略歴

彼は自身の名も、過去も、家族も思い出せません――家族がいたのかすらも。旸谷という名は自ら名付けたもので、覚えている最も古い記憶の場所である東の果ての谷、「太陽が昇る谷」を意味します。忠実な猟犬の默武を従え、旸谷は旅を続けてやがて強大な九黎氏族の住まう村へやって来ました。ようやく旸谷はその地に平穏を見出し、共に生きようと定住しました。炎の踊り手の赤优という同年代の友人もできました。

ですが奇妙な疫病が村を襲いました。九黎氏族の力をもってしてもそれを止めることはできず、すぐに氏族全体の運命が危うくなりました。旸谷は、その病は水源の汚染によるものだと気付きます。新たな故郷を救うべく、彼は名高い治癒薬を求めて謎めいた十巫山へ向かいました。そこで彼は神秘的で悪戯めいた、見たこともない魔術を操る女性の罠を発見します。少しの小競り合いを経て二人は会話を交わし、やがて互いを信頼するようになりました。

その神秘的な女性は水の魔術を自在に操る力を持っており、彼女の助けを得て旸谷は九黎氏族の水源を浄化して村を救いました。村人らは感謝とともに彼を長に迎えたいと申し出ましたが、旸谷は固辞しました。彼はその水魔術使いと共に、自身の真の過去を探し続ける決心をしていたのです。

Jiang Yanggu

味方や敵となるプレインズウォーカー

沐燕灵

no result found

We have updated our terms of use and privacy policy. Click the links to learn more.
We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more