上陸デッキ (「PAX Prime」スペルスリンガー)

更新日 Daily Deck on 2015年 9月 8日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 今週の「Daily Deck」では、「PAX Prime2015」で行われたゼンディカーvs.エルドラージのスペルスリンガー・イベントで使用されたデッキをご紹介していきます。本日は「上陸デッキ」、可能な限り多くの土地を駆使して大型の呪文や様々な「上陸」能力を使う、赤緑のデッキです。

 この「上陸デッキ」は中級者向けのものです。マジックをプレイした経験はあるもののそこまで経験豊富なわけではないプレイヤーに、こちらのデッキが勧められます。「PAX Prime」のスペルスリンガーで使われた3つのゼンディカー側のデッキの中でも、この「上陸デッキ」は私のお気に入りのものです。このデッキには、クールなところが本当にたくさんあるのです。例えば、《猛り狂うベイロス》や《ゼンディカーの報復者》を用いて、盤面をトークンで埋め尽くす戦略がとれること。このデッキは(《不屈の自然》や《砕土》のような呪文を駆使することで)土地を戦場に出す手段には事欠かず、次々と生み出されるトークンを止める方法は限られることでしょう。

 《ヘルカイトの突撃者》もまた、このデッキにおける強力な1枚です。このカードは実に真っ直ぐなものと言えるでしょう。これを唱えたターンは空から5点の攻撃を加え、続くターンに再び攻撃して7マナを払えば、戦闘フェイズをもう一度行えます――しかしこのデッキでは、唱えたターンに2度の戦闘を行うことも不可能ではありません。そう、このデッキでは、戦場に13枚の土地を置くのも夢ではないのです。ゲームが長引く中で《探検》や《砕土》を繰り返し唱えれば、大量の土地が並ぶことも珍しいことではありません。

 このデッキに採用されているカードは、その多くがわざわざ紹介するまでもなく、よく知られたものです。ですが、《狡猾な火花魔道士》はその例外と言えるでしょう。信じられないかもしれませんが、実はこの《狡猾な火花魔道士》がこのデッキに採用されたのは、メタゲームの産物なのです。今回のスペルスリンガーでは、プレイヤーたちはエルドラージやそれらが生み出す大量の落とし子に対抗しなくてはなりません。落とし子たちはクリーチャーとして非常にか弱いものであり、《狡猾な火花魔道士》はそれらを一掃するのに大きく役立つのです。ほとんどのプレイヤーは、それぞれのデッキに入ったカードを知りません。ですがそれが明らかになるにつれて、彼らの中から「エルドラージに対抗するなら『上陸デッキ』だね」という声が次第に大きくなっていったのでした。

PAX Prime スペルスリンガー - 「上陸デッキ」

Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る