2013年1月28日 DCI制限禁止リスト告知

更新日 Feature on 2013年 1月 28日

By Erik Lauer

Erik Lauer is a senior game designer who works on final game design and development. Recently, he has led the Return to Ravnica, Modern Masters, and Theros development teams.

原文を読む

告知日:2013年1月28日
発効日:2013年2月1日
マジックオンライン発効日:2013年2月6日

モダン

血編み髪のエルフ》 禁止
煮えたぎる歌》 禁止

マジックオンライン・Pauper

巣穴からの総出》 禁止
ぶどう弾》 禁止
激励》 禁止

スタンダード、エクステンデッド、レガシー、ヴィンテージ

 変更なし

 マジック・オンライン独自のフォーマットへの変更は、マジック・オンライン・コミュニティ・グループ・ブログで月例告知されています。


 各フォーマットの制限禁止カードリストは、以下の通り。
又はこのページを参照


2013年1月28日制限禁止の変更に関する声明

 モダンでカードが禁止されるのは1年ぶりとなります。この間に、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》が解禁されています。ところで、高レベルのイベントにおいて、ジャンドはずっと最強デッキの地位を占めてきました。マジック・プレイヤー選手権で渡辺雄也がジャンドを駆って優勝していますし、プロツアー「ラヴニカへの回帰」でも再びジャンドを駆った渡辺雄也が準優勝を果たしています。

 これを見て、渡辺雄也が圧倒的なのは明らかでしたが、モダンでのジャンドが圧倒的かどうかはそれほど明らかではありませんでした。

 それ以来、モダンのグランプリを4回開催してきました。ジェレミー・デザーニ/Jeremy Dezaniはグランプリ・リヨンをジャンドで制しました。ヤコブ・ウィルソン/Jacob Wilsonがジョシュ・ウター=レイトン/Josh Utter-Leytonをグランプリ・シカゴの決勝で下しましたが、この決勝はジャンド対ジャンドでした。グランプリ・トロントで優勝したウィリー・エデル/Willy Edelが使っていたのも、ジャンドでした。そして、ルーカス・ヤクロフスキー/Lukas Jaklovskyはグランプリ・ビルバオでジャンドを使って準優勝したのです。それだけでなく、ジャンドはビルバオの上位16位のうち6つを占めていました。

 モダンでは、それ以外は非常に多様性に富んでいますが、ジャンドの支配がそれを台無しにしています。DCIは禁止すべきカードを探しました。上位のプレイヤーがジャンドでは確実に4枚使っていて、他のモダンの上位デッキではほとんど使われていないカードが理想です。それによって、より均衡の保たれたメタゲームができる可能性が高くなります。この条件にもっともふさわしいカードは、《血編み髪のエルフ》でした。

 モダンに関して、DCIのもう一つの重要な目標は、第3ターン(やそれ以前)に安定して勝てるようなデッキが存在しないようにすることです。最近のイベントの結果を見て、ストームをプレイされている頻度は最も高いとは言えませんが、それでも上位層に属します。プロツアー「ラヴニカへの回帰」で18点以上を取ったプレイヤーのうち4人はストームを使っており、グランプリ・リヨンではオリヴィエ・ルーエル/Olivier Ruelがストームでトップ8入賞。マジックオンラインを見ると、ストームはモダンのイベントの上位デッキの11.42%を占めており、これはジャンドに次いで2番目に多い数字です。これらを見ると、圧倒的だとは言えないものの、ストームも上位層のデッキの一つです。

 実際のゲームで、ストームでは第3ターンの勝利がよくあり、これはDCIの掲げるモダンの目標に反します。DCIはこの第3ターンで勝利を得るために非常に重要で、そしてこのデッキの特徴ではないカードを探しました。そして、それにもっとも当てはまるカードとして《煮えたぎる歌》を選んだのです。他のマナ加速がなくても、第3ターンに《煮えたぎる歌》を唱えることで2マナを追加で得ることができます。高速マナには他の選択もありますが、第3ターンに限るなら最も有効で確実なのは《煮えたぎる歌》です。


2013年2月1日付けDCI制限禁止リスト

スタンダード

 禁止・制限カードは存在しない。

エクステンデッド

 エクステンデッド・フォーマットにおいて禁止されているカードは以下の通り:

ヴィンテージ

 ヴィンテージ・フォーマットにおいて禁止されているカードは以下の通り:

 ヴィンテージ・フォーマットにおいて制限されているカードは以下の通り:

レガシー

 レガシー・フォーマットにおいて禁止されているカードは以下の通り:

モダン

 モダン・フォーマットにおいて禁止されているカードは以下の通り:

(Tr. YONEMURA "Pao" Kaoru)

最新Feature記事

FEATURE

2021年 11月 10日

『イニストラード:真紅の契り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

結婚式に……君は招待された! 伝説の吸血鬼オリヴィア・ヴォルダーレンが、エドガー・マルコフと結婚するのだ。誰もが死ぬほど参列したい一大イベント――きっと君も見逃せないはずだ。 となれば……やっぱりプレリリースは行きたいよね。 さて「プレリリース」とは何だろう?そこでは何が行われ、シールドのデッキはどうやって作ればいいんだろう? 知っておくべきことを動画で観たい方は...

記事を読む

FEATURE

2021年 10月 28日

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズム by, Matt Tabak

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズムは、話題となっている吸血鬼の結婚式を連想させるものです。新しいもの、古いもの、借りたもの、血まみれのもの。愛は素晴らしいと思いませんか?これからバージンロードを通ってゲーム店に入って来るものを見ていきましょう。 訓練 この恐ろしい世界で生き残るのは、人間にとって簡単なことではありません。常に気を抜けないのです。新規メカニズ...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る