Uncharted Realms

Feature

2015年 11月11日

一族の値打ち by Alison Luhrs

 テイサ・カルロフは都市次元ラヴニカの法廷にて恐るべき力を持つが、更に多くを欲している。ラヴニカの法魔術を驚くべき才覚で駆使し、そして一人のボロス軍人の手を借りて、彼女はついに権力闘争に身を投じる準備を終えた。だが...

記事を読む

Feature

2015年 11月4日

ジャンドの全ての石塚が by Michael Yichao

 ゼンディカーから遠く離れて、五つ子の世界アラーラが存在する。遥かな昔、アラーラは五つの異なる世界に分断され、それぞれが独自の慣習、生活様式、魔術の形態を進化させた。ドラゴンを崇拝する断片次元ジャンドでは、シャーマ...

記事を読む

記事 さらなる記事はアーカイブをご参照ください!

アーカイブのページへ移動する

統率者

  • 蘇りしダクソス

    蘇りしダクソス

    メレティスのダクソスは愛するプレインズウォーカーに殺されたが、彼は死者の神との残酷な取引を経て死の国から逃れた。 今や彼は蘇りし者の一人となり、愛するエルズペス・ティレルを永遠に探し求めてテーロス世界を旅している—だが彼女は死の国にて、彼の身代わりとなっていた。

    もっと詳し

  • イズマグナスのミジックス

    イズマグナスのミジックス

    ラヴニカのイゼット団に所属する錬金術師や工匠たちは何十人もの随員に支えられている。彼らは主が安全な距離をとる中、危険な状況を耐え抜く。 ミジックスも始めはそういった随員の一人だった。しかし鋭い知性を示すことで彼女自身の魔法的鋳造所を得た。

    もっと詳し

  • 変容する炎、アルジュン

    変容する炎、アルジュン

    スフィンクスの精神はその長寿命からの知識を源とする生きたパズル、謎と矛盾から成る変転し続ける迷路である。 知る者も少ない多元宇宙の片隅にて、スフィンクスのアルジュン—またの名を変容する炎—は彼を神にも等しい存在として崇める哲学者の学派へとその知識を分け与えている。

    もっと詳し

  • 進化の爪、エズーリ

    進化の爪、エズーリ

    ミラディンが新ファイレクシアへと変化した際、ファイレクシアの軍勢はエルフのエズーリを捕えた。 それに続く苦痛に満ちた変質処置を経て—彼は今やそれを「完成」と呼んでいる—エズーリは新ファイレクシアの意思を遂行する工作員となった。

    もっと詳し

  • ネル・トース族のメーレン

    ネル・トース族のメーレン

    メーレンは故郷の断片を統べる強大なドラゴンたちの屍を蘇らせることで部族への—そしてアラーラのジャンド断片全てへの—復讐を追い求め、その地は自分のものなのだと主張している。 彼女は死そのものから力を引き出す。そのため彼女の下僕は死ぬや否や、戦いに加わるべく再び立ち上がる。

    もっと詳し

  • 無慈悲なる天使、アンヤ

    無慈悲なる天使、アンヤ

    昼が、戦が、そして命が免れぬ終わりに近づく時、アンヤは死のごとき優雅さをもって戦場に舞い上がり、敵の弱点から力を引き出して彼らを死へと急き立てる。 無慈悲なる天使は誰一人残すことはないが、情けをかけるに値する者には速やかな死を与える。

    もっと詳し

  • 大蛇の大魔導師、かせ斗

    大蛇の大魔導師、かせ斗

    遠い昔、神河次元にて、せし郎は大蛇の共同体を率いていた—彼の種族、四本腕の蛇人の本拠地を。 大魔導師かせ斗は、古の導師たるせし朗の血を引き、崇拝されるこの祖先から受け継がれた智慧の守り手を任じている。

    もっと詳し

  • イロアスの信奉者、カレムネ

    イロアスの信奉者、カレムネ

    テーロスの巨人たちはその力を大地そのものから引き出す。 だがカレムネは異なる源へと目を向けた―強大なるイロアス神へと。 獰猛な粗暴者ではなく、カレムネは兵士の神の信奉者として超人的な軍勢を—巨人、ドラゴン、天使までも—栄誉ある勝利へと導いている。

    もっと詳し

  • 幽霊議員カルロフ

    幽霊議員カルロフ

    カルロフはラヴニカのオルゾフ組を統べる幽霊の少数独裁組織、オブゼダートの一員である。 死も彼から富と権力、そして欲を奪うことはなかった。彼は議会での地位が生み出す影響力のあらゆる一片にまでも貪欲に執着している。

    もっと詳し

  • クロールの死の僧侶、マジレク

    クロールの死の僧侶、マジレク

    死の僧侶マジレクはラヴニカの昆虫種族クロールの確固とした階級制度の中に高い地位を得ている。 彼はクロールの儀式にて羽音のような詠唱を先導し、腐敗の真髄へと呼びかけている。生と死の円環が巡り続けるように。

    もっと詳し