危険な遺跡

更新日 Feature on 2009年 12月 21日

By Wizards of the Coast

危険な遺跡


探検家やプレインズウォーカーは、生命と肉体を危険にさらして、ゼンディカーの宝物を追い求めている。誰もが覚えているほどの昔、謎めいた遺跡はあらゆる大陸に隠され、強力なマナのある座はあらゆる宗派の力を追い求めるものたちを魅了してきた。乱動は繰り返し新たな目的地を地の底から掘り返し、その一方でまだ探検の終わっていない遺跡を飲み込んでいった。


世界の混沌が増していくにつれ、遺跡にも新たな危険が生まれていた。罠や猛獣の潜む通路は複雑怪奇になっていった。地下墓地からは毒の蒸気が漏れ、地面からは毒ヒルが這い出してきた。岩は磁石に操られるかのようによろめき転がってきた。ルーン文字は内なる炎に照らされるかのように光っていた。宙に浮かぶ面晶体は荒々しくぶつかっては砕け散り、混沌の寄せ集めとなった。ラン防壁沿いに進んでいた探検隊は、面晶体の体から細長い脚を突き出した石の怪物が、塩床を軽やかに走り抜けたのを見た。目覚めたのは大地ばかりではなかったのだ。遺跡自身も形を変えていった。それはまるで、目に見えない知性がレバーを引いてスイッチを入れたかのようだった。


ゼンディカーの住人たちは、自分たちの本拠を脅かす新たな脅威に対し、異なる手段で協力し合った。新たな遺跡が大地の奥深くから姿を現し、さらなる冒険者たちが荒野を旅して、発見されるのを待ちわびているはずの強力な宝物への望みに荒野を渡っていく。高価な財宝とともに戻る者もいたし、予期できない地勢と説明できない現象に出くわした者もいた。だがその多くは、宝物にたどり着く前に殺されていった。


集団の中にはさらに緊密に手を組み、居住地を要塞化し、民兵団を結成する者たちもいる。多くの種族は先祖代々の地を本拠地と市、数を頼んで安全を得ようとしていた。あるいは新たに登場した危険を乗り切るための最適な場所を求めて、洞窟の奥深くや安全な谷や何も残っていない廃墟を本拠地とするものすらいるのだ。


最新Feature記事

FEATURE

2019年 3月 31日

『灯争大戦』のメカニズム by, Matt Tabak

プレインズウォーカーの皆さん、あまり良くないお知らせです。これまで、ニコル・ボーラスの脅威は侮られがちでした。なにせ彼は、デタラメにどこかの世界に現れ、デタラメに何かをしているだけに見えましたから。死した崇拝者たちの軍勢?なんとかの太陽?次元橋?ですが物語はついに終局を迎えます――『灯争大戦』が間もなく勃発するのです。この戦いはラヴニカに収まらない終わりをもたらすものにな...

記事を読む

FEATURE

2019年 1月 15日

『ラヴニカの献身』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

 君はどのギルドに献身する?  ラヴニカ次元はギルドを中心に回っている。それぞれ2色の組み合わせを持つ人気のギルドに、君自身も所属するんだ。『ラヴニカのギルド』では、10のギルドのうち5つが登場した。そして『ラヴニカの献身』では残りの5つが出揃うぞ!  アゾリウス。オルゾフ。ラクドス。グルール。シミック。5つのギルドはそれぞれ独自のメカニズムを持ち、魅力的なカードが詰まっ...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more