Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 29日

By Yusuke Yoshikawa

栄光の日曜日まであと1勝と迫った黒田。ここで対するは、ギリシャからやってきた新鋭Vasilis Fatourosである。

黒田 正城

カードに今ひとつ恵まれずに3色デッキになってしまったという黒田はどんな戦いを見せるのか。

Game 1

ダイスロールで黒田先攻。

初手を開けて悩む黒田。土地は枚数こそ4枚と十分なのだが、その全てが《森/Forest》であり、かつすぐには使えない《蔦の神/Vine Kami》があることを考えてマリガン。
6枚はバランス良く満足のいくもの。Fatourosも"OK"とひとこと返し、ゲームが始まる。

初動はFatourosの《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》から。遅れて第3ターン、黒田の《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》が場へ。

攻撃後《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》を加えたFatouros、ここで黒田はライブラリトップを確認して攻撃。Fatourosブロックせず。黒田は《木霊の手の内/Kodama's Reach》でマナベースを拡張する。

Fatourosは《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》で戦線を伸ばし、さらに攻撃。すれ違う戦線、細かいながら確実にクロックを縮めるやり取り。

さて黒田はなんとかしていきたいところだが、とりあえず手を止めて待つ。《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》は《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》と相打ちになり、これを《魂無き蘇生/Soulless Revival》で回収。その間にFatourosは《伝承の語り部/Teller of Tales》を追加。

これは《汚れ/Befoul》で退場するのだが、すぐさま2体目が追加された《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》が止まらず、かといって《苔の神/Moss Kami》はどうにも遅い。
Fatourosは《抑えきれない怒り/Uncontrollable Anger》を《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》につけてなおも攻め立ててくる

ようやく順番が回ってこようとするころには、ライフはかなりの危険水域。《杉の力/Strength of Cedars》こそトップデッキするものの…15点のライフはどうにも遠い。

一縷の望みを載せて返したターンであったが、《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》で第1ゲームはFatourosのものとなった。

黒田 –0 Fatouros –1

Game 2

ひと目見た7枚に顔を覆って悩む黒田。声にもならぬ僅かな息を吐くと、苦渋のマリガンを宣言。6枚になり、何かを振り切るようにキープを宣言した。Fatourosはそのまま7枚。

1枚少ない上に《森/Forest》3枚で止まってしまう苦境から第2ゲームが始まるが、なんとか《沼/Swamp》を引き当て《せし郎の息子、そう介/Sosuke, Son of Seshiro》をプレイ。

だがFatourosは《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》から第5ターンの《山伏の長、熊野/Kumano, Master Yamabushi》!
しかし、これは《肉体の奪取/Rend Flesh》で手札へと一時退場させる。手札にはまだ《汚れ/Befoul》がある。2枚目の《沼/Swamp》さえ引ければ!

《山伏の長、熊野/Kumano, Master Yamabushi》が再登場した返し、気を込めるかのように引いたカードは…《沼/Swamp》ではなく《木霊の手の内/Kodama's Reach》。なんとか脱出への道をつけ、《せし郎の息子、そう介/Sosuke, Son of Seshiro》は攻撃させず終了宣言。

だが、Fatourosの手札からあふれてきたのは再びの《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》。様子見といった感じでターンを戻してくる。

そうはいっても《山伏の長、熊野》に《汚れ/Befoul》以外の選択肢はない。再び手札に退避する《山伏の長、熊野》。その間、《せし郎の息子、そう介/Sosuke, Son of Seshiro》はダメージを刻み続けている。

Fatourosは自らのターンに入り、体を揺らして何か悔しがる。だが、素直にフルタップで《山伏の長、熊野/Kumano, Master Yamabushi》。

そしてそこに待っていたのは…三度の除去、2枚目の《汚れ/Befoul》!

"So lucky…"とつぶやいたFatourosだったが、実は3枚ともが早い段階で黒田の手札に潜んでいたのだ。

成就なって場の掌握は黒田へ。《せし郎の息子、そう介》が確実にFatourosに迫る。
《血の儀式/Blood Rites》が現れるものの、やや遅いという印象だ。

3枚目の《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》で何とか粘ろうとするFatourosだが、ダメージスタック前にプレイされた《抑えきれない怒り/Uncontrollable Anger》での迎撃を《摩滅/Wear Away》で返すと、Fatourosは黙ったまま次のゲームへの準備へと移った。

黒田 –1 Fatouros –1

黒田は《血の儀式/Blood Rites》を抜いて《山/Mountain》を1枚に減らし、《呪われた浪人/Cursed Ronin》《沼/Swamp》を代わりに入れた。黒除去が重要との判断か。

