白青タイタン(モダン)

更新日 Daily Deck on 2015年 7月 17日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 本日の「Daily Deck」では、最高にクールな白青デッキを取り挙げます。一見すると、「白青コントロール」と「デス・アンド・タックス」を組み合わせたものに見えますね。《拘留の宝球》や《流刑への道》といった除去に、それから《前兆の壁》や《ちらつき鬼火》のような使い勝手のいいクリーチャーを採用した、クリーチャー・コントロール・デッキの形です。しかしよく見てみると、このデッキが目指す先は《太陽のタイタン》で多くのアドバンテージを得ることであるのがわかります。

 このデッキに採用されている土地でないパーマネントは、戦場に出たり戦場から離れたりしたときに利益をもたらすものばかりです。そのため、それらはみな《太陽のタイタン》が戦場に出たときと攻撃したときに誘発する能力の対象にうってつけなのです。クリーチャーを除去したい場合は、《拘留の宝球》や《上天の呪文爆弾》を。土地が欲しい場合は《巡礼者の目》。そしてライフが心許ない場合は《孤独な宣教師》を戦場に戻してやりましょう。それから、土地を戻すのも効果的です。《幽霊街》や《地盤の際》で対戦相手の土地を破壊し、それらを戻して再び使うこともできるのです。

 このデッキの素晴らしい点は、《太陽のタイタン》の能力を幾度となく繰り返せるところです。《太陽のタイタン》自体も4枚採用されていますが、その能力を再び誘発させる手段が多く搭載されているのです。《ちらつき鬼火》は《太陽のタイタン》を追放し、再び戦場に戻します。不運にも《太陽のタイタン》が墓地へ行ってしまっても、《空の遺跡、エメリア》がすぐに戦場へ戻してくれるでしょう。《空の遺跡、エメリア》を使うのはちょっと気が長いと思われるかもしれませんが、コントロール要素満載のこのデッキならゲームはかなり長引き、4枚採用された《巡礼者の目》も併用することで土地は十分に伸びるでしょう。このデッキには手堅い動きがたくさんあるのです。

 全体を見ても、この「白青タイタン」はゲームのどの段階でも戦える面白いカード選択が多く行われています。そのほとんどが、《太陽のタイタン》で戦場に戻すパーマネントを中心に採用されていますが――それらを扱うには間違いなく、プレイヤーの腕が問われるでしょう。このデッキの動きを実際に目にした者のひとりとして、皆さんにお伝えします。このデッキは楽しさいっぱいですよ。

Loveisgreen -「白青タイタン」

モダン
Download Arena Decklist
ソーサリー (2)
2 至高の評決
インスタント (6)
1 否認 4 流刑への道 1 白鳥の歌
アーティファクト (4)
2 上天の呪文爆弾 2 迫撃鞘
エンチャント (3)
3 拘留の宝球
60 カード

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る