略歴

野生語りのガラクは緑の魔法を操るプレインズウォーカーです。彼が得意とするのはクリーチャーを扱う魔法です。土地から豊富なマナを引き出し、野生の獣を呼び出し、その獣の野性の力を解き放ちます。しかし鎖のヴェールの呪いをかけられてからというもの、彼の自然呪文は黒魔法によって毒されるようになりました。

ガラクは骨の髄からの狩人で、多元宇宙で最大最強の生物を追い求め次元を股にかけてきました。そして彼が標的として狙いを定めたのは、同じプレインズウォーカーである、死を操る魔女リリアナ・ヴェスです。彼らが最後に相まみえたとき、リリアナはアーティファクトの鎖のヴェールの力でガラクに呪いをかけ、野生の獣を召喚する彼の力を穢れさせてしまいました。仲間である強力な捕食者達が呪いによっておぞましい悪鬼へと変貌するなか、ガラクは死を操る新たな力を自分の内に見出し始めました。そのことがさらに彼を激昂させるのです。

鎖のヴェールはまだリリアナとともにあり、ガラクは耐え難い死の穢れに冒された状態から解放されるまで追跡をやめないつもりです。イニストラードでリリアナ・ヴェスを追い詰め打ち破ることに失敗した後、ガラクはオドリックという、ガヴォニーの騎手の司令官によって捕らえられました。 自分が犯していない罪に問われ、ガラクは激昂し捕縛者から逃れました。 鎖のヴェールの支配からは逃れられませんでした。

今やガラクは、その追跡をリリアナだけでなく、すべてのプレインズウォーカーに対して続けています。 呪いは彼を、見境なく全ての殺戮に向かう生物へと変えてしまっています。 彼は新たに芽生えた闇を取り込み、すべてのプレインズウォーカーをその獲物として認識しています。

プレインズウォーカー・カード

訪れた次元

イニストラード

吸血鬼や狼男、ゾンビ、餓鬼の脅威に怯える人類の元に、かの天使はついに帰還した。しかし、彼女と同時に解き放たれた新たな災禍とは?

さらに詳しく

味方や敵となるプレインズウォーカー

ジェイス・ベレレン

“神童”ジェイスの知識欲は危険なまでに際限を知らない。プレインズウォーカーとして究極の能力とも言える幻影、読心、記憶操作が可能。

さらに詳しく

 

 

We have updated our terms of use and privacy policy. Click the links to learn more.
We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more