ラザーヴ・ディミーア・コントロール(統率者戦)

更新日 Daily Deck on 2015年 7月 21日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 《ディミーアの黒幕ラザーヴ》を統率者にしているのは、ロバート・シュスター/Robert Schusterです。ロバートは10年にわたりメンタルヘルスケアの分野でキャリアを積み、2011年からウィザーズでの仕事を始めました。初めはゲームサポートに所属した彼はその後着実に歩みを進め、今ではMagic Onlineの開発部まで登りつめています。

 『ギルド門侵犯』の発売時、《ディミーアの黒幕ラザーヴ》で盛り上がる瞬間はわずかにあったものの、スタンダードで活躍する姿は見られませんでした。ですがその一方で、このカードはクリーチャーが死亡し墓地へ行くことが当たり前に起こる統率者戦において、完璧に噛み合った1枚なのです。ロバートがこのデッキについてどうしても語りたいそうなので、以下に彼の言葉をお伝えします。

 この《ディミーアの黒幕ラザーヴ》デッキは、まず間違いなくこれまで使った中で最高の統率者戦デッキだね。卓内で最強のクリーチャーを上回るものなんてないだろう? その呪禁版なら、最強を上回る最強ってわけさ。「最強のクリーチャー」への最もわかりやすい近道は、《ディミーアの黒幕ラザーヴ》をプレイして、それからこいつでコピーしたいクリーチャーを墓地へ送るためのアクションを起こすことだ。この戦略は「ディミーアの取り立て」って呼ばれてる。「君の《業火のタイタン》、なかなか素敵だね。そんなタイタンに『もしも』のことがあったら、残念でならないよ」

 他に《ディミーアの黒幕ラザーヴ》を活かすなら、ライブラリーを削るのもいいだろう。え、何だって? 統率者戦でライブラリーを削るなんて骨折り損? 墓地に落ちたらライブラリーを修復するエルドラージや、墓地を肥やすことで強烈なアドバンテージを稼ぎ出すデッキが山ほどあるこのフォーマットで、どうしてライブラリーを削る行為に意味があるなんて思えるのかって? なあに、ちょっと小さなサプライズを仕込んでやるだけでいいのさ。《墓所への乱入》は統率者戦であまり使われてないけれど、僕のお気に入りの1枚だ。友だちの《総帥の召集》に対応して、《始祖ドラゴンの末裔》の能力で墓地に溜まったドラゴンを《墓所への乱入》で根こそぎ追放してやれば、きっと友だちの目の色が変わるだろうね。《ディミーアの黒幕ラザーヴ》は、様々なタイプのライブラリー破壊を価値あるものにしてくれる。《欺瞞の神、フィナックス》で大きく削るもよし、《ジェイスの精神追い》で小さく削るもよし、《催眠の宝珠》で複数の対戦相手を同時に繰り返し削って、《破壊的な逸脱者》をとんでもないサイズにするのだっていいだろう。どんな方法であれ、ライブラリー破壊によって対戦相手のベスト・クリーチャーを見つけ出せば、こちらの統率者がその姿になれるんだ。

 それから、カードを一気に引いて捨てるカードも欠かせないね。統率者戦では1枚だけ、あの「パワー9」の一角が使える。やっぱりド派手なライブラリー破壊から自分自身を守る手段は入れておきたいよね? え? この恐ろしい企みから自分自身を守るなら「巨像」やエルドラージの方がより安全だって? まあ他の弱小ギルドの統率者ならたぶん、この壮大で凶悪な計画を信頼しきれず、そういうのが必要かもね。でもラザーヴ様にはそんなものいらないし、むしろその不信感の方が良くないよ。《ディミーアの黒幕ラザーヴ》の能力は対戦相手が手札を捨てたときにも誘発するから、チャンスはいくらでもあるさ。このデッキには《囁く狂気》や《記憶の壺》も入っているから、いずれそのときが訪れる。つまり、《概念泥棒》を採用せずにはいられないってことだ。信じてくれよ。僕だって何度もデッキから外そうとしたけれど、こいつが離してくれないんだ。ここには彼が盗める「概念」がいっぱいある。こいつはこのデッキが持つ様々な動きとうまく手を取って、我らが統率者を大いなる脅威へと仕立てあげてくれるんだ。せっかく《ディミーアの黒幕ラザーヴ》様が《大修道士、エリシュ・ノーン》になって教えを説き、あるいは《真実の解体者、コジレック》になりきっているというのに、それを邪魔されちゃご機嫌を損ねるからね。

 いやはや、《ディミーアの黒幕ラザーヴ》がこれほどまでに凶悪だったとは思いもしませんでした。デッキを詳しく教えてくれてありがとう、ロバート!

Robert Schuster -「ラザーヴ・ディミーア・コントロール」

統率者:ディミーアの黒幕ラザーヴ
Download Arena Decklist
COMMANDER: Lazav, Dimir Mastermind
エンチャント (3)
1 Control Magic 1 Rhystic Study 1 Phyrexian Arena
99 カード

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る