2nd Rochester Analysis:Pod 2

更新日 Event Coverage on 2003年 6月 20日

By 射場本正巳

5-1ライン。
ベスト8に残る条件が9-3の上位のため、なんとしてもここで2勝はしておきたいところ。そんなラインに強豪が集った。

1.三原槙仁 九州地区予選
2.馬場康典 北陸地区予選
3.平林和哉 DCITOP75
4.森勝洋 PTベネチア終了時点プロ順位
5.高桑祥広 DCITOP75
6.志岐和政 DCITOP75
7.田中久也 DCITOP75
8.藤田修 DCITOP75

平林・森・高桑。青をやりたい3人が立て続けに並んだ。
誰がどのように引くのかが見ものである。

●オンスロートの初手ピック
注目の初手ピックは次のようになった。

1.三原 《平和な心/Pacifism
2.馬場 《陽光の突風/Solar Blast
3.平林 《カタパルト兵団/Catapult Squad
4.森 《うなるアンドラック/Snarling Undorak
5.高桑 《ただれたゴブリン/Festering Goblin
6.志岐 《魂を見つめるエイヴン/Aven Soulgazer
7.田中 《魔道士の悪知恵/Mage's Guile
8.藤田 《ワイアウッドのエルフ/Wirewood Elf》《金切り声のノスリ/Screeching Buzzard

特に青で見るべきカードのないパックだけに、パートナーとなる白を取って青白を主張したいところ。
まず1番の三原、3番の平林が白を主張。
ここでさらに《魂を見つめるエイヴン/Aven Soulgazer》を取る手もあるのだが、森、高桑は平和に協調ドラフトの道を選んだようだ。
こうなると位置的にも十分で、青をやりたい田中はあえて《魔道士の悪知恵/Mage's Guile》を取ることで青主張を打ち出していった。

その後のピック

1.三原 《アクローマの祝福/Akroma's Blessing》《憑依された死者/Haunted Cadaver》《石弾投擲兵/Gravel Slinger》《虫つぶし/Swat》《天然の城塞/Crude Rampart》《暴動/Insurrection

白黒決め打ちのような取り方でピックは進んでいったが、上の藤田が黒く、《暴動/Insurrection》が流れてきたために赤に移行する目を残した。

2.馬場 《スカークの猛士/Skirk Commando》《権利争い/Custody Battle》《共生する獣/Symbiotic Beast》《投げ落とすコンドル/Airdrop Condor》《無頓着の波/Wave of Indifference》《活力の魔除け/Vitality Charm》《樹皮革のやっかいもの/Barkhide Mauler》《狙いすましたなだれ/Pinpoint Avalanche

順調に赤をピックし、8手目で入手した緑から、卓内に緑の少ないことを察して赤緑に。

3.平林 《運命をかたどるエイヴン/Aven Fateshaper》《霧衣の夢幻/Mistform Dreamer》*2《鉄拳の破壊者/Ironfist Crusher》《激浪の幻惑者/Riptide Entrancer》《霧衣の壁/Mistform Wall》《非凡な虚空魔道士/Voidmage Prodigy》《ダールの癒し手/Daru Healer》《締めつける綱/Choking Tethers

「当初の予定通り」青白を取りつづける。

4.森 《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》《テフラダーム/Tephraderm》《毒噴きブラッカス/Venomspout Brackus》《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》《疑惑の冠/Crown of Suspicion》《スカークの猛士/Skirk Commando》*2《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》《乱打する岩角獣/Battering Craghorn

上の平林が青白確定したことを受けて緑赤か緑黒に行きたいところ。平林のオープンパックにあった《テフラダーム/Tephraderm》を入手したことから、赤緑を中心にドラフトを展開する。

5.高桑 《虫つぶし/Swat》《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》《残酷な蘇生/Cruel Revival》《戦慄の葬送歌/Dirge of Dread》《首を狩る者/Headhunter》《映像の造形者/Imagecrafter》《腐敗を導く者/Shepherd of Rot

