Skip to main content

『ダスクモーン:戦慄の館』

店舗を選ぶ

ウィザーズ・オブ・ザ・コーストのサイトから離れます。

リンク先の外部サイトの内容に、ウィザーズ・オブ・ザ・コーストは一切の責任を持ちません。外部サイトのプライバシーポリシーやセキュリティ慣行はウィザーズ・オブ・ザ・コーストと異なりますので、ご注意ください。

続ける

本性をさらけ出せ

どうぞダスクモーンへ……あえて入ろうというのなら。対戦相手が最も恐れるものを現実とし、影さえも致命的なものに変えましょう。

公式発売日:9月27日

背筋も凍るスリル

次元全体に広がるこの館では悪意が悪夢や狂気の霊を呼び起こし、剃刀族が狂乱し、おもちゃや影を致命的なものに変えるでしょう。一緒に遊びましょう……あえて入ろうというのなら!

Images are digital renderings, not actual cards.

『ダスクモーン:戦慄の館』製品ラインアップ

プレイ・ブースター

友人とドラフトを行い、デッキを恐ろしい形に仕上げましょう。ブースター・ファンのカードも見つかります!新たな「スペシャルゲスト」10種もご覧ください!

コレクター・ブースター

ボーダーレス版や「二重露光」ショーケース版、「超常」フレーム版、フルアート版「屋敷」土地、「鏡面怪異」カードで、対戦相手を震え上がらせましょう。新たなショーケース仕様「ジャパン」ショーケース版カードも出現するかもしれません。

統率者デッキ

フォイル仕様のボーダーレス版カードや新規の統率者カード8枚を含むカード100枚のデッキは、対戦相手を怯えさせるでしょう。さらに同梱の計略カードを使うアーチエネミー戦で、一層高い悲鳴を巻き起こしましょう。

バンドルセット

ゾッとするカードに霊が取り憑くグッズ類。プレイ・ブースター9パックや基本土地30枚(うち10枚はフルアート版)、特別なスピンダウン・ライフカウンターなどが詰まっています。

Nightmare Bundle

プレイ/コレクター・ブースターやフォイル仕様のフルアート版「屋敷」土地、両面ポスター、暗闇で光る大型スピンダウン・ライフカウンター、Nightmare Boosterを手に、ホラー番組に注目しましょう。

プレリリース・パック

9月20日から始まるプレリリース・イベントに参加し、これまでにない恐ろしさのカードをいち早く体験しましょう。

お知らせ

『ダスクモーン:戦慄の館』統率者デッキ・デッキリスト

2024年9月27日発売の『ダスクモーン:戦慄の館』では、全4種類の新たな統率者デッキが世界中の店舗に取り憑きます!製品の詳細と、プレビューに応じて随時更新されるデッキリストをご覧ください。

Kendall Pepple
『ダスクモーン:戦慄の館』統率者デッキ・デッキリスト
Feature

Planeswalker's Guide to Duskmourn

A chill rolls down your spine: you've entered Duskmourn, a plane of fearsome horrors and rugged survivors.

Emily Teng
Planeswalker's Guide to Duskmourn
お知らせ

『ダスクモーン:戦慄の館』ファーストルックまとめ

マジック流のモダン・ホラー次元「ダスクモーン」に備えましょう。プレイヤーが慣れ親しんでいる壮大な世界観に不気味さが加わります。

Jubilee Finnegan
『ダスクモーン:戦慄の館』ファーストルックまとめ
お知らせ

進化するアーチエネミー

『ダスクモーン:戦慄の館』の統率者戦にて、「アーチエネミー戦」が帰ってきます!今回はどのような変化を迎えるのでしょう?開発者ガヴィンよりお伝えします!

Gavin Verhey
進化するアーチエネミー

『ダスクモーン:戦慄の館』の最新情報を受け取ろう

一緒に遊びましょう……あえて入ろうというのなら!今後のコラボやイベント、製品の情報をお送りしますので、メールアドレスのご登録をお願いします。

icon-caret-down
私たちのサイトを正しく機能させセッションデータを正しく匿名化するために、私たちはnecessary cookieを使用しています。necessary cookieのオプトアウト設定は、ブラウザの設定から行ってください。また、お客さま1人1人に合ったコンテンツや広告をご提供したり、ソーシャルメディアの機能を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりするために、optional cookieも使用しています 「はい、同意します」をクリックすると、optional Cookieの使用に同意したものとします。(Cookieについて詳しく