略歴

ヤヤ・バラードはドミナリアに生まれ、その過去と現在の両方において名を知られています。向こう見ずであった若い頃、彼女は特務魔道士としてその傑出した紅蓮術の腕前を高値で売っていました。灯が点火してプレインズウォーカーとなってからは、その影響は多元宇宙に広く長く伝わり、熟達の炎魔術は僧や傭兵の気持ちを沸き立たせました。彼女はドミナリアにて、プレインズウォーカーであるフレイアリーズや不滅の魔術師ジョダーと共に冒険を繰り広げ、氷河期を終わらせる助けとなりました。十五世紀に渡って、ヤヤは同時代の他のプレインズウォーカーと同様に途方もない力を振るいました。ですがその時代は終わりました。大修復を経て、今のヤヤは「ただの」人間です。その荒々しく衝動的な性格から死に至ったと噂されていましたが、ヤヤは至極元気でいます。時間の達人であるテフェリーや人工的プレインズウォーカーのカーンとは異なり、ヤヤは順当に老化しています。そして長く有意義な人生の終わりが近いことを心から受け入れています。プレインズウォーカーのチャンドラ・ナラーは、ヤヤ本人がレガーサ次元にて設立した紅蓮術師の僧院、ケラル砦で学びました。チャンドラはヤヤの象徴的なゴーグルを手にドミナリアを訪れました。その並ぶ者のない至高の紅蓮術を学べればと願って。

プレインズウォーカー・カード

ヤヤ・バラード

Gathererでカードを見る

訪れた次元

『ドミナリア』

今日、長きに渡る平和的な発展を経て、ドミナリアの大半で古き文明が再建を果たしています。人間の共同体としてはベナリア、新アルガイヴ、トレイリアのアカデミー、フェメレフ。そしてヴォーデイリアのマーフォーク、ラノワールのエルフ、ヤヴィマヤのツリーフォークがそれぞれ、数十年前から繁栄を享受しています。

さらに詳しく

味方や敵となるプレインズウォーカー

カーン

アージェンタムの運命と友の死を嘆きながら、カーンはドミナリアへ帰還しました。創造主の足跡を辿り、今一度ファイレクシアの脅威への対抗策を見つけるために。

さらに詳しく

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more