ストーム(レガシー)

更新日 Daily Deck on 2015年 12月 4日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 本日ご紹介するデッキは、以前から存在し今日に至るまで成功を続けるアーキタイプです。「ストーム」というメカニズムは、『スカージ』で登場しました。そしてその名を冠する「ストーム」デッキは数年前に姿を現し、それ以来新セットが登場するたびに進化を続け、現在でも強力なデッキであり続けています。

 動きとしては、《暗黒の儀式》や《陰謀団の儀式》といったマナを増やす呪文を大量に唱えるところから始まります。「儀式」をたくさん唱えたら、次に《炎の中の過去》を唱えて(あるいは《冥府の教示者》で《炎の中の過去》をサーチしたり)、またはそのまま決め手となる《苦悶の触手》を撃ち込みます。《炎の中の過去》は使用した「儀式」を再び唱えられるようにしてくれて、さらなるマナを生み出しながら「ストーム」の数を稼いでいくことができます。最終的には、《苦悶の触手》で止めが刺せるだけの「ストーム」が積み重なるでしょう。

 このデッキの鍵となるカードは、《ライオンの瞳のダイアモンド》です。能力を起動するために手札をすべて捨てる必要があるため、一見するとあまり役に立ちそうにないこのカードですが、実は《炎の中の過去》や《冥府の教示者》と驚くほどのシナジーを持っています。《冥府の教示者》を唱えてからそれに対応して《ライオンの瞳のダイアモンド》を起動すると、《冥府の教示者》が解決される際に「暴勇」によりライブラリーから好きなカードを持ってくることができます。そして持ってきたそのカードを、《ライオンの瞳のダイアモンド》で生み出した3マナを用いて唱えることができるのです。そして、《炎の中の過去》でも同様の動きができます。《炎の中の過去》に対応して《ライオンの瞳のダイアモンド》を起動すれば、墓地を一気に肥やしてそこから呪文を唱えることができるのです。

 そんな「ストーム」デッキに、『マジック・オリジン』より新たに《闇の誓願》が加わりました。このデッキで「魔巧」を達成するのは実に容易なため、《闇の誓願》は追加の《冥府の教示者》として使えます。《Demonic Tutor》はレガシーで禁止指定を受けているため、《闇の誓願》はその素晴らしい代役となります。

 一か八かという印象を受けがちな「ストーム」デッキですが、実はとても粘り強く戦えます。《思案》や《渦まく知識》などのドロー呪文が完璧な手札を作り上げる助けとなり、そして《陰謀団式療法》が打ち消しなどのこちらのコンボを妨害するカードを取り去ってくれるのです。

Caleb Scherer - 「ストーム」

レガシー
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る