The World of Avacyn Restored

更新日 Feature on 2012年 4月 25日

By Wizards of the Coast

月の賢者タミヨウ

ムーンフォーク、あるいは空民と呼ばれる神河次元の住人は、秘密主義でありながら探究心豊かな人種である。 自らの次元の形而上的な力に関する彼らの知識は群を抜いている。 実地研究を専門とする学者のタミヨウにとって、プレインズウォーカーとなって多元宇宙へとつながる道筋を発見したことは、どんな夢よりも素敵な出来事となった。 彼女の眼にはどの次元も、巻物にしたためて偉大なる朧宮の塔に納めるべき、未開拓の知の宝庫に見えた。

タミヨウにとってすべての次元は他とは異なる謎を有している。そしてイニストラードの場合、その謎とは銀色の月であった。 タミヨウはイニストラードの月周期を何回にもわたって観察してきた。プレインズウォーカーとしての技能を使い、その周期が世界に向けて発する力の本質を探ろうと試みてきたのだ。 彼女は月が獣人の呪いに及ぼす効果を熱心に観察し、吸血鬼の狂乱の波に月がどう影響するかについての長大な記録を残した。 そしてその好奇心はやがて、高名なネファリアの天文術士ジェンリクのもとへと彼女を導いた。 タミヨウは彼の月長石の塔に籠り、何ヶ月ものあいだ星図を食い入るように見たり、この次元の生物や住人に対して月が及ぼす奇妙な力について、彼の知識に彼女自身の見解を加えたりした。

アヴァシンが戻った今、タミヨウはこの天使がイニストラードの土地やクリーチャーや月に与える効果についての理論を夢中になって組み立てている。 獄庫の本質、ウルフィーの誕生、グリフの出現、最近になって強化された結界の出自……これらはすべて、回答よりも疑問ばかりが並ぶ彼女の巻物に、更なる不思議として書き加えられている。

アヴァシンの帰還の世界へ戻る

最新Feature記事

FEATURE

2019年 4月 23日

『灯争大戦』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

プレインズウォーカー。どっちを見てもプレインズウォーカーが! 『灯争大戦』は、まさに唯一無二のセットだ。マジックの物語に注目してきた人たちにとって、今回はひとつの節目になる――今このとき、この場所で、すべてが収束するのだ。狡猾なるドラゴン、ニコル・ボーラスが入念に組んできた計略の数々が、このセットで最終局面を迎える。 掘り下げられる部分はたくさんあり、セット全体がフレ...

記事を読む

FEATURE

2019年 3月 31日

『灯争大戦』のメカニズム by, Matt Tabak

プレインズウォーカーの皆さん、あまり良くないお知らせです。これまで、ニコル・ボーラスの脅威は侮られがちでした。なにせ彼は、デタラメにどこかの世界に現れ、デタラメに何かをしているだけに見えましたから。死した崇拝者たちの軍勢?なんとかの太陽?次元橋?ですが物語はついに終局を迎えます――『灯争大戦』が間もなく勃発するのです。この戦いはラヴニカに収まらない終わりをもたらすものにな...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more