Round 9: SUSIYAN VS Scrambled Steak

更新日 Feature

By 松井健治

ドラフトで私が気づいた点を鑑みても良く出来たデッキなっている SUSIAN 。
一方の Scrambled Steak は 3 人とも赤を使ってデッキを構築しているがいかがなものか。
期待すべきは Scrambled Steak 側に潜む GOD レアカード達か。

まずは B 卓の渡辺 VS 塩津戦。
渡辺は土地の引きすぎで殆ど何もキャストできていない。
そこに塩津の《 Nomadic Elf / 放浪するエルフ》や《 Glimmering Angel / 薄光の天使》で危なげなく勝ちを獲得。

塩津 1-0 渡辺

A 卓では佐々木が押しているようだ。
と言うか鷲見に平地と沼しかなく、手札の青いカードたちがキャストできないでいる。
佐々木の 2 枚並ぶ《 Thornscape Familiar / 荊景学院の使い魔》を《 Razorfoot Griffin / カミソリ足のグリフィン》で止めようとするが、佐々木のアタックからの《 Explosive Growth / 爆発的成長》で《グリフィン》は落ちる。
その次のターンに鷲見が引いてきたカードは島! このターンから、毎回鷲見が《 Tower Drake / 塔のドレイク》を立て続けに召喚し、最終的に鷲見の場には 3 体の《塔のドレイク》と《 Vodalian Zombie / ヴォーデリアのゾンビ》が展開され佐々木を押し切った。

鷲見 1-0 佐々木

C 卓では阿部の赤緑タッチ白黒という 4 色デッキと、山添は赤黒の 2 色デッキ。
お互い除去は大量に持っているので想像するまでも無く消耗戦になることは容易に想像できる。
ざっと解説すると、阿部は土地が 3 枚に《 Quirion Explorer / クウィリーオンの開拓者》がある。
そしてうち 1 枚の土地は《 Keldon Necropolis / ケルドの死滅都市》で、時間がたてば山添側の雲行きは怪しくなっていく。
そして始まる消耗戦。
カードを使い切ったところで先にクリーチャーを引いたのが山添。
返す阿部のターンには引いたカードは《 Power Armor / 力の鎧 》。
これは残念ながらクリーチャーではないので《死滅都市》でクリーチャーにダメージを与える事は出来ない。
後の 3 ターンは何も引かなかった阿部が敗北する。

山添 1-0 安部

その頃 B 卓では塩津がプレイミスしながらも勝利を手にしていた。
序盤の立ち上がりの良い塩津のコントロールする 2 枚のタッパーを渡辺が《 Reckless Spite / 無謀な悪意》で除去してアタックなど渡辺に良い展開に思えたが、 6 枚目のとちを引かないために後続のスペルを打つことが出来ないでいる。
そこを塩津が《 薄光の天使 》で攻撃を繰り返すが、いかんせん土地を 4 枚しか引いていないのが嫌だったらしく、タップアウトで《 Pygmy Kavu / ピグミーカヴー》を呼んで 2 枚引いてみるが、引いたのは森。
返すターンで渡辺が 6 枚目の土地を引き、島と《天使》に《 Plague Spores / 疫病の胞子》で渡辺が反撃に掛かる。
Nightscape Battlemage / 夜景学院の戦闘魔道師》の黒能力で塩津のクリーチャーを押し返し、何とか挽回しようとするが塩津の場に《 Sawtooth Loon / 剣歯のアビ》が現れ、渡辺の場を見ると飛行クリーチャーは 1 体もいない。
結局渡辺はせっかくドラフトした《 Doomsday Specter / 終末の死霊》が手札に来る事は無かった。

塩津 2-0 渡辺
SUSIYAN 1-0 Scarmbled Steak

ここが終った頃に A 卓が始まりだしたが、奥の C 卓はそろそろ勝負がつきそうな雰囲気。
序盤の阿部の《 Yavimaya Barbarian / ヤヴィマヤの蛮族》から、《 Horned Kavu / 有角カヴー》等の早いゲーム展開に比べて山添はノンキックの《 Urborg Skeleton / アーボーグの骸骨》を呼んで耐える事しか出来ない。
そこから目を B 卓に移している間にこの場は先ほどの消耗戦が終った頃と同じような場になっていた。
勿論阿部の場には《力の鎧》と《死滅都市》が寂しそうに今か今かとクリーチャーを待っている。

だが阿部の残りライフも少なく、山添のクリーチャーを除去していくのを優先しなければいけない。 山添がクリーチャーを引くたびに阿部もクリーチャーを引く。
これを数ターン繰り返している間に阿部は《 Kavu Aggressor / カヴーの攻め手》を引くが、阿部の場に山は 1 枚。
山添の出しているクリーチャーも《カヴーの攻め手》なのでもしも次のターンに阿部が死ななかったら返しのターンで山添を倒せるかもしれない。
そういった一縷の希望を託して《カヴーの攻め手》を召喚してターンを終えようとすると山添が計算を始める。
この時点で安部の死は決定した。
まず安部のエンドステップに《 Reckless Assault / 無謀な突撃》で安部の本体に 2 点。そこから山添のメインにキッカーの《 Agonizing Demise / 苦悶の死》を《攻め手》に撃って山添の《攻め手》がアタックすると、チームの勝利がここで確定した。

山添 2-0 安部
SUSIYAN 3-0 Scarmbled Steak

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る