Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 30日

By Yukio Kozakai

戦前のインタビューで「《精神のくぐつ/Psychic Puppetry》最強! それでアンタップする《戦に狂える浪人/Battle-Mad Ronin》最強!」と、日本人的アドバンテージ思想では考えの及ばないカードをキーカードに答えてくれたEvansは、その《精神のくぐつ/Psychic Puppetry》をメインに2枚採用しており、まさに有言実行だ。

Murray Evans

確かに、これだけマナカーブが下に寄っているビートダウンで、あまつさえ連繋でもされたら堪ったものではない。

しかし、クリーチャーが小物である以上、小室のデッキも全く引けを取らない。
青緑に《氷河の光線/Glacial Ray》をタッチし、さらに《木霊の力/Kodama's Might》《消耗の渦/Consuming Vortex》と戦闘・除去に直接絡む呪文を惜しみなく叩き込めるのだから、この両者の戦いに膠着は無いと見る。

独自のスピード理論を駆使して押し切る作戦のEvansが勝つのか。
はたまた、教科書通りにきっちりと「出す・焼く・殴る」デッキである小室が勝つのか。

そこがこのラウンドの見どころだ。

決勝の椅子を巡る戦いは、バチバチのビートダウン同士。
一瞬たりとも目を離すことは出来ない。

Game 1

ダイスロールで小室が先攻。
Evansがマリガンを宣言し、第1ゲームがスタートする。

まずはEvansが《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》をプレイすると、小室も同じ飛行クリーチャーである《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》を召喚。すると、Evansも《血塗られた悪姥/Wicked Akuba》から《空民の助言/Counsel of the Soratami》とマリガン後であるディスアドバンテージを全く感じさせない。

小室が《根走り/Rootrunner》《樫族の肉裂き/Kashi-Tribe Reaver》と地上を固めれば、Evansが《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》《灰色肌のずべら/Ashen-Skin Zubera》と連続召喚。《樫族の肉裂き/Kashi-Tribe Reaver》のアタックを通すと、《遥か忘れられし御幣/Long-Forgotten Gohei》で陣営を一気に強化し、サイズ負けしなくなったスピリット軍団が反撃に転じる。

しかし、小室も負けていない。

《根走り/Rootrunner》で果敢にアタックを宣言すると、Evans の2体ブロックに対して《木霊の力/Kodama's Might》だ。これで戦力の均衡を崩した小室は、続くEvansの《小走りの死神/Scuttling Death》をカウンターし、フルアタックで返す。

打開策を求めてEvansの放った《消耗の渦/Consuming Vortex》を《密の反抗/Hisoka's Defiance》で跳ね返すと、ダメージを吸収し切れないEvansは、そのまま投了を宣言した。

小室 1-0 Evans

Game 2

再びマリガンの後、今度は《島/Island》2枚でストップしてしまったEvans。そこにつけ込みたい小室だったが、呼び出せるクリーチャーは《川の水神/River Kaijin》のみと、テンポアドバンテージを生かし切れない。

小室も土地が3枚でストップしてしまい、ようやく《沼/Swamp》に巡り合えたEvansが《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》をプレイすると、お返しにこちらも4枚目の土地にアクセス出来た小室が《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》を召喚。両者とも少々時間はかかったが、やっとこさ主力クリーチャーを展開する事に成功する。

この後、主導権を握ったのは小室だ。

《木霊の力/Kodama's Might》でクリーチャー戦闘に勝利した上に連繋で《氷河の光線/Glacial Ray》を《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》へ投下。自陣に誰もいなくなってしまったEvansが恨めしそうに《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》をプレイしてターンを返す。

小室が力強く《樫族の肉裂き/Kashi-Tribe Reaver》を戦線に追加するのを見て、Evansは投了を宣言した。

小室、決勝にストレートでリーチをかけた。

小室 2-0 Evans

Game 3

初めてマリガン無しでゲームを始めるEvansは、《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》《鼠の墓荒らし/Nezumi Graverobber》と高速展開すると、4ターン目には《血塗られた悪姥/Wicked Akuba》《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》とさらにスピードアップ。

小室は《川の水神/River Kaijin》《空民の学者/Soratami Savant》と一応ブロッカーを調達するが、正直《空民の学者/Soratami Savant》ではブロックしたくない所。

しかし、ブロックしたくないとか、そんな安穏とした意見など許されるはずも無い。

《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》を追加し、《消耗の渦/Consuming Vortex》でブロッカーにご退場願うと、《遥か忘れられし御幣/Long-Forgotten Gohei》でEvansが一気に勝負を決めた。

小室 2-1 Evans

Game 4

2枚の《島/Island》しか土地が無い小室。
このハンドをどうするか考えるが、キープを宣言する。

そして、次のドローでしっかりと《森/Forest》を引き込んで《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》へつながるあたり、小室の勢いは「かなり出来る子」どころの騒ぎではない。

対するEvansは《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》を2枚連続でプレイに成功し、序盤にして大きなダメージクロック形成に成功する。しかし、小室は《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》《樫族の肉裂き/Kashi-Tribe Reaver》とパワークリーチャーを次々投入して、フルアタックを続ける。

ブロッカーの《つぶやく神/Gibbering Kami》を《木霊の力/Kodama's Might》で押しつぶし、連繋の《氷河の光線/Glacial Ray》で《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》を焼き払い、《小走りの死神/Scuttling Death》を《消耗の渦/Consuming Vortex》で弾くと不退転の猛攻を続ける小室。

果たして、その時は訪れた。

小室のアタックで《小走りの死神/Scuttling Death》と《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》が相打ちとなるが、《伝承の語り部/Teller of Tales》を戦力に加えて、小室の場はもはや磐石。

あと1回攻撃が通れば勝ちというシーン。
小室がブロッカーを《伝承の語り部/Teller of Tales》の能力でタップすると、Evansは残った2マナを横に倒した。

小室 修

2マナでどうにかできる呪文など、秘儀に決まっている。
そう確信し、スペルをキャストする前に小室が明かしたカードは、まさに今引き込んできた《密の反抗/Hisoka's Defiance》だった。

Evansが呪文をプレイしようと伸ばしたその手は、そのまま小室の右手とガッチリ繋がれる事となったのだ!

戴冠した一昨年のGPから、ずっと言われ続けた言葉がある。

「一発屋」

もう、その二つ名では呼ばせない。
でっかい二発目を打ち上げる舞台は整ったのだから。

横浜よりも、大きな大きな打ち上げ花火が名古屋で花咲く瞬間を。

日本中が待っているのだから。

小室 3-1 Evans
Result: Winner is 小室 修

Murray Evans

Download Arena Decklist

Shu Komuro

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る