略歴

プレインズウォーカーのウルザは、兵器としてカーンを造りましたが、目的はほかにもありました。5色すべてのマナを制御できるこの銀のゴーレムは、時空を渡る能力を持つプレインズウォーカーであり、強力なアーティファクトにして世界の創造者でもある頼もしい味方です。

カーンは、レガシーにおける最初のアーティファクトです。レガシーとはアーティファクトの一群で、その神秘の力は人工の機械次元、ファイレクシアに対抗する手段となり得ます。数十年後、ファイレクシアがドミナリアの次元に侵攻した際、カーンは同じレガシーのアーティファクトと共にファイレクシアの機械の始祖を倒すことで、その使命を果たしました。その瞬間、カーンは自らの創造主の才能を引き継ぎ、プレインズウォーカーとなったのです。

後にカーンは、自分の次元を作り出しました。アージェンタムという機械の世界です。カーンが多元宇宙を探索している間にこの次元は汚染され、次元が再形成されるにつれ、カーンが見張り用に造ったその番人の精神は腐敗していきました。

ドミナリアの時間危機の最中、カーンは時間の崩壊をくい止めるためにジョイラ、そしてプレインズウォーカーのテフェリーやヴェンセールと手を組みます。その過程で、自身の創造した次元において彼もまた汚染の影響を受けてしまいます。汚染によって精神を乱され、そして破壊されたカーンは ミラディン へと逃れ、そこで新ファイレクシア人たちに次の機械の始祖として祭り上げられました。

プレインズウォーカーのコスは、故郷であるミラディン の次元を救うための仲間を探していました。そして彼はエルズペス・ティレルと、カーンの友人であるヴェンセールを仲間にします。しかし、3人が到着した頃には、この次元はもはや救済不可能なまでに毒されていました。汚染が他の世界に広がるのを防ぐため、ヴェンセールは自らを犠牲にし、カーンに汚染への耐性を与えました。

アージェンタムの運命と友人の死を悲しみながらも、カーンは再び多元宇宙を旅し、汚染を絶つべく自分の足跡をたどり、その源を見つけ出そうとしています。

プレインズウォーカー・カード

訪れた次元

ドミナリア

火山の大陸、シヴ。時間の砕かれし島、トレイリア。凍てつく山々、ケルド。それらを擁するドミナリアは、多元宇宙で最も強力な魔道士たちによる、激しい争いの舞台となった。

さらに詳しく

味方や敵となるプレインズウォーカー

ヴェンセール

機械学者のヴェンセールはアーティファクトの作成や瞬間移動を頼りに旅をし、その果てなき好奇心を満たす。

さらに詳しく

 

 

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more