Vraska The Unseen

更新日 Feature on 2012年 10月 4日

By Wizards of the Coast

ヴラスカはゴルゴンとしての出自にふさわしい、殺意に満ちた呪文を操るプレインズウォーカーである。 彼女は暗殺や隠密行動、そして石化に関わる魔法を得意としている。

ラヴニカ滞在中、ヴラスカはゴルガリ・ギルドのために闇の仕事を請け負っていた。 菌類に覆われた地底街のトンネルを縫って標的を追うときも、静かにその犠牲者の命を絶つときも、彼女の魔法は大いにその力となった。そして彼女は必要とあらば、正体不明の暗殺者を召喚し、汚れ仕事を任せることもできるのだ。 ゴルガリは彼女を有用な秘密兵器とみなしている。彼女は自分の望んだ依頼にだけ応える謎めいた死の専門家であり、その見返りとして風変わりな頼みごとをしたり、価値の定かでない報奨品を望んだりする。 ヴラスカはラヴニカのギルドの政治的駆け引きから距離を置いており、ゴルガリ団の内部事情にもほとんど興味がないようだ。 依頼をこなし、立ち去る。そして自分の興味を引く仕事が与えられるまでその姿を消すのだ。

ヴラスカの力の程は明らかだが、その真の目的は謎であり、他のゴルゴンですら察することができない。 ゴルガリ団には知られていないが、彼女は多くの時間をラヴニカ以外の次元で過ごし、死をもたらす力を行使しつつ経験を積んでいる。 ヴラスカは行く先々で記念の品を集めており、その収集品の数やいくつもの世界で石像と化した犠牲者の数は、着実に増えている。

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る