略歴

ビビアンの生まれ故郷はスカラ次元です。スカラ次元は、森林に住む人々とそれを取り巻く先進的な文明「ヌーラ」で大きく分かたれていました。ビビアンは森林に住む生物を保護するレインジャーやドルイドの集団「スマラジ」に所属していました。しかしスマラジは文明による侵略を幾度となく受け、先進的な兵士たちを前に彼らは絶望的な戦いを強いられます。

そのとき、ヌーラの先進技術に興味を示したのがニコル・ボーラスでした。大魔導師たちは果敢に立ち向かいますが、無慈悲なドラゴンが相手ではひとたまりもありません。ヌーラの秘密を略奪したボーラスは、この次元はもう不要と判断し、破壊を始めました。必死の思いで森へ逃げ込んだヌーラの民ですが、そこにも安全な場所はありません。破滅を悟ったヌーラとスマラジの民は力を合わせ、スカラに生きるクリーチャーを呼び出せるという秘宝「アーク弓」へ彼らの魔力を注ぎ込みました。ニコル・ボーラスとの最終決戦に挑もうとしたのです。しかしスカラ次元の住民は破れ、森は炎に包まれました。その中でビビアンは、スカラ最後の秘宝アーク弓を守るべく、本能的にプレインズウォークで逃れます。

プレインズウォーカーとして覚醒したビビアンは、アーク弓の謎を解明すべく奔走します。アーク弓はまるで、それ自体が生命を持っているようでした。アーク弓を使用し始めたばかりの頃、呼び出される生物は無秩序で獰猛、かつ弱々しい紛い物の姿でした。しかしビビアンが新たな次元を訪れ、新たなクリーチャーと出会い、それらを仲間に加えていくうちに、アーク弓は力を増していきました。やがて彼女は、無数の次元から精霊の姿をしたクリーチャーを呼び出せるようになりました――スカラに住んでいたどのような獣よりも巨大なものを。

そして今、経験豊富な次元旅行者となったビビアンは新たな使命に燃えています。それは、文明の膿を破壊することです。スカラの悲劇は、ビビアンの信念を定めました。彼女にとっては誰もが敵か味方かのどちらかです。彼女は、生けるものを封じて日に日に力を増していく強大な武器を携えています。近い将来、彼女は最大の敵を前にその絶大な力を開放し、多元宇宙の自然の秩序を復興させることでしょう。

We have updated our terms of use and privacy policy. Click the links to learn more.
We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more