黒赤アグロ(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 10月 28日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 本日ご紹介するデッキは、プロ・プレイヤー齋藤 友晴製作のアグレッシブなものです。齋藤は新セットが登場するたびに独特で面白いデッキを組み上げることで有名ですが、今回ご紹介するデッキもその例に漏れず、彼のひらめきが形になった素晴らしいものに仕上がっています。この「黒赤アグロ」デッキには黒と赤が持つ最速のクリーチャーが満載で、それらの強さと速攻を駆使して戦います。

 まず注目すべきは、7枚採用された1マナ域でしょう。多くのプレイヤーが3色か4色のデッキを選択する現状、それらが本格的に動き出すのは3ターン目以降です。先手でこれらの1マナ域を繰り出せば、対戦相手がそれに対応するまでに6点から8点は確実にダメージを稼ぎ出してくれるのです。それから、齋藤は速攻や回避能力、先制攻撃を持った、非常にブロックしにくいクリーチャーを多く採用しています。

 《マラキールの解放者、ドラーナ》は、クリーチャーの持つ能力としてはこれまでにない独特なものを持っています。このカードが戦闘ダメージを与えたときに各攻撃クリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個ずつ置くのですが、面白いのはここからです――《マラキールの解放者、ドラーナ》は先制攻撃を持つため、他の攻撃クリーチャーが戦闘ダメージを与える前にそれらに+1/+1カウンターを置くことができるのです。これにより、ブロックの判断が一気に難しくなります。《マラキールの解放者、ドラーナ》の攻撃が何度か通っていれば、なおさらです。

 そして、《雷破の執政》と《嵐の憤怒、コラガン》のドラゴン・コンビにも注目です。このドラゴンたちは、対戦相手に素早くダメージを与えます。ドラゴンが相手の呪文や能力の対象になるたびに3点を与える《雷破の執政》に、速攻を持つ《嵐の憤怒、コラガン》。とりわけ《嵐の憤怒、コラガン》は、これ1枚でもゲームを終わらせることができるでしょう。

 またクリーチャー以外の呪文についても、齋藤は素晴らしい選択を行っています。特に重要なのは、対戦相手とそのクリーチャーの両方にダメージを与えられる《龍詞の咆哮》でしょう。そしてもうひとつ、《強迫》も現在のスタンダードで輝くカードだと私も思います。《強迫》は本当に長きにわたり幾度となくスタンダード環境に登場し、そのたびに多くの活躍を見せてきました。そしてそれは現在も、《衰滅》や《オジュタイの命令》といった2対1交換を取られる呪文に対して極めて効果的なのです。今回のようなデッキにとっては、コストが1マナであることも追い風ですね。《強迫》をゲーム序盤に唱えることで、盤面への脅威をどの順番で展開するべきか、という情報が手に入るのです。

 プロツアー『戦乱のゼンディカー』スタンダード部門にて7勝3敗という成績を収めた齋藤 友晴に拍手!

齋藤 友晴 - 「黒赤アグロ」

プロツアー『戦乱のゼンディカー』 / スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る