ひたすら黒いカードを取りつづける。位置的には2色目を青にするのが適当かと思われるが、自身のオープンパックにあった《霧衣の金切り魔/Mistform Shrieker》では決め手にならず、両隣赤にはさまれているため《火花鍛冶/Sparksmith》にも手を出せずに黒単色路線で進行した。

6.志岐 《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》《スカークの猛士/Skirk Commando》《狙いすましたなだれ/Pinpoint Avalanche》《火花鍛冶/Sparksmith》《稲妻の裂け目/Lightning Rift》《圧倒する防衛者/Daunting Defender》《鉄拳の破壊者/Ironfist Crusher

《火花鍛冶/Sparksmith》《稲妻の裂け目/Lightning Rift》と強力なカードを入手し、赤白路線を確定させる。

7.田中 《樹皮革のやっかいもの/Barkhide Mauler》*2《活力の魔除け/Vitality Charm》《樹を跳ねるロリアン/Treespring Lorian》《霧衣の金切り魔/Mistform Shrieker》《クローサの大牙獣/Krosan Tusker》《大群を産むナントゥーコ/Broodhatch Nantuko

初手で《魔道士の悪知恵/Mage's Guile》を取り、青に行くことを主張した田中であったが、パックから緑のカードが大量に出すぎたために青緑のピックをすることになった。

8.藤田 《樹皮革のやっかいもの/Barkhide Mauler》《ただれたゴブリン/Festering Goblin》《腐れ肺の再生術師/Rotlung Reanimator》《恐怖布の急使/Frightshroud Courier》《残酷な蘇生/Cruel Revival

1パック目で有効カード2枚を入手しているため、その色を生かし、そのまま黒緑をピック。しかし、上と緑がかぶってしまっているために2色目を緑のままで行くかに疑問を残す。

●レギオン

1パック目で各人が大体の色を確定させたが、1番の三原がオンスロートの最終パックで《暴動/Insurrection》をピックしたことから、今後どう動くかが注目される。

また、黒をピックした高桑と藤田の二人は2色目を確定できずにいるため、周りとの関係を見ながら2色目を確定させていくことになる。

1.三原 《冷静なチャンピオン/Stoic Champion》《泥岩皮の根こそぎ獣/Shaleskin Plower》《宝石の手の報復者/Gempalm Avenger》《星明かりの発動者/Starlight Invoker》《熱狂の猛禽/Frenetic Raptor》《煙吐く発動者/Smokespew Invoker》《エイヴンの戦鷹/Aven Warhawk 》《エイヴンの救い手/Aven Redeemer》《ダールのとげ刺し/Daru Stinger

1週目の最後に取った《暴動/Insurrection》を生かすために赤いカードを取り始め、当初の白黒のカードも取ることで3色路線になった。

2.馬場 《暴れまわるマーロドント/Berserk Murlodont》《ナントゥーコ自警団/Nantuko Vigilante》《スカークの先導/Skirk Outrider》《泥岩皮の根こそぎ獣/Shaleskin Plower》《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna》《にらむローガン/Glowering Rogon》《魂を養うエルフ/Elvish Soultiller》《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》《梢を這うもの/Canopy Crawler》《炎波の発動者/Flamewave Invoker

緑の命レギオン。ここで必須カードである《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》を入手した上、飛行を止めるための《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna》のほか、《梢を這うもの/Canopy Crawler》、《魂を養うエルフ/Elvish Soultiller》と強力なカードを多くピック。デッキの中核を完成させる。

3.平林 《嘘の織り手/Weaver of Lies》《低地の足跡追い/Lowland Tracker》《アクローマに仕える者/Akroma's Devoted》《エイヴンの救い手/Aven Redeemer》《羽ばたく戦士/Wingbeat Warrior》《霧衣のウミツバメ/Mistform Seaswift》《白騎士/White Knight》《宝石の手の報復者/Gempalm Avenger

