Tamiyo, The Moon Sage

更新日 Feature on 2012年 7月 31日

By Wizards of the Coast

ムーンフォーク、あるいは空民と呼ばれる神河次元の住人は、秘密主義でありながら探究心豊かな人種である。 自らの次元の形而上的な力に関する彼らの知識は群を抜いている。 実地研究を専門とする学者のタミヨウにとって、プレインズウォーカーとなって多元宇宙へとつながる道筋を発見したことは、どんな夢よりも素敵な出来事となった。 彼女の眼にはどの次元も、巻物にしたためて偉大なる朧宮の塔に納めるべき、未開拓の知の宝庫に見えた。

タミヨウにとってすべての次元は他とは異なる謎を有している。そしてイニストラードの場合、その謎とは銀色の月であった。 そしてタミヨウは銀色の月の謎を探るためにイニストラードへと渡った。 タミヨウはイニストラードの月周期を何回にもわたって観察してきた。プレインズウォーカーとしての技能を使い、その周期が世界に向けて発する力の本質を探ろうと試みてきたのだ。 彼女は月が獣人の呪いに及ぼす効果を熱心に観察し、吸血鬼の狂乱の波に月がどう影響するかについての長大な記録を残した。 そしてその好奇心はやがて、高名なネファリアの天文術士ジェンリクのもとへと彼女を導いた。 タミヨウは彼の月長石の塔に籠り、何ヶ月ものあいだ星図を食い入るように見たり、この次元の生物や住人に対して月が及ぼす奇妙な力について、彼の知識に彼女自身の見解を加えたりした。

アヴァシンが戻った今、タミヨウはこの天使がイニストラードの土地やクリーチャーや月に与える効果についての理論を夢中になって組み立てている。 獄庫の本質、ウルフィーの誕生、グリフの出現、最近になって強化された結界の出自……これらはすべて、回答よりも疑問ばかりが並ぶ彼女の巻物に、更なる不思議として書き加えられている。

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る