アブザン・アグロ(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 10月 6日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 プラチナ・レベル・プロにして「ChannelFireball.com」のライター、リード・デューク/Reid Dukeは、『戦乱のゼンディカー』導入後のスタンダードに向けてデッキの作成を続けています。「アブザン・アグロ」は誰もが見慣れたデッキのひとつと言えますが、彼の組み上げたものには、興味深い新カードの選択が多く行われています。

 まず私が取り上げたいのは、《マラキールの解放者、ドラーナ》です。このカードはアグレッシブなデッキにおいて文句なしの1枚です。これまでにも自軍すべてのクリーチャーを強化するカードは多く登場していますが、《マラキールの解放者、ドラーナ》のような形のものは初めてでしょう。能力だけを見れば、「《マラキールの解放者、ドラーナ》がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたがコントロールする各攻撃クリーチャーの上に、+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く」と実にシンプルな効果に見えますね。特別珍しいわけでもありません。しかし、《マラキールの解放者、ドラーナ》は先制攻撃を持っています。つまり《マラキールの解放者、ドラーナ》は他の攻撃クリーチャーが戦闘ダメージを与えるより先に戦闘ダメージを与えることができ、そこで誘発した能力によって他の攻撃クリーチャーが戦闘ダメージを与える前に強化されるのです。なんて素敵なんでしょう! 対戦相手は、こちらのクリーチャーがひと回り大きくなる可能性を常に意識しながら、ブロックや除去の使用の判断を迫られることになるのです。

 このリストでは、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》の姿も見受けられますね。今回のギデオンは、ここ最近印刷された中で最も「多芸な」プレインズウォーカーのひとりと言えるでしょう。きっと攻撃にも防御にも大活躍をしてくれるはずです。ブロッカーを生み出す能力も5点で攻撃できるのも見事ですが、私が一番魅力を感じたのは戦場に出てすぐに「紋章」を得られるところです。《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》は除去されない4マナの《栄光の頌歌》として使うことができ、それはゲームが長引けばますます強力な効果となるのです。

 最後に、サイドボードの選択にも触れておきましょう。サイドボードのカードとはいえ、その影響は計り知れませんよ。《ランタンの斥候》の活躍の舞台は「同盟者」デッキだけではないのです。このカードは、アグロ系デッキのミラー・マッチや赤単系のデッキとの対戦において相手が取り戻せないほどのライフ差を生み出し、文句なしの活躍を見せてくれます。絆魂はアグレッシブなデッキにおいて強力なツールです。このデッキが繰り出せる「同盟者」は《マラキールの解放者、ドラーナ》と《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》が生み出すトークンだけですが、《ランタンの斥候》を絡めた攻撃は、ただの1度でライフ・レースを終わらせるのに事足りるのです。

Reid Duke - 「アブザン・アグロ」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る