略歴

アヴァブルック出身の苦悩する狼男、アーリン・コードはその仲間の内でも特別な才能を持っています:彼女はプレインズウォーカーなのです。

十代の頃、彼女はモンドロネンの群れの咆哮に森へといざなわれ、最初の狩りを成功させます。彼女は常に変身へと抵抗し、アヴァシン教の護符や祈りや断食を用いて可能な限りそれを防いできました。更に彼女は教会にて魔術を修め、黄金夜の大魔道士となりました。首尾よくその呪いを教師や導師へと隠せていた間は—ですがある夜が来ると彼女は変身をもはや抑えられず、数人の高僧を殺害してしまいます。その時彼女の「プレインズウォーカーの灯」が点り、気付いた時にはどこか別の次元の森の中で暴れていたのです。

翌朝彼女は意識を取り戻しました—しかし恐ろしいことに、人間の姿ではありませんでした。幸か不幸か、狼の姿のまま人の心を保持し続けるという経験によって、彼女は自身の身体を共有する野生の精神への新たな理解を得ることができました。人間の姿へと戻る唯一の方法はイニストラード次元へと帰ることでしたが、今や彼女は変身を制御できることを知っています。どちらの側へも、比較的容易に。そして教会で起こした殺戮に今も怯えながらも、彼女は狼の姿にて振るう力を自身の魔術の一要素として受け入れています。

何よりも、アーリンは必死に仲間の生き残りを守っています。彼女は自身を群れの一部だと考えるようになりました。そしてアヴァシンが何百もの狼の呪いを抑えもしくは狼を殺害した世界で、そしてその天使の教会がかつてない程に過酷な審問を放つ世界で、もし自分が行動しないならばイニストラードの狼男はすぐにでも真の、永遠の終わりを向かえてしまうだろうとアーリンは怖れているのです。

訪れた次元

イニストラード

吸血鬼や狼男、ゾンビ、餓鬼の脅威に怯える人類の元に、かの天使はついに帰還した。しかし、彼女と同時に解き放たれた新たな災禍とは?

さらに詳しく

 

 

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page or by clicking Yes, you are giving your consent for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more