略歴

ドミナリアの国家ザルファーに生まれたテフェリーは、若くして魔法の神童と知られる存在でした。彼はトレイリアのアカデミーで学びました。そこはプレインズウォーカーのウルザが、才能ある若き魔道士たちを恐ろしき機械の帝国、ファイレクシアとの戦いに備えさせる場所でした。時間魔法の才能と悪ふざけを好む一面を持ち、テフェリーはアカデミーで最も名高く、かつ当惑をもたらす生徒の一人となりました。その後、アカデミーへのファイレクシアの襲撃により、テフェリーは遅い時間の流れの泡に20年の間、囚われることになりました。泡から解放された後、彼はファイレクシアへの戦争に備えるウルザを手助けしました。ウルザの判断が、戦争への渇望によって曇っているのではないか、という懸念を抱きながら。結局、テフェリーは故郷に戻り王室魔道士となって、ザルファーを護りながら、分かたれた勢力間の一致点を探し求めました。彼は、自身の国を繁栄に導く手助けと安定を維持するために5つのギルドを設立する一方、隔絶された島で時間の異常に関する研究を続けました。この研究により、彼はすべての居住者を含めた島全体を、時の流れから完全に切り離してフェイズ・アウトさせることができるという発見に至りました。しかしその魔法は不安定で、テフェリーは姿を消してしまいました。彼の住んでいた島、そのすべてのクリーチャーとともに、数百年にわたって。ファイレクシアが再びドミナリアへの攻撃を始めたとき、ウルザはヨーグモスの恐ろしい軍勢を撃退しながら、助力を得るべくテフェリーを捜しました。しかし、テフェリーはウルザを十分に理解していました。彼を他のプレインズウォーカーの武器庫の中の一兵卒にしか見ていないであろう、ということを。戦争の遂行に加わる代わりに、テフェリーはかつての失敗から学んだ教訓を活かし、ザルファーと次元の他の地域を時の流れから数世紀にわたってフェイズ・アウトさせることで、侵攻から守ったのです。3世紀後、テフェリーはザルファーが戻るにあたって安全かどうかを確かめるべく、ドミナリアに戻りました。ファイレクシアの脅威から長い年月が経っていたにもかかわらず、彼がそこで知ったのは、その次元、ひいては多元宇宙全体が、時空の構造に裂け目が生じていることによって危険にさらされていることでした。そのいくつかは、彼自身の干渉によって引き起こされたものでした。この損傷を何としてでも修復すべく、テフェリーは他のプレインズウォーカーの助力を探し求めました。フレイアリーズ、ヴェンセール、そしてドラゴンのニコル・ボーラスにさえも。部分的にでも、裂け目を封じるために。テフェリーは自身のプレインズウォーカーの灯を犠牲にして、そのエネルギーによって時間の嵐のひとつを閉じ込めました。ドミナリアは生き残りましたが、ザルファーは時の流れの外に取り残され、そしてテフェリーは強力ながらもただの定命の魔道士となったのです。

結婚し、娘も生まれ、老化はせずとも平穏な長い人生を経て、今テフェリーは大きな決断を迫られています。自身の過去と……多元宇宙の未来について。

プレインズウォーカー・カード

訪れた次元

ドミナリア

火山の大陸、シヴ。時間の砕かれし島、トレイリア。凍てつく山々、ケルド。それらを擁するドミナリアは、多元宇宙で最も強力な魔道士たちによる、激しい争いの舞台となった。

さらに詳しく

味方や敵となるプレインズウォーカー

カーン

カーン自身もプレインズウォーカーで、金属の世界となるアージェンタムを創り出す。今は汚染されてしまったこの世界を、彼は救えるだろうか。

さらに詳しく

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more