略歴

タルキールには、サルカンやその氏族の命運以上に重要なものが懸けられています。別の場所では、世界を喰らうエルドラージと呼ばれる存在が、多元宇宙の各次元を喰らうべく覚醒していました。それらを阻止するための鍵がタルキールに眠っているかもしれないのです。

吸血鬼のプレインズウォーカーであるソリン・マルコフは、数千年前にゼンディカーの次元でエルドラージを封印した3人のプレインズウォーカーのうちの1人でした。残りの2人は、石術師と精霊龍のウギンでした。再びエルドラージが覚醒した今、ソリンはそのプレインズウォーカーたちと再結集するという任務の途中です。

しかし石術師の消息は不明で、ウギンとは千年以上も会っていませんでした。ウギンの足跡を追う中で、ソリンはタルキールへと旅してきました。そこでは、精霊龍が次元の生態系における重要な一部を形成していたのです。

ある歴史においては、ソリンはタルキールの氷の裂け目でウギンの骨を見るだけでした。 しかし、サルカン・ヴォルによって創られた別の時間線では、何世紀もの間にわたり身を守る繭に包まれて、ウギンは生きています。 ウギンを捜すソリンの旅はこれにて成功しました。そして二人はともに、ゼンディカーにてエルドラージの脅威と戦うことを約束するのです。

訪れた次元

イニストラード

吸血鬼や狼男、ゾンビ、餓鬼の脅威に怯える人類の元に、かの天使はついに帰還した。しかし、彼女と同時に解き放たれた新たな災禍とは?

さらに詳しく

 

 

味方や敵となるプレインズウォーカー

ニッサ・レヴェイン

美しく、誇り高い、冷酷無比の自然魔道士。エルフこそが多元宇宙のあらゆる次元を治めるべき種族だと考え、その実現を目指す。

さらに詳しく

 

 

See more archives

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more