2002 Pro Tour Boston Japanese Coverage

更新日 Event Coverage on 2002年 9月 28日

By Wizards of the Coast

 Phoenix Foundation は二日目を全勝することによってチーム・ロチェスターにおける圧倒的な強さをすでに見せつけてくれているわけで、正直なところ、プロツアー・ボストンの結末に関して驚いている者は誰もいないだろう。昨年度のプロツアー・ニューヨークで彼らは突然の嵐であるかのようにタイトルを掴み取り、マスターズでの優勝とあわえてこのフォーマットにおける最強の存在であることをすでに証明済みなのである。「生涯負けなし」というコピーも彼らにはそれほど的外れなものとはならないだろう。

 Slay Pillage Gerard を準決勝で破った Phoenix Foundation が見えたのは Courtney's Boys ではなく 2020だった。スイスラウンドをポール・トゥ・ウィンで飾った Courtney's Boys を撃破してきた彼らはもはや単なるダークホースではなくなっており、事実、決勝戦でも Steve Wolfman が Dirk Babrowski を瞬殺してみせているのである。しかし、Budde と Blume は流石の強さを見せつけ、ディフェンディング・チャンピオンとして王座を防衛して見せたのだった。

 ところで、このボストンでの勝利によって Kai Budde は前人未到のツアー 6 勝目を飾ったことになる。Babrowski が 3 勝目、Blume も 2 勝目というわけだ。ちなみに、彼等以外では Tomi Hovi と Jon Finkel の 2 勝というのが最高記録であることも付け加えておこう。今や、彼らは単なるチームロチェスターの名手というレベルを超え、文字通り、プロツアー史上の三強となりおおせたのである。

 やはり、鳳凰の行く手を阻むことは誰にも許されなかったのだ。

Top 4 Final Standing

1.Phoenix Foundation (Germany) $60,000
2.2020 (Canada) $30,000
3.Courtney's Boys (USA) $18,000
4.Slay Pillage Gerard (Japan) $16,200

(Click here for complete final standings)

top 8 bracket

Semi-finals

Courtney's Boys

2020

Phoenix Foundation

Slay Pillage Gerard

Finals

2020, 2-0

Phoenix Foundation, 2-0

Champion

Phoenix Foundation, 2-1

 

EVENTS

PHOTO COVERAGE

BY SUBJECT

INFORMATION

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る