略歴

数世紀の昔、オブ・ニクシリスと呼ばれる男は、終わりのない戦乱が続く地獄のような次元の残忍で無慈悲な暴君でした。その権勢を確保するためならば、いかなる非道な戦略も闇の魔術もためらわず利用しました。40歳になるころには、すでに全世界をその手中に収めていました。これ以上征服するものもなく、彼は目的を失っていました…プレインズウォーカーの灯が点るまでは。オブ・ニクシリスの前に無限の世界が広がり、夢でさえ見たことがないような景色が、この新たな強大な力に支配されるのを待っていたのです。しかし、彼は次第に自分と同じ能力を持つ者たち、他のプレインズウォーカーが存在することを知ることとなります。そしてそれらの者のなかには、自分と同等の力と野望を持っている者がいることも。これらの新たなライバルたちに打ち勝つために、オブ・ニクシリスは彼がそれまでやってきたこと、つまり信頼を裏切り、冒涜的な行為を行い、力を得るためのいかなる代償をも払うことを再び繰り返そうとしています。彼は自身を無敵だと考えていましたが、悲惨な敗北を経験することになります。伝説の鎖のヴェールの力を手にするべく戦いましたが、逆に彼はその呪いに苛まれることになります。呪いは彼から人間性を奪い、怪物的な悪魔へと変貌させてしまいました。ついには、彼は支払いたくもない対価を知ることになってしまったのです。この呪いを癒やす方法を求め、彼は強力かつ予測不能なマナを持つ世界、ゼンディカーへと赴きました。しかしその力を引き出し始める前に、彼はゼンディカーの守護者を自ら務めるプレインズウォーカー、石術師ナヒリに出会うことになります。次元を覆いエルドラージを停滞の中に封じる面晶体の創造者として、ナヒリは怪物を目覚めさせかねないプレインズウォーカーの干渉がないように、ゼンディカーを見張り続けていたのです。そして彼女は同じ魔法でオブ・ニクシリスを拘束し、その頭蓋骨の中に面晶体を埋め込み、プレインズウォーカーの灯を抑制したのです。ゼンディカーに囚われ、無力なまま、オブ・ニクシリスは自身の灯を取り戻し、監禁から逃れることだけを考えるようになりました。彼はかつて手にしていた力のほんの一部を解放するために必要な秘宝を得ることを画策し、辛うじて成し遂げました。数世紀にもわたって増大したゼンディカーへの憤怒を抱きながら。ついに、ニクシリスは他の悪魔さえ恐れる闇の魔法との交感を始めました。数年の計画の後、彼は自身を次元に拘束していた面晶体を取り除くことに、とうとう成功しました。今やオブ・ニクシリスは解き放たれ、彼は次なる目標、彼の灯を再び点すことへと精力を向けています。

プレインズウォーカー・カード

灯の再覚醒、オブ・ニクシリス

「Gatherer」ですべてのカードを見る

訪れた次元

ゼンディカー

危険地帯となって久しいマナ発祥の地で、調伏されたはずのエルドラージたちがついに解き放たれた。そして今、霊気から侵入した巨獣たちが、目につくものすべてを貪り尽くそうとしている。

さらに詳しく

味方や敵となるプレインズウォーカー

ナヒリ

ナヒリはゼンディカー出身のコーのプレインズウォーカーです。その力の絶頂期において彼女は、現在ではゼンディカーを覆っている、巨大な石の面晶体を成形しました。石を成形、あるいは創り出すその能力によって、彼女は「石術師」の称号を得ました。

さらに詳しく

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more