ゴブリン・レイダー・サーカス(エクステンデッド)

更新日 Daily Deck on 2015年 6月 30日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 本日ご紹介するデッキは、『デュエル・マスターズ』の主席デザイナー、モンス・ジョンソン/Mons Johnsonの相棒です。『デュエル・マスターズ』での仕事が主なモンスですが、彼はマジックの開発部でも多大な貢献を果たしています。そんなモンスが愛してやまないのが、ゴブリンです。そのあまりの熱意に、マジックのデザイン初期の頃、リチャード・ガーフィールド/Richard Garfieldはあるゴブリン・カードに「モンス」の名前をつけたのでした。《モンスのゴブリン略奪隊》を使ったことのある方へ、そのカードは、モンス・ジョンソンにちなんだ1枚ですよ。

 モンスは常にウィザーズの一員でしたが、そんな彼にもウィザーズ社員でない時期がありました。2000年代のはじめ、彼はマジックのプレイを――もちろんゴブリン使いとして楽しんだのです! モンスは、当時誰も扱っていなかったゴブリンを駆使しました。『スカージ』が登場するまで、「ゴブリン」は一線級のデッキとして見なされていなかったのです。当時はまだ《ゴブリンの戦長》も《包囲攻撃の司令官》もなく、「ゴブリン」デッキを本気で選択するプレイヤーがいなかったのでした。

 モンスは、彼の使用した「ゴブリン・レイダー・サーカス」を「アグロ・コンボ」デッキだと言います。主力となるのは、《ゴブリン徴募兵》で《ゴブリンの首謀者》と他に4枚のゴブリンをサーチする動きです。《ゴブリンの首謀者》を引いてそれを唱えれば、《ゴブリン徴募兵》で探してきたゴブリンたちが公開され、4枚ものカードが手札に加わるのです! また、この当時は「ダメージはスタックに積まれる」というルールがあったため、ゴブリンで戦闘ダメージを与えてから《ゴブリンの砲撃》の生け贄に捧げる、という動きも可能でした。

 モンスはこの「ゴブリン」デッキで地元のプロツアー予選に参加し、何度かトップ8入賞も果たしました。当時はまだインターネットが発達していなかったため、彼のデッキが広まることはありませんでした。そして新たな予選シーズンがエクステンデッドで開かれると、彼はそのシーズン最初のプロツアー予選に挑みました。その会場にモンスのデッキにしっかり備えたプレイヤーはおらず、彼は苦労なく優勝を掴んだのでした。

 モンスは、ただお気に入りのデッキを使ってプロツアー予選優勝を果たしたのではありません。彼は実に見事なサイドボーディングも見せたのです。白デッキを使うプレイヤーは、しばしば赤単に対する戦略として《絶対の法》を用いていました。その中でモンスは《ドラルヌの十字軍》を採用し、白使いたちの戦略を上回ったのです。彼のゴブリン軍団は黒のゾンビと化し、《絶対の法》は完全に破られたのでした。

Mons Johnson -「ゴブリン・レイダー・サーカス」

エクステンデッド
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る