緑白「大変異」(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 10月 8日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 先週末に行われた「SCG Open」で登場したデッキの中でも、私がより興味をそそられたのはマイケル・メジャーズ/Michael Majorsの「緑白『大変異』」でした。歴史的に見て、緑と白のクリーチャーはアグレッシブなデッキに採用され、可能な限り素早くゲームに勝つことを狙ってきました。しかし今回ご紹介するデッキは、その狙いからかけ離れています。実際に、この「緑白『大変異』」はアドバンテージに傾注したデッキです。採用されているクリーチャーや呪文の大半が、1枚で2枚分の働きをするものなのです。

 現在のスタンダードで最も用途の広いアーティファクトは、《搭載歩行機械》でしょう。このカードは早ければ2ターン目に1/1で戦場に出て、その後生き残っている限りサイズを上げ続けます。そして死亡してもなお、大量の飛行機械・トークンに変わるため、対戦相手はゲームが進めば進むほどこれを除去しにくくなるのです。

 《棲み家の防御者》や《死霧の猛禽》、《隠れたる龍殺し》、そして《風番いのロック》というように、このデッキに採用されたクリーチャーの多くは1枚で2枚分の働きをします。それから、『戦乱のゼンディカー』で登場した新カード《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》も4枚搭載されており、このデッキの多芸さを物語っていますね。このカードは、優勢のときは繰り出してすぐに「紋章」を得ることでゲームを終わらせる助けとなり、劣勢のときはトークンを生み出して生き残る助けとなります。《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》はまた、自身もパワー5で攻撃することができます。しかも、戦闘で倒されることはまずないのです。

 このデッキで私が気に入ったカードは、サイドボードにあります。このデッキにおいて《進化の飛躍》は驚くべき力を発揮し、死に瀕したクリーチャーを新たな1枚に変えてくれます。{G}を残しておけば、いつ対戦相手が《破滅の道》や《魂裂き》などの除去呪文を差し向けてきても、それに対応して対象にされたクリーチャーを生け贄に捧げることで、ランダムではあるものの新たなクリーチャーを手に入れることができるのです。このカードはじっくりと消耗戦を挑んでくるデッキに対して滅法強く、このデッキに粘り強さも与えてくれます。2マナのカードでそれだけのものが手に入るのです。

Michael Majors - 「緑白『大変異』」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る