Game 3

7枚を見るなり無言でライブラリをつかむFatourosは6枚スタート。

《森/Forest》2枚《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》《肉体の奪取/Rend Flesh》《氷河の光線/Glacial Ray》《呪われた浪人/Cursed Ronin》の初手に危惧を感じてマリガン。同じ6枚からのスタートとなる。

その6枚は土地4枚に《木霊の手の内/Kodama's Reach》、《樫族の肉裂き/Kashi-Tribe Reaver》と悪くない。

Fatourosは《かまどの神/Hearth Kami》がファーストアクション。しかし、土地が2枚で止まってしまう。それでも《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》をプレイしてくる。

黒田は《木霊の手の内/Kodama's Reach》で先への礎を築く間、何とか3枚目を引き込んだFatourosだが、《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》を出すのみにとどまる。

黒田はこれに黒マナ一つを残した《呪われた浪人/Cursed Ronin》で対抗の構えを見せる。
土地を引けないFatourosは《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》でライブラリを確認し、ドロー後に《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》を活用して道を模索するが、見えず。3枚のままターンを返す。

この猶予を見逃すわけにはいかない。黒田は叩きつけるように《苔の神/Moss Kami》をプレイグラウンドへ。まだ引けないFatourosは2枚目の《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》を出す。これが意外にやっかいだ。

黒田は《苔の神/Moss Kami》で攻撃すると、7枚の土地を一気に倒し《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》《樫族の肉裂き/Kashi-Tribe Reaver》を場に並べ立てて終了宣言。勝ちへの強い意思が感じられる。

さてようやく4枚目の土地を引いたFatourosはここで考える。黒田としては不安を煽られる時間だ。その不安に攻め入るかのように、Fatourosは《かまどの神/Hearth Kami》《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》2体での攻撃を行ってきた。

ライフは13。しかしブロックに使えば相打ちになってしまうクリーチャーばかりで、ここで臆病風に吹かれれば状況の逆転も十分起こりえる。的確な判断がなければ生き残れない。
黒田はいくつかのシナリオを考えた末、《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》で《かまどの神/Hearth Kami》をブロックするのみとした。

Fatourosは《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》でライブラリの上を見やり、そのままダメージをスタックに載せることを告げた。これで黒田のライフは9に。Fatourosは《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》をプレイして終了宣言である。

さて黒田のターンである。場では勝っているが、《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》や手札の直接火力といった脅威がある以上悠長にはしていられない。実際、《山/Mountain》2枚《島/Island》2枚からでも《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》がらみで即死は起こりえるのだ。

Fatourosのライフは15。慎重にプランを考える黒田。
《沼/Swamp》は3枚、《森/Forest》が5枚。手札に《汚れ/Befoul》。場には《呪われた浪人/Cursed Ronin》《苔の神/Moss Kami》《樫族の肉裂き/Kashi-Tribe Reaver》である。
闇雲に攻撃したのでは返り討ちに遭う。要は、この先相手にブロックを強要できる状況を作ることだ。

黒田は《苔の神/Moss Kami》《呪われた浪人/Cursed Ronin》での攻撃を選択した。Fatourosがブロックをしないことを告げると、ここでも少し時間を使い、1点だけパンプアップした。これでFatourosのライフは8へ。

戦闘後、《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》に《汚れ/Befoul》を撃ち込み、《山/Mountain》を置いてターンを返す。ここは覚悟の時間だ。

そしてFatourosのターン。ドローする。黒田がその様子をじっと見る。…だが、2体の《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》の攻撃と、《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》をのみでターン終了を宣言したのだ。

ベスト8進出を決めた黒田 正城

そこに黒田のフルアタックが襲い掛かる。身を挺してのブロックも、全てを防ぐには至らない。

続くターン、Fatourosが最後のお願いとばかりに《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》を起動する。
そして、苦笑いを漏らし、また真顔に戻り、
間に合わなかった《血の儀式/Blood Rites》を墓地に置いた。

そして程なく、黒田の苛烈なまでの攻撃が勝負を決めたのだった。

黒田 –2 Fatouros -1

これで11勝2敗の黒田は日曜日進出を確実なものとした。
1年前の再現、と誰もが願うだろう。だが、実際にそこに何があるかはわからない。
ただ間違いないのは、この男は期待を抱かせる何かがあるということだ。
日曜日の楽しみが、まずひとつ。

Masashiro Kuroda defeats Vasilis Fatouros.

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る