Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 29日

By Isamu Fujieda

1回戦に負けただけで、ここまで10連勝の黒田は現在では唯一の1敗で暫定首位となっている。それに対するは、初日終了時点の首位にいた塩津 龍馬だ。彼は3rdドラフトを1勝2敗してしまい、このままずるずると負けてしまうかと思われたが、この4thドラフトでの2連勝で持ち直した。

Osyp、Wiegersma、Remie、Anton、小室・・・と Feature Match 5連勝の黒田が貫禄勝ちするのか? はたまたここ名古屋の強豪である塩津が勝利するのか? 期待してみてみたい。

Game 1

Soratami Savant

序盤は3ターン目に相打ち予定だった《鼠の浪人/Nezumi Ronin》が《蛇の皮/Serpent Skin》のせいで殺せず、次ターン出した《兜蛾/Kabuto Moth》も《霊魂の奪取/Rend Spirit》で即座に除去されてしまう展開となった塩津側が圧倒的不利といった感じ。

だが、《鼠の浪人/Nezumi Ronin》を《秘教の抑制/Mystic Restraints》で殺し、相打ち要員である《灯籠の神/Lantern Kami》を場に出して膠着させることに成功する。そして膠着したときには本当に強い《空民の学者/Soratami Savant》を場に出したことで、一転して塩津ペースとなる。

ただ、塩津が《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》を出すために2マナとなった瞬間を狙って黒田が《南の樹の木霊/Kodama of the South Tree》を出す事に成功。ここで秘儀やスピリットを貯めて一気に勝負を決めたい黒田だが、引くのは土地ばかり……。その上、飛行クリーチャーが全く止まらない状態で塩津のアタックが続く。

引きすぎた土地のおかげ?で、ついに《引き込み/Pull Under》を撃っても《空民の学者/Soratami Savant》ではカウンターされない状態にまでなるが、これを撃ったときには時既に遅し。塩津の手札には《密の反抗/Hisoka's Defiance》があったのだ。

黒田 0 – 1 塩津

Game 2

森3枚に《木霊の手の内/Kodama's Reach》《南の樹の木霊/Kodama of the South Tree》というハンドで始めた黒田だったが、3ターン目の《木霊の手の内/Kodama's Reach》が《密の反抗/Hisoka's Defiance》でカウンターされると完全に土地が止まってしまい、終了。

Final Results : 塩津龍馬 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る