻を試みました。その危機を救ったのが飛翔艦 ウェザーライト とその乗組員でした。かの有名な空飛ぶ船には、太古の魔法工学品が積まれていました。その技術は、船が次元を渡ることさえも可能にしていました。 ウェザーライト とその乗組員である英雄たち、そしてレガシーと呼ばれる一連のアーティファクト(プレインズウォーカー、カーンを含む)は、いずれも侵攻を撃退する力となったのです。

ドミナリアは、多元宇宙全体を脅かした時と次元の破損の中心地でもありました。プレインズウォーカーが引き起こした数々の大災害は、ドミナリアを荒廃させ、多元宇宙の構造をも不安定にしました。時間と空間が負ったダメージはドミナリアから他の次元へと広がっていきました。しかし、数多くの強力なプレインズウォーカーが裂け目を修復し、次元を再び安定したものへと復帰させたのでした。

伝説のクリーチャー

ジャムーラのシダー・コンド

ドミナリア次元、ミラージュ紛争の時期にコンドは故郷ジャムーラを率いていました。名将とうたわれ馬術の名手でもあったコンドは、常に戦場で最も重要な瞬間に姿を現していました。彼には二人の息子がいました—血の繋がったヴュエルと、英雄たる宿命を持った養子のジェラード・キャパシェンです。不幸なことに、嫉妬と敵意がヴュエルの心を蝕み、コンドは実の息子によって殺されてしまいました。

ビューカード

部族

コーリス

ドミナリアが時の裂け目によって引き裂かれる以前より、コーリスは衰退しつつある文明でした。数少ない者たちが、風雨から身を守りながら短期間だけ外に出てゴミをあさるような生活で何とか生き延びていました。

クリーチャー種族

ゴブリン

時の裂け目によって生じた厳しい気候は、ドミナリアのゴブリンたちに永遠に消えることのない瘢痕を与えました。塩の嵐に持続的にさらされたことにより、彼らの口と鼻の周辺にある余分な肌が削られ、その顔は骸骨のような容貌となり果てました。また資源の欠乏から栄養失調気味となり、より性格が獰猛になっています。

来訪しているプレインズウォーカー

ニコル・ボーラス

エルダー・ドラゴンにして世界の暴君。多元宇宙最古の生命体として知られる。彼の邪悪さに対抗し得るのは、自身の無限の叡智以外にはない。

さらに詳しく

 

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page or by clicking Yes, you are giving your consent for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more