The World of Avacyn Restored

更新日 Feature on 2012年 4月 18日

By Wizards of the Coast

悪鬼の血統、ティボルト

ネファリアのスカーブ師のもとで学んでいたティボルトは、師に倣って死体を縫い合わせ、甦らせようとしていた。 だが彼にはこの精密な闇の業に求められる能力と規律が欠けていた。 彼の中に宿った小さな憎しみの種は自らの失敗と疎外感を養分として育ち、彼はやがてその力を生ある者の世界へと向けるようになった。 彼は実験を通じて、生物がどれだけ痛みに耐えられるのかを量るようになった。

当初は害獣のみを使っていたティボルトだが、やがてさらに大きな動物を扱うようになり、ついには浮浪者を実験台にするまでになった。 この実験の邪悪さを嗅ぎ付けたのか、ティボルトの実験室には夜な夜な小悪魔が集まり、ペチャペチャとした奇妙な声で囁き合うようになった。 小悪魔はやがて、何よりも彼を魅了していた「苦痛の真の姿」についての見識をもたらした。 ティボルトは全能感に酔ってより嗜虐的に、しかし注意散漫になり、町の人々の評判を意に介さなくなった。

そんな彼の実験室の扉を審問官の長靴が蹴破るまで、さほど時間はかからなかった。 わめきたてる小悪魔と拷問具の散乱した部屋に追い詰められたティボルトにとって、残された道は処刑か終身刑しかない。 そこで彼は、悪魔の呟きと自分自身の凄惨な発見をもとに構築した、強力で憎悪に満ちた呪文を解き放った。 その呪文は、彼が他者に与えてきたすべての苦痛を彼自身に与えることで、彼自身の本質と小悪魔のそれとを融合させるものであった。 この瞬間にティボルトのプレインズウォーカーの灯が点り、彼は審問官の刃から逃れ、多元宇宙の彼方へと飛び去った。 今や半人・半小悪魔であるティボルトは、無数の次元でその「芸術」を思うままに究めていくだろう。

アヴァシンの帰還の世界へ戻る

最新Feature記事

FEATURE

2019年 3月 31日

『灯争大戦』のメカニズム by, Matt Tabak

プレインズウォーカーの皆さん、あまり良くないお知らせです。これまで、ニコル・ボーラスの脅威は侮られがちでした。なにせ彼は、デタラメにどこかの世界に現れ、デタラメに何かをしているだけに見えましたから。死した崇拝者たちの軍勢?なんとかの太陽?次元橋?ですが物語はついに終局を迎えます――『灯争大戦』が間もなく勃発するのです。この戦いはラヴニカに収まらない終わりをもたらすものにな...

記事を読む

FEATURE

2019年 1月 15日

『ラヴニカの献身』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

 君はどのギルドに献身する?  ラヴニカ次元はギルドを中心に回っている。それぞれ2色の組み合わせを持つ人気のギルドに、君自身も所属するんだ。『ラヴニカのギルド』では、10のギルドのうち5つが登場した。そして『ラヴニカの献身』では残りの5つが出揃うぞ!  アゾリウス。オルゾフ。ラクドス。グルール。シミック。5つのギルドはそれぞれ独自のメカニズムを持ち、魅力的なカードが詰まっ...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more