Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 28日

By Kenji Matsui

 5 - 3 のラインで対峙する森田と小倉。

森田 雅彦

 先日のグランプリ大阪にて、堂々の優勝を果たした P.S.2 のメンバーが森田。
 森田の実力もさることながら、 P.S.2 のチームメイトである森 勝洋黒田 正城も今大会の 2 日目に参加しており、その実力に偽りなしと言った所だろうか。

 対する小倉も負けず劣らずの実力者。
 2004 年世界選手権でベスト 4 に入賞し、地元名古屋コミュニティのドンである岡本尋と肩を並べる存在へと成長している。

 もちろん、ここを勝利したとしても、残る 2 回のドラフトで勝ち続けないといけないと言うラインでのハードルではあるが、まずは明日への 1 勝を手にしようではないか。

Game 1

 先手小倉。

 2 ターン目の《薄青幕の侍/Samurai of the Pale Curtain》を出せば、こちらも、と森田は《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》をキャスト。

 続けて小倉、《兜蛾/Kabuto Moth》、《蛾乗りの侍/Mothrider Samurai》とマナカーブに沿って優秀な白いクリーチャーを展開し、後半の後押し用に《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》まで出して十二分な場を構築。

 さて森田。

 メインカラーが黒緑にもかかわらず、緑を引けずにの土地状況で止まっているところへ森を引いて《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を出す。

 続けてブロックに使用し、次のターンにはタッチカラーで搭載された《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》を放つ。

 だが、小倉の場に並んだ優秀なクリーチャー陣の前にはひとたまりもなく、小倉は追加の《兜蛾》を出しては《火の咆哮の神》の能力で《曇り鏡のメロク》をブロック参加不可能クリーチャーに指定しつつ総攻撃。

 しかし、勢い良く攻めてくる小倉に対して、森田も防戦一方と言うわけではない。

  2 ターン目に出している《鼠の殺し屋》が毎ターン確実に 2 点ずつダメージを与えており、じっくり小倉の攻撃を捌ききれば、勝ちは見えるのだ。

 だが、《曇り鏡のメロク》を出したとはいえ、このままトークンを出し続けてもやがてジリ貧になってしまう事は明白であり、なんとか普通のクリーチャーも引いてきたいところだ。しかし、《大蛇の支援者》ぐらいしかクリーチャーを引く事が出来ず、小倉のフルアタックに耐え切ることが出来なかった。

一本目は小倉が先取。

森田 0 - 1 小倉

Game 2

 変わって先手は森田。2 ターン目に《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を出し、続けて 3 ターン目の《桜族の長老》経由で《せし郎の息子、そう介/Sosuke, Son of Seshiro》をキャスト。早々に目の前に現れた《せし郎の息子、そう介》が小倉に向かって猛撃を始める。

ならば、「こちらも攻めよ」と、前の戦いと同じく 2 ターン目《薄青幕の侍》スタートで始まり、森田が続けて出した《刻みを継ぐもの/Burr Grafter》を《山伏の炎》で除去しつつ攻撃。サイズの差では負けている小倉だが、ここからどんどんクリーチャーを展開しはじめる。

 小倉は《蛾乗りの侍》と《山崎兄弟/Brothers Yamazaki》を出して攻撃を始め、そのまま・・・なんと 2 体目の《山崎兄弟》を出してアタックを始める。

 と、ここで小倉本人がミスに気づく。

 戦いの間に森田は《血に飢えた大峨/Bloodthirsty Ogre》を出しており、このカードの種族が「オーガ、戦士、シャーマン」と 3 つの種族タイプを持っている。
 
この「戦士」の部分を小倉はすっかり失念していたのだ。つまり、これが意味するところ、《せし郎の息子、そう介》のおかげで《血に飢えた大峨/Bloodthirsty Ogre》が能力を得て、小倉の《山崎兄弟》の片割れと相打ちになる。そうなると、一人で佇む《山崎兄弟》はただの 2/1 クリーチャーへと戻ってしまうのだ。

 ここから森田と小倉が展開するクリーチャーが相打ちあい、どんどん墓地へクリーチャーが落ちていく。しかしながら、先ほどのミス以降、いまいち小倉は森田を攻め切れなかった。そうこうするうちに森田は《曇り鏡のメロク》を引き当て、そのカードパワーの前に小倉は屈してしまった。

森田 1 - 1 小倉

Game 3

 3 本目。

先手小倉は《灯籠の神/Lantern Kami》、《山崎兄弟》、《火の咆哮の神》と、 1 、 2 本目と比べて劣る序盤であるが、出だしとしては悪くない。

 対する森田は後手 2 ターン目に《桜族の長老》を出すも、小倉の出す《山崎兄弟》を見ては《桜族の長老》の使用を 1 ターン我慢し、後のターンにこれを使用して島をサーチ。4 ターン目に土地が 5 枚になったところで・・・今回は最速で《曇り鏡のメロク》が登場。

 半分諦めの表情である小倉だが、じっと策を練って行動に移す。

 引いて来た《手の檻/Cage of Hands》を森田が追加で出していた《血に飢えた大峨》に張って攻撃。これまた森田が出していた《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》がいるも、これと《火の咆哮の神》が相打ち。

小倉 陵

 無理矢理と突破口を切り開こうとする小倉だが、《伍堂の大槌、天鎖/Tenza, Godo's Maul》を引いて更に押し込もうとするが、森田が引く後続の方が一枚上手で、小倉のクリーチャー群がことごとく相打ちにとられてゆく。

結局、森田の《曇り鏡のメロク》が彼を葬り去るまでには、そう時間はかからなかった。

Final Results : 森田 2 - 1 小倉

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る