途中《残響の追跡者/Echo Tracer》、《エイヴンの戦鷹/Aven Warhawk 》を取る機会が合ったが、兵士に寄せるよりもコントロールを重視した作りにした。

4.森 《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna》*2《にらむローガン/Glowering Rogon》*2《クローサのむさぼり獣/Krosan Vorine》《岩片の精霊/Rockshard Elemental》《ゴブリンの乱伐者/Goblin Clearcutter》《ブロントセリウム/Brontotherium》《ナントゥーコ自警団/Nantuko Vigilante

赤緑でデッキの主要クリーチャーを補強。

5.高桑 《詐欺の壁/Wall of Deceit》《ゴブリンの裏切り者/Goblin Turncoat》《腐れざる喧嘩屋/Embalmed Brawler》*3《皮を剥ぐ者/Skinthinner》*2《死を刻む僧院長/Deathmark Prelate》《秘密調査員/Covert Operative》《墓所スリヴァー/Crypt Sliver》《宝石の手の汚染者/Gempalm Polluter

タッチ青の目を見て、青いカードにも少し手を伸ばすが、黒いカードを優先することで、黒単の目も見えてきた。

6.志岐 《熟達の刃の精鋭/Deftblade Elite》《逃げ出したプライモック/Primoc Escapee》《ゴブリンの乱伐者/Goblin Clearcutter》《泥岩皮の根こそぎ獣/Shaleskin Plower》《鎚鉾尾のヒストロドン/Macetail Hystrodon》*2《羽ばたく戦士/Wingbeat Warrior》《スカークの匪賊/Skirk Marauder

白赤のカードを中心に、1週目で取った《稲妻の裂け目/Lightning Rift》を生かすためにサイクリングを多く取っている。

7.田中 《残響の追跡者/Echo Tracer》*2《慧眼のエイヴン/Keeneye Aven》《秘密調査員/Covert Operative》《暴れまわるマーロドント/Berserk Murlodont》《族霊と話す者/Totem Speaker》《虚空魔道士の弟子/Voidmage Apprentice》《野生の守護人/Patron of the Wild》《岩石樹の発動者/Stonewood Invoker

青の重要カード《残響の追跡者/Echo Tracer》を入手できたことで、青緑の構成でも希望が見えてきた。

8.藤田 《冥府の世話人/Infernal Caretaker》《煙吐く発動者/Smokespew Invoker》《宝石の手の汚染者/Gempalm Polluter》《ゴブリンの裏切り者/Goblin Turncoat》《煤羽の群れ/Sootfeather Flock》*2《ナントゥーコ自警団/Nantuko Vigilante》《クローサのむさぼり獣/Krosan Vorine》《有毒グール/Noxious Ghoul

1週目同様黒いカードを中心に緑のカードをピック。8パック目で《有毒グール/Noxious Ghoul》を取れたことで、除去不足も一気に解消。

レギオンで強力なコモンが数多く出現したことで、どのデッキにも安定性が出てきた。

●スカージ

1.三原 《炭化/Carbonize》《気高き院僧/Noble Templar》《ドラゴンをつけ狙う者/Dragonstalker》《翼の破片/Wing Shards》*2《長引く死/Lingering Death》《老いざる歩哨/Ageless Sentinels

デッキに不足気味の除去を補充し、白赤黒を完成させる。

2.馬場 《クローサの戦長/Krosan Warchief》《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》《促成の突然変異/Accelerated Mutation》《クーガドン/Kurgadon》《ワイアウッドの守護者/Wirewood Guardian》《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》《乱射/Scattershot

爆弾カード《クローサの戦長/Krosan Warchief》を入手。

3.平林 《エイヴンの遠見/Aven Farseer》《流れ込む知識/Rush of Knowledge》*2《ダールの戦長/Daru Warchief》《気高き院僧/Noble Templar》《エイヴンの解放者/Aven Liberator》《最前線の策士/Frontline Strategist》《分散の盾/Dispersal Shield

