略歴

ゼナゴスはそのサテュロスとしてのカリスマや、歓楽者たちを熱狂させる能力で知られています。しかし彼の果てしない快楽の追求は、やがて途方もない野心へと変わるのです。

テーロス のスコラ谷に住むサテュロスたちにとって、快楽、お祭り騒ぎ、そしていたずらは最高の美徳です。ゼナゴスは、このような理想をまさに体現しています。

サテュロスたちを統治しているわけではありませんが、事実上の饗宴の主催者としての役割を、ゼナゴスは満喫していました。プレインズウォーカーの才能に目覚めた時、彼はその騒々しくもお気楽な享楽主義を、遠い次元にもたらすことに胸躍らせていました。彼の目的は多元宇宙のあらゆる快楽を見つけることでした。しかし、彼が実際に見つけたのは幻滅でした。

テーロス に神々は実在していました。しかし他の場所では、それらは何の影響力も持たなかったのです。この事実はゼナゴスを苦しめ、最終的に彼は故郷の次元に帰ることになります。再びお祭り騒ぎに興じようとしましたが、もはやかつてほど楽しいものではありませんでした。

テーロス において当たり前だと思われていた理が、ゼナゴスの目には茶番に映るようになりました。そして彼は、道化を演じることをやめました。かつては刹那的に生きていたゼナゴスですが、多元宇宙の存在を知った今では、サテュロスのお祭り騒ぎの狂騒に我を忘れることができなくなっていました。

しかし、彼はそうした空しさに屈することはありませんでした。かつてお祭り騒ぎを盛り上げ過ぎることで知られていたその手腕を、今では定命の身から神へと自らを昇格させる計画のために発揮しています。

プレインズウォーカー・カード

訪れた次元

テーロス

テーロスは、神話と伝説の神々が黄昏の領域ニクスから民を支配している地です。定命の者は神々の前で震えおののき、ささいな気まぐれに振り回されては彼らの怒りを買うまいかと恐怖する、針のむしろのような生活を送っています。

さらに詳しく

味方や敵となるプレインズウォーカー

エルズペス・ティレル

集団と防衛の白騎士。戦で荒れ果てた故郷を離れ、新たに故郷と呼ぶべき場所を探す。

さらに詳しく

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more