National Team Profile

更新日 Event Coverage on 2004年 6月 13日

By 森 慶太

厳しい14回戦の予選を勝ち抜き、その上で身を削るような思いで決勝ラウンドに臨んだ8名のツワモノたちの中から、日本の国旗を掲げて世界選手権を戦うことになる3名の精鋭と補欠選手1名が選び出された。

サンフランシスコで行われる世界選手権での彼らの健闘を期待しつつ、読者諸兄には彼らのプロフィールを御紹介しておこう。

藤田 剛史/Tsuyoshi Fujita

National Team Member

嗚呼、我等がチャンピオン。

大阪マジック界の重鎮である藤田剛史は、今大会を振り返って「久々にトーナメント全体を通じて高い集中力を保つ事が出来た」と語っている。そんな風に彼を奮い立たせたのは、このマジック業界唯一の専門誌であるゲームぎゃざの読者による優勝者予想投票でTop 10圏内に名前があがらなかったことを聞かされたことだそうだ。つまり、それだけ勝ち星から遠のいてしまっている自分に気づいて愕然としたのだという。

たしかに、彼のプレイヤーとしてのキャリアは日本人として初めてプロツアー決勝ラウンドに勝ち残ったこと、グランプリ京都の優勝、マジック・インビテーショナルへの参戦といった様々なハイライトで彩られているわけだが・・・昨今の成績はイマイチ振るわなかった。最近の彼は関西のコミュニティのドンとしての、どちらかというと裏方的な側面ばかりが目立っており、つまるところ「藤田剛史のデッキや藤田剛史のグループのメンバー」ばかりが大舞台で飛躍を続けていた。藤田修、森田雅彦、黒田正城、中野圭貴といった綺羅星たちの活躍がその代表例で、日本ではじめてのプロツアーチャンピオンがプレイしていたデッキも藤田謹製「Go Anan Deck」だった。

ところで、今大会は「なんにしても《頭蓋骨絞め/Skullclamp》がある以上、それをうまく使うデッキのどれかをプレイするしかないですよ」と、名伯楽もオリジナルのアンチデッキの可能性について匙をなげしまっている。かくて、禁止カード認定は大賛成という藤田は・・・めずらしく今大会ではすでに原型の確立されているコピーデッキ然としたものをプレイすることになったのだった。

最後に彼からメッセージが一言。
「これからはまた投票してくださいね(笑)」

Fujita Tsuyoshi

Download Arena Decklist

津村 健志/Kenji Tsumura

National Team Member

「コガモ」こと津村は今大会におけるシンデレラボーイそのものだ。いつもベースボールハットを斜にかぶっているスタイルも印象的な彼は、なんと直前最終予選を勝ちあがり、その勢いのままに栄光の日本代表入りを果たしてしまったのだ。そう、前日予選に参加する誰もが夢想することを、そして、これまでは誰もが果たせなかったその大偉業を・・・津村はなしとげた。

こういった風に紹介すると、彼のラッキーボーイ的な側面ばかりが印象付けられてしまうかもしれないが、彼はすでに知る人ぞ知る存在であることをお伝えせねばなるまい。津村はプロツアーに参戦すること5回という強豪で、今では彼をマスコットキャラ(?)として旗印にしたチーム「コガモ団」も本格的な活動を開始している。そのコガモ団には今期暫定新人王の志岐和政、プロツアー・サンディエゴ9位入賞の「孤高のデッキビルダー」平林和哉、第二回グランプリ静岡王者の加藤一貴、といった人材たちが集っており、この日本選手権にむけては大阪のウィークリー・マンションを借りての調整合宿を行ったそうだ。この合宿で津村は平林チューンへの親和デッキを完成させ、それによって最終予選に突破し、今や日本代表という栄光を掴み取った。

かつて、マジックの世界で広島といえば桧垣や「Hato Beam」を連想したものだった。それも、これからは「まず大礒正嗣、そして津村健志」という風になっていくのかもしれない。