白青の流れに乗り、強力カードを次々と入手。

4.森 《促成の突然変異/Accelerated Mutation》*2《魂の収集家/Soul Collector》《炭化/Carbonize》《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》《墓の刈り取り/Reaping the Graves》《ドラゴンをつけ狙う者/Dragonstalker》《火花のしぶき/Spark Spray》《エイヴンの解放者/Aven Liberator

3パック目で赤緑のカードがほとんど取れないことから、他の色のカードを取り始め、3色目の可能性を見出す。

5.高桑 《すがりつく不死/Clutch of Undeath》《ドラゴンの影/Dragon Shadow》《流れ込む知識/Rush of Knowledge》《よじれた嫌悪者/Twisted Abomination》《死神頭のノスリ/Death's-Head Buzzard》*2

黒いカードを中心に、デッキにタッチ青の可能性を残す。

6.志岐 《最前線の策士/Frontline Strategist》《ドラゴンの暴君/Dragon Tyrant》《ドラゴンをつけ狙う者/Dragonstalker》《翼の破片/Wing Shards》《ドラゴンの鱗/Dragon Scales》《曙光の精霊/Dawn Elemental》《火炎流/Torrent of Fire

赤白のカードを中心に、コストはかかるが爆弾となりえるカードを入手。

7.田中 《海辺のレインジャー/Shoreline Ranger》*2《クローサの家畜商人/Krosan Drover》《凍結/Frozen Solid》《レイヴンギルドの信徒/Raven Guild Initiate》《狩り立てる群れ/Hunting Pack》《流れ込む知識/Rush of Knowledge》《ワイアウッドのかぎ爪/Claws of Wirewood》《ドラゴンの牙/Dragon Fangs

青のプレイヤーが少ないため、青いカードを十分に補充できた。

8.藤田 《墓の刈り取り/Reaping the Graves》《促成の突然変異/Accelerated Mutation》《復讐に燃えた死者/Vengeful Dead》《死神頭のノスリ/Death's-Head Buzzard》《つきまとう寒け/Chill Haunting》《長引く死/Lingering Death》*2《アンデッドの戦長/Undead Warchief

黒のカードを補強し、デッキを黒緑に。

●最終デッキ配置

1.三原槙仁 白赤黒
2.馬場康典 赤緑
3.平林和哉 白青
4.森勝洋 赤緑+白
5.高桑祥広 黒
6.志岐和政 赤白+青
7.田中久也 緑青
8.藤田修 黒緑

パックから強力なコモンが続出したが、爆弾といえるレアカードはそれほど出現せず、そこまで突出したデッキが多くない状況。はたしてどのプレイヤーが生き残るのであろうか?

●各プレイヤーコメント

平林:
モリカツ、高桑の上に座れたので、はやくに青白が主張できてよかったです。
有毒グールが怖いけどデッキ強いんで、3勝狙います。

藤田:
オンスで黒決まったけど、2色目決まらなくてマイッタ。
1勝できればいいほうだけど、がんばって2勝したいなぁ。

高桑:
(平林・モリカツと)3人かぶっちゃったから、1パック目に取ったカードで色決めようと思ってました。黒いカードの流れ来てたから固め打ちで、2色目はゴッドレア出たら決めようと思ったけど、結局黒単ですね。
2勝は安定だと思います。

田中:
平林、モリカツ、高桑の3人が並んでたから青無理かな?と思ったけど、平林が白取ったら他の二人がよけたんで、青の主張をしてみました。その後流れで緑になっちゃったから、最初に緑渡してたフジシュウには悪いことしましたね。赤か黒の除去が出たらタッチで入れようとしたんだけど、結局手を出す暇がなかった。
スタンダードが弱いんで3勝したいけど、2勝が限度ですかね。

森:
ブラッカスのときテラー取っとけばよかったかな? 結局除去が取れなかったから、スカージでいろいろ手を出してみたんだけど、結局黒タッチできなかった。
2勝は無理でしょ。1勝してスタンダード3勝すればいいかな。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る