大虐殺、来たる

更新日 Feature on 2010年 3月 1日

By Wizards of the Coast

忘れられた敵

Art by Chippy

エルドラージは霊気の中をうごめく巨大な捕食者で、姿を現したあらゆる次元のマナと生命力を食らい、その後に生命無き抜け殻を残してきた。数え切れないほどの次元の危機を目の当たりにしてきた三人の古きプレインズウォーカーは、エルドラージをマナに満ちた世界ゼンディカーへと引き寄せ、それを物質の中に閉じ込めると、想像もつかないような強力な魔法を用いて彼らをこの次元に幽閉した。

Art by Tomasz Jedruszek

しかし、牢獄は薄っぺらだった。幽閉からたった数世紀という短い時間の中で、エルドラージは自由になる寸前にまで至り、ゼンディカーのマナと生命を吸い上げてほとんど荒野にしてしまった。そして巨大なエルドラージの存在により、そこから醜悪な小型の手下が現実世界に登場しだした。彼らの血族だ。しかし、エルドラージはその血族とともに再び閉じ込められた。ゼンディカーはゆっくりと回復していったが、その生態系はゆがめられ、より奇妙で凶暴になり、エルドラージの存在を反映するかのようにより移ろいやすくなっていった。

半ば開いた目

Art by Eric Deschamps

そして今、かつて次元を食っていった時から数千年がたち、エルドラージは再び目覚めた。エルドラージを無力のまま閉じ込めるためにウギンの目の部屋で三人のプレインズウォーカーが張った結界は緩み、彼らは再びゼンディカーの生命を食い尽くすために立ち上がった。次元の全域にわたり、眠っていた面晶体の石は生命を持ち、変形し、あるいは互いに繋がり合って巨大な構造物となり、周囲の自然の法を捻じ曲げ始めた。巨大な先祖の脇を囲んで、新たな血族が現実世界に滑り込んできた。虐殺が始まるのだ。

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』 by, Harless Snyder

ようこそ、旅のお方! 長期にわたるダンジョン探索を経て、あなたは休息をとるために近くの街へ向かいました。今日は朝から季節外れの暖かさでしたが、1時間ほど前から空は深い灰色に覆われ、雨も降り出しています。未舗装の道は濡れてぬかるみになり、一歩進むごとにブーツから足が抜けそうです。それでもあなたは、苦心しながらなんとか進みます。疲れ切って凍えそうなあなたの目に宿屋の看板が映...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る