あっという間だったプロツアー『神々の軍勢』、お見逃しはありませんか?

更新日 Feature on 2014年 3月 6日

By 鍛冶友浩

 皆さんお久しぶりです!先日スペインはバレンシアで開催されたプロツアー『神々の軍勢』で、ニコニコ生放送の司会を務めました鍛冶友浩です。あっという間に過ぎてしまった3日間でしたが、プロツアー観戦の生放送はお楽しみいただけましたでしょうか?


 発売したばかりの新セットである『神々の軍勢』が加わったテーロス・ブロックのブースタードラフトと、《野生のナカティル》に《苦花》の復活により激変したモダンという2つのフォーマット16回戦で争われた予選ラウンド。

 そして続く決勝ラウンドは、モダンのみの3回戦。勝ち組がフタを開けるまでわからないどころか、フタを開けてもわからない多種多様なアーキタイプの戦いに、最後まで試合から目を離すことができませんでした!

 決勝は18歳の若手でありながらグランプリ優勝経験のあるジェイコブ・ウィルソン/Jacob Wilson(左) と 前回のプロツアーでTop25入賞し、Magic Onlineで練習に励んだショーン・マクラーレン/Shaun McLaren(右)の顔合わせ。


 ウィルソンは、2013年に開催されたモダンのグランプリ・アトランタ優勝者であり《出産の殻》の達人であるサミュエル・パラデー/Samuel Pardeeが制作した「メリーラ・ポッド」。

Jacob Wilson -「メリーラ・ポッド」

Download Arena Decklist

 対するマクラーレンは、世界選手権2013を優勝したシャハール・シェンハー/Shahar Shenharとはまた違ったアプローチの「青白赤コントロール」となりました。

Shaun McLaren - 「青白赤コントロール」

Download Arena Decklist

 そして、3日間の激闘の末、優勝のトロフィーを手にしたのは、ショーン・マクラーレン/Shaun McLaren(カナダ)でした! 彼には優勝直後にニコ生ブースに来てもらい、インタビューするチャンスをもらえましたので、そちらもどうぞ。(ちなみに、わたくし英語が得意なわけではないため通訳を手伝ってもらいました。やっぱり英語って大事ですね!)


 プロツアー『神々の軍勢』・日本語カバレージページ

ニコニコ生放送 タイムシフト視聴(タイムシフト視聴には、事前予約またはプレミアム会員登録が必要です)

日程放送日放送時間放送ページ
1日目2月21日(金)PM5:00~翌AM5:00放送ページ
2日目2月22日(土)PM5:00~翌AM5:00放送ページ
3日目2月23日(日)PM6:00~翌AM4:00放送ページ

 長時間のイベントでしたが、個人的にこの生放送で一番印象に残ったゲームは、準々決勝でのパトリック・ディックマン/Patrick Dickmann 対 クリスチャン・サイボルト/Christian Seiboldです。

 この二人は同世代で同郷のドイツ出身、サイボルトの使用したデッキリストは、ディックマンのシェアしたもの、といった複雑な関係…!

 そしてマッチアップは親和(ロボッツ)にタルモ双子と、1ゲーム目は当然アーティファクト・クリーチャーたちの超展開で圧倒してのサイボルトが先取かと思われましたが、のらりくらりと呪文をうまく使ってゲームスピードをコントロールしたディックマンが逆転勝利を収めました。

 さすがは約1600人のモダンイベントとなったグランプリ・アントワープで、テンポ双子で優勝しているだけはありますね。一瞬だけ映像に写された彼の《殴打頭蓋》のトークンには驚かされましたが、その辺りは試合動画をどうぞ!

 Pro Tour Born of the Gods Match Coverage(英語版、YouTube動画)

 グランプリやプロツアーの日本語カバレージページにはプロプレイヤーのキャラクターがうかがえる人気のコラム「トップ8プレイヤープロフィール」として、決勝ラウンドに残ったプレイヤーへのインタビューが掲載されています。今回のプロツアー『神々の軍勢』のトップ8プレイヤープロフィールも面白いのでぜひ見てみてくださいね。

 また、ニコニコ生放送中にもお話したのですが、わたくしプロツアー開催2日前にバレンシア入りしたところ、なんと宿泊ホテルに会議室を借りて「チャネルファイアーボール(CFB)」の面々がプロツアーへ向けて最終調整に励んでいるのを発見しました!


 そこでCFBのメンバーである中村 修平氏に少し見学させてもらえないかと交渉してもらっている時に気がついてしまった、会議室を使用している団体のお名前。


 これは世を忍ぶ仮の姿、おそらく最近オペレーションズ・リサーチ(数学の分野)で博士号を取得したフランク・カーステン/Frank Karstenの仕業でしょう。近々、なかしゅー世界一周のプロツアー「神々の軍勢」編も掲載されるそうですので、そちらにもご期待下さい。

 なかしゅー記事でもよく紹介され、日本でのグランプリ優勝経験もあるチェコのトッププレイヤー、マーティン・ジュザ/Martin Juzaがあんまりにもカルピスが好きということで幾つかおみやげを持っていったところ、渡したこちらが驚くほど喜んでもらえました。


 一緒にいたプロツアー『ラヴニカへの回帰』チャンピオンのスタニスラフ・ツィフカ/Stanislav Cifkaにも1本渡し、仲良く写真撮影。こちら含め、Facebookにはイベント中の写真をまとめたアルバムもアップされていますよ! ちなみに以下の写真にはジュザ本人から「いいね!」を頂きました!


 では、最後に次の国内グランプリとプロツアーのスケジュールをご確認下さい!

グランプリ・名古屋2014
開催日:2014年4月11~13日
フォーマット: 『テーロス』『神々の軍勢』シールドデッキ+ドラフト

プロツアー『ニクスへの旅』
開催日:2014年5月16〜18日
フォーマット:『テーロス』ブロック構築 / 『テーロス』ブロック・ドラフト

プロツアー『ニクスへの旅』予選

 最後に、現在開催されているへのプロツアー『ニクスへの旅』予選での上位デッキリストのリンクをこちらに掲載しておきますね。スタンダードの研究にご活用下さい!

 それでは皆さん、またプロツアーで!

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 23日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』のメカニズム by, Jess Dunks

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』では、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の大人気の冒険が再びマジックへやってきます。このセットではD&Dで最も有名な場所の1つを訪れ、エキサイティングな新メカニズムや「d20を振る」などの人気の再録メカニズム、そしてひと味加えた再録メカニズムも登場します。ですがはじめは詳しく語り過ぎず、背景からお話ししましょう。 背景 ...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る