ティムール『書かれざるものの視認』

更新日 Daily Deck on 2015年 10月 5日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 『戦乱のゼンディカー』発売記念特集へようこそ! スタンダード環境が一新したばかりの今は、まだ大会の結果が出ていません。そこで今週は、ウェブ上に公開されている記事から新たなデッキをご紹介していきましょう。本日ご紹介するデッキは、「TCGPlayer.com」のライター、アリ・アイントラージ/Ali Aintraziが組んだものです(参考記事:英語)。アリは可能な限り素早く大型のクリーチャーを繰り出すべく、緑をベースにしたランプ・デッキを組み上げました。

 このデッキには、《爪鳴らしの神秘家》や《失われた業の巫師》といったマナ加速をする軽量クリーチャーが広く採用されています。《失われた業の巫師》はこれまでのスタンダードでは活躍の機会が多くありませんでしたが、新たな環境となった今、大型のエルドラージを唱えるのに大きく役立つように思われます。アリはまた《書かれざるものの視認》も搭載し、わずか6マナで2体のクリーチャーを繰り出そうと狙っています。《書かれざるものの視認》から《龍王アタルカ》や《バーラ・ゲドを滅ぼすもの》が飛び出せば、十分な活躍が見込めるでしょう。

 このデッキが採用しているプレインズウォーカーは、2枚とも同様の役割を持っています。すなわちマナ加速とカード・アドバンテージの獲得です。とりわけ《深海の主、キオーラ》はマナ加速に優れていて、クリーチャーと土地の「両方」をアンタップできます。アンタップするクリーチャーが《失われた業の巫師》ならば、5ターン目にして10マナも生み出せるのです(《失われた業の巫師》から4マナ、戦場に出ている土地から5マナ、そして土地をアンタップしてもう1マナ)。すごいマナ量ですね!

 それから、フィニッシャーの選択も極めて興味深いものが揃っています。《絶え間ない飢餓、ウラモグ》や《荒廃の双子》のような強力なエルドラージを使うこともできたはずですが、アリはもう少し真っ向勝負ができる形に寄せたようです。《揺るぎないサルカン》や《失われた業の巫師》が好きな色のマナを生み出せることから、《放浪する森林》は6/6になる可能性を秘めています。とはいえ、《書かれざるものの視認》との相性は良くないですね。そして『戦乱のゼンディカー』からもうひとつ、《ムラーサの緑守り》もまた、これを繰り出すまでに死亡したクリーチャーをどれでも手札に戻せる素晴らしい働きを見せてくれます。アリの組み上げたこのデッキは、息切れを滅多に起こさない強力な能力満載のランプ系デッキとして、見事な一例と言えるでしょう。

Ali Aintrazi - 「ティムール『書かれざるものの視認』」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る