Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 28日

By Kenji Matsui

 本日は 6 ラウンド終了時までに 4 - 2 の以上の成績を収めないと、その時点でトーナメントから退場となってしまうというシステムで大会は進行されている。この 2 人は現在 1 勝1敗。ここで負けてもまだ目はあるのだが、勿論次のドラフトの事を考えると、負けていられないのも当然。そんな森と藤田だ。

森 勝洋

 森と言えば日本人初の「ルーキーオブザイヤー」に輝いたプレイヤーであり、最近でもグランプリ大阪のチーム戦で優勝しP.S.2のポイントゲッターとして活躍。なんと、大阪での森個人の成績は「グランプリ全勝」という偉業を達成している。

 藤田は言わずと知れた、昨年のプロツアー・アムステルダムの準優勝者。彼も数々の準優勝経歴を持つ、「シルバーコレクター」である。
 
 この 2 人のマッチアップを見ると思い出すのが、先ほどふれた森の「ルーキーオブザイヤー」獲得のためのプロポイントのレース。森の為に一肌脱ごうと結成された、石田 格藤田 修によるAnchansだ。そしてこのチームはグランプリ台北にて準優勝を果たし、後の世界選手権での森本人が 9 位入賞という有終の美。かくて2001 年度の新人王となったのだ。

 この 2 人には年齢差を越えた仲間意識もあるが、先に進めるのは 1 人だ。
 勝負の行方は。

Game 1

 先手は森。白青デッキを操る藤田に対し、2 ターン目の《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》キャストからゲームは始まる。

 対する藤田も《沈黙の歌のずべら/Silent-Chant Zubera》を 2 体並べるも、森は追加で《樫族の肉裂き/Kashi-Tribe Reaver》と 2 体目の《鼠の殺し屋》を出して、完全に森優勢。2 枚の「畏怖」と 1 枚の「再生」を前にした藤田、めげる事なく《伝承の語り部/Teller of Tales》を出してターンエンド。これが反撃の狼煙となって、藤田の攻撃が始まる。

 次ターンの森の攻撃は全て本体で受けきり、森は追加で《霜剣山の暴れ者/Sokenzan Bruiser》をキャスト。返す藤田のターン、《伝承の語り部》で攻撃を加えてターンを森へ渡し、森が総攻撃を開始したところで、藤田は動いた。

《消耗の渦/Consuming Vortex》を《樫族の肉裂き》を対象に取り、同時に連携で唱えた《蝋燭の輝き/Candles' Glow》の対象を《伝承の語り部》へ。そのまま、《伝承の語り部》の能力で自身をアンタップし、《霜剣山の暴れ者》をブロック。

 このプレイにより、このターンの藤田のライフ喪失は 4 点くらった後の3 点ゲインライフによって 1 点にまで抑えられ、おまけに《霜剣山の暴れ者》の除去と、《樫族の肉裂き》のバウンスという素晴らしい時間的アドバンテージを得る。ここだけを見ると急場凌ぎに見えなくもないが、場にはまだ《伝承の語り部》が残っており、手札には《蝋燭の輝き》が戻っているわけだから、まだまだトリックは続く。

 次からはまた《消耗の渦》や《霧中の到達/Reach Through Mists》などを連携の頭にしながら、《蝋燭の輝き》でダメージをプリベントし続け、《伝承の語り部》でタップし続けていると・・・気がつけばライフレースが藤田優位へとひっくり返る。

最後は《蝋燭の輝き》のみで森の最後の攻撃を回避し、藤田は逆転劇をやってのけたのだった。

森 0 - 1 藤田

Game 2

 再び先手は森。

 1 ターン目に《自然との融和/Commune with Nature》を打って《鼠の殺し屋》を手に入れ、再び 2 ターン目に《鼠の殺し屋》登場と良い立ち上がり。だが、困った事に後続のクリーチャーを森は引けずに、ただ土地を並べてターンエンドと宣言を繰り返す事になる。

 そんなさなかへ藤田は、《沈黙の歌のずべら》、《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》、《狐の易者/Kitsune Diviner》、《兜蛾/Kabuto Moth》を 2 体と、先ほどとはうって変わってのビートダウンを始め、戦線へ《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》を放ってターンエンド。

 このまま勢いにのった藤田がこのまま押し切るのかと思えば、そうは問屋が卸さない。
 
まず森が《木霊の手の内/Kodama's Reach》を打つと、それに連携で《木霊の力/Kodama's Might》。次のターンには《すさまじい吹雪/Unearthly Blizzard》を打ち、再び《木霊の力》を連携。そこへ今引いた《氷河の光線/Glacial Ray》を追加で連携した。

 盤面では「畏怖」が全くどうにもならない藤田は、森の《鼠の殺し屋》の攻撃を受け続ける。今までの優位が、森が連続して繰り広げる連携によって一気にひっくり返されてしまうのだった。

 藤田も 1 回は《消耗の渦》で《鼠の殺し屋》をバウンスして見せるものの、それ以上の抵抗は出来ずじまい。驚異の連繋パワーを見せつけた森は、たった 1 匹のクリーチャーで藤田のライフを 0 としてしまったのだった。

森 1 - 1 藤田

Game 3

 互いに窮地からの逆転を見せつけ、セカンドドラフトに向けての運命の 3 本目。ここで藤田は痛恨の先手ダブルマリガンを選択。ゲームを開始するも平地 2 枚で土地が止まり、《沈黙の歌のずべら》は出せるも後が続かない。

 対する森は、またしても 2 ターン目の《鼠の殺し屋》から《樫族の肉裂き》、《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》と、どんどん展開を見せる。

 なんとか藤田が 3 枚目の土地を引いて《兜蛾》を出すも、次のターンには森は 6 マナを倒して《龍の牙、辰正/Tatsumasa, the Dragon's Fang》をキャスト。ロチェスターの時点で、藤田のデッキに大量のバウンスが入っている事を知っている森だが、そんな事は関係なしに、普通の装備品として《辰正》を利用して藤田へ猛攻を加える。

藤田 修

 現在の藤田の手札は 4 枚で、マナ状況が平地 3 枚に島が 1 枚。まだ諦めれない藤田が願いを込めてドローすると、平地を残念そうにセットということに。
 
 そんな藤田の動きを見て、森はサイドインした《困窮/Distress》を打って見ると、藤田はレスポンスで《消耗の渦》を森のクリーチャーへ。そんな応酬の後に、残った 3 枚の藤田の手札を公開すると、なんとそこには 3 枚の《伝承の語り部》が・・・。

 この 3 枚が早々に並べば藤田にも勝利の目はあったのだが、時既に遅し。
藤田は森に膝を屈した。

Final Resalts : 森 2 - 1 藤田

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る