ゼンディカー動乱

更新日 Feature on 2010年 3月 2日

By Wizards of the Coast

ゼンディカー動乱

霊気の中に帰る術の無いエルドラージは、その恐るべき食欲をゼンディカーに向けた。この戦いと結果に対して「戦争」という単語を使う者もいるが、実際はただの悲劇的な殺戮劇に過ぎない。ゼンディカーの生ける地も闇雲に抵抗するが、エルドラージはそれに構いもせず、目の前にあるすべてを貪り食っている。

間に挟まれたのはこの次元に住む人々だ。かつてはゼンディカーの野生の危険と共存する方法を学んでいた狡猾な探検家や生き残りの者たちが直面したのは、まったく予想だにしなかった勢力だった。大陸のあちこりで起こっていたつまらない小競り合いは、世界中がエルドラージやその落し子との大いなる脅威に目を向けざるを得ない状況で、意味を成さなくなっていった。エルフや人間、ゴブリンやマーフォーク、コーや吸血鬼が、ゼンディカーを星界の侵略者から守るために戦いを挑んだが、希望はわずかしかない。

ゼンディカーの運命は、互いに敵対しあっている二人のプレインズウォーカー、ニッサ・レヴェインとソリン・マルコフの二人の手にかかっている。彼らは面晶体に埋め尽くされたウギンの目の廃墟へと戻り、謎の文字の刻まれた数世代を経ている古代の石と立ち向かわなければならない。

Art by Kekai Kotaki

最新Feature記事

FEATURE

2019年 3月 31日

『灯争大戦』のメカニズム by, Matt Tabak

プレインズウォーカーの皆さん、あまり良くないお知らせです。これまで、ニコル・ボーラスの脅威は侮られがちでした。なにせ彼は、デタラメにどこかの世界に現れ、デタラメに何かをしているだけに見えましたから。死した崇拝者たちの軍勢?なんとかの太陽?次元橋?ですが物語はついに終局を迎えます――『灯争大戦』が間もなく勃発するのです。この戦いはラヴニカに収まらない終わりをもたらすものにな...

記事を読む

FEATURE

2019年 1月 15日

『ラヴニカの献身』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

 君はどのギルドに献身する?  ラヴニカ次元はギルドを中心に回っている。それぞれ2色の組み合わせを持つ人気のギルドに、君自身も所属するんだ。『ラヴニカのギルド』では、10のギルドのうち5つが登場した。そして『ラヴニカの献身』では残りの5つが出揃うぞ!  アゾリウス。オルゾフ。ラクドス。グルール。シミック。5つのギルドはそれぞれ独自のメカニズムを持ち、魅力的なカードが詰まっ...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more