ちなみに、「コガモ」という可愛らしいニックネームをつけてくれたのは桧垣、大礒とともに「Hato Beam」のメンバーであった上野一樹だということだ。きっと、上野も弟分の活躍を喜んでいるに違いない。

Tsumura Kenji

Download Arena Decklist
ソーサリー (4)
4 Thoughtcast
インスタント (3)
3 Shrapnel Blast
アーティファクト (15)
4 Welding Jar 4 Chromatic Sphere 4 Skullclamp 3 Pyrite Spellbomb
60 カード

亀井 俊祐/Shunsuke Kamei

National Team Member

今大会のトップ4を見渡して、もっとも無名の存在といえそうなのがこの亀井だろう。亀井は《頭蓋骨絞め/Skullclamp》時代の反逆児そのもので、青白のコントロールデッキを巧みに操っての日本代表いりを果たした。グランプリブリュッセルの結果をうけて「にわか青白」が世にはびこりだしたわけだが、亀井は地区予選突破したときからの、いわば筋金入りの青白プレイヤーである。それだけに、対同系や《歯と爪/Tooth and Nail》で素晴らしい威力を見せ付けたというサイドボードの《静寂の命令/Decree of Silence》など、使い込んできた亀井ならではの工夫が随所にこらされている。

サンフランシスコでもこの新しい青使いの世界での活躍に期待しところだが、残念ながら亀井は世界選手権を辞退する意向のようだ。彼は19歳の予備校生であり、平たく言うと受験勉強と夏期講習があるため、マジックにばかりかまけてはいられないのだそうだ。もちろん、受験という人生のハードルをクリアし次第、亀はトーナメント・マジックへと本格復帰してくれることを約束してくれた。ともあれ、《頭蓋骨絞め/Skullclamp》と勇敢に戦い抜き、そして勝利した大阪の新鋭を讃えようではないか。

Kamei Shunsuke

Download Arena Decklist
クリーチャー (5)
3 Eternal Dragon 2 Duplicant
インスタント (13)
2 Pulse of the Fields 4 Mana Leak 3 Rewind 4 Thirst for Knowledge
アーティファクト (5)
1 Mindslaver 4 Damping Matrix
60 カード

中村 修平/Shuhei Nakamura

National Team Reserver

3位入賞の亀井が世界戦主家参加辞退をほのめかしており、つまるところ「補欠選手」の起用は現実味を帯びている。そんなわけで、最後に中村修平をご紹介しよう。

The Finals優勝、いくつものグランプリ準優勝・・・といった素晴らしい成績で知られているのが中村。彼はいわゆるチームというものには属せず、拠点とするデュエルスペースである Top Decksやアメニティ・ドリームの常連客たちと交流することによって日々の練習時間をえているということだ。昨今は特定の仲間たちと念入りなプレイテストを繰りひろげるというのが構築イベントにおける定石となっているだけに、中村のような渡り鳥がベスト4という大きな結果を出しているということは実に印象的だ。

もっとも、今日の実力者中村修平があるのも、在りし日の聖地Adeptでの研鑽(もとい下積み、だそうな)の日々があってこそのことであり、これは中村だけでなく現在の関西マジック界そのもののバックボーンといっていいだろう。そういえば、代表チーム入りをはたした藤田剛史もかつてはAdeptのスタッフとして関西の後進育成につとめていたメンバーだった。ともあれ、今大会トップ4のうち3人までが大阪勢というのは、やはり大きなトピックといえる。これは・・・今は亡き柴田宗男氏の蒔いてくださった種が実りのときを迎えつつあるということではないだろうか。合掌。

Shuuhei Nakamura

Download Arena Decklist
ソーサリー (4)
4 Thoughtcast
インスタント (6)
4 Shrapnel Blast 2 Electrostatic Bolt
アーティファクト (12)
4 Welding Jar 4 Chromatic Sphere 4 Skullclamp
60 カード
サイドボード (15)
3 Genesis Chamber 3 Seething Song 3 Furnace Dragon 4 Pyroclasm 2 Mana Leak

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る