タルキール(『タルキール龍紀伝』)

もし異なる現在であったならば、タルキールは5人の強力なカンによって掌握されていたことでしょう。 砂漠と森は、流血の惨事に覆われ、戦乱に侵されていたことでしょう。 氏族は莫大な富と巨大な王国を掌握するべく、戦いに明け暮れていたことでしょう。 しかし、ここはその現在ではありません。 この現在は、決してカンの支配にはありません。 この現在は、龍の手にあるのです。

プレインズウォーカー、サルカン・ヴォルのおかげで、タルキールの強力な龍はその存在を取り戻しました。彼は龍なき現在から千年以上もの時を超えて、歴史の重大な転換点たる過去へと戻りました。そこで彼は、プレインズウォーカー、精霊龍ウギンを死から救ったのです。 彼のその行為により、ウギンから魔力を供給されて龍を生み出す龍の嵐が存続することになりました。従って彼は、龍の存続を決定づけることになったのです。

長い間、氏族はその生き残りを懸けて龍と戦乱を繰り広げてきました。戦いの中で、優位に立つことを求めて。 しかしその期待は、サルカンの介入により打ち砕かれました。 龍の存在が守られたことで、その数は増し、すぐに戦いの潮流は変わりました。 最終的に、龍はカンを追い詰め、討ち滅ぼしたのです。 そしてその果てに、龍が巨大な玉座にその地位を確保したのです。

この現在において、討ち滅ぼされた氏族は五体の伝説の龍王に支配されています。 時を経て、氏族は彼らが仕える龍王の主要な特徴を体現し、その力を龍印として示すようになっていきました。 それぞれの氏族は友好2色の組み合わせのマナを手に、彼らの龍王に代わって魔法を操り、タルキール次元全土の支配を目論んでいます。

タルキール過去と現在

タルキールの最初の現在

サルカン・ヴォルの生まれ故郷であるタルキールは戦乱に満ちた世界です。 この次元を支配する5つの有力な氏族は、龍が狩りつくされ絶滅したこの地の覇権を賭けて争っています。

さらに詳しく

伝説のクリーチャー

簒奪者、イクラ・シディーキ

タルキールの氏族の中でも、スゥルタイは他のいかなる美徳よりも残忍さを重んじ、残酷と策略の評判を獲得していました。歴史から明らかなように、策略は残酷に勝ります。スゥルタイ最後のカンであったタシグルの在位は短く終わりました。助言者であったナーガのイクラ・シディーキが裏切り、タシグルは龍王シルムガルに売られたのです。龍王シルムガルはイクラの裏切りに対する報奨として、彼女を自分の龍語りに取り立てました。

ビューカード

氏族

ドロモカの氏族

ドロモカは信奉する龍王への共通の忠誠により結束した、龍と砂漠で生存する者たちの真なる共同体です。 この氏族は龍の特徴のうち忍耐を体現しており、彼らの象徴はまさしく示すとおり、龍鱗です。 彼らは密集した陣形で行進し、龍の助力と協調とともに戦います。

クリーチャー種族

オーク

筋骨隆々で獰猛なオークは、タルキールの過酷な環境によく適合しています。 コラガンの氏族にはたくさんのオークの戦士が身を置いています。 また、オークはアタルカの荒野の地を分け合っています。

来訪しているプレインズウォーカー

ナーセット

ナーセットは博学な僧であり、彼女が仕える龍王オジュタイのお気に入りの学徒の一人です。 ナーセットはその内なる意志と交信し、肉体と精神の世界を越えて謎を得ています。 彼女は、タルキールの真の歴史を知る数少ない者の一人でもあります。

さらに詳しく

カードセット

『タルキール覇王譚』

サルカン・ヴォルの出身次元であるタルキールでは、5つの戦士の氏族が覇権を求めて争っています。彼らはそれぞれ独特の荒々しい戦闘魔法を操ります。

さらに詳しく

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more