グッドバイ

更新日 Latest Developments on 2013年 9月 9日

By Billy Moreno

原文を読む

 もし君が1つのブロックよりも長くマジックをプレイしているなら、多分マジックのセットを時間の経過を記録するのに使い始めるだろう。君がこのゲームを始めてまだ間もないのならば、ようこそ――君と未来のビジョンを共有することは私に素晴らしい喜びを与えてくれる。今日、君に伝えるデベロッパーとしての洞察はない。私は君にマジックがその関係性を育てる種子としても、個人の話や共有された物語に骨組みを与える格子としても、君が知らないどのように君の人生のに織り込まれるかは何も伝えられない。

アート:Eric Peterson

 そしてその精神と最上の敬意を払って今日の物語を共有しよう。私はあと1週間かそこらでウィザーズ・オブ・ザ・コーストを退社する。私の妻アンバー/Amberと私は新たな人生のスタートを切れるように家へと帰る。そこは我々の求めた場所であり、だからこそ我々は行くのだが、その前に過去の足跡を振り返る機会がなかった。ここ2年半は私にとって特別だが(もちろん私はこの経験のすごさを最小限にはしたくない)、その大部分はマジックがこれまでの私の人生でどれだけ重要だったかによる。私はこの仕事に就いた初日からその重要性をとても意識していたので、この仕事をしている間も、そして辞める今もその重要性を意識している。

 私と私の兄弟が明確なものとは程遠いルールとカードから推測したハウスルールのマジックのようなゲームに時間を費やした1995年の夏を数に入れないのなら、私はちょうど10年間マジックをプレイしていることになる。私が始めて「Magic Online」を見たのは Electronics Boutiqueでウィンドウショッピングをしていた時だった。私はまだその最初の夏の素晴らしい思い出を覚えていた。私はそれを買って試すために急いで家に帰った。『ジャッジメント』が当時最新のエキスパンションで、それは2002年の夏の前半のどこかの出来事だった。

 私はマジックに頭からどっぷりとハマって行った。「Magic Online」のアカウントを作って数日のうちに、全ての主要な戦略サイトを読み、内容を貪り、デッキリストを吐き出し、そして44オンスのドクター・ペッパーをガブ飲みした。サイトのライター達は彼らの地元の店や地域のトーナメントや、そしてとりわけプロツアーでの栄光について語っていた。私は夢中になり、そしてより深い繋がりを必要としていった。

 程なく、私は自分にとっての最初の店、テキサス州オースティンのPat's Gamesを見つけた。私が初めてプロツアー予選でプレイしたのはこのシーズンの時で『オデッセイ』ブロック構築のイベントだった。この店で私は既に何人かの友達がいたが、プレイテスト・グループと言うほどのものではなかった。私の《春の儀式》と《ナントゥーコの養成者》スレッショルド・デッキは格好良く冴えていたが、物事を見る目を持っていなかったのだ。私は文字通りどこに足を踏み入れているのか見当もつかなかった。しかし私は飲み込みが早く熱心で、加えて新しい友達と集まってマジックのことについて話すのが好きだった。

 私は両親と昔の彼女にプロになるつもりだと伝えたことを覚えている。

 当時私は初めて大学を休学したばかりだった。生活環境の変化が励みになることを期待して数ヶ月の間私は父親とブルックリンで暮らしていた。そこにいた1年の間はあまり行かなかったが、私は父親のアパートメントから徒歩で行ける近所にThe Standというゲームの店を見つけた。時々我々は当たり前だと思っているけど、アメリカや世界中の他のほとんどの都市で、友好的な見知らぬ人のいる(特に金曜の夜に)マジックがプレイできる場所があるというのは考えてみれば驚くべきことだ。ともあれ、Pat's Gamesには未熟な見習いとして入ったが、The Standでは対等な外来者としてそこに入っていった。

 来る日も来る日も、我々はドラフトをして、テストと理論構築を行なった。そして私は自分のカードを全て、他の人のためにデッキを作りたがる人には誰彼かまわず与えていた。それは私が時間と共に発展させていった多くのマジックの習慣の1つだった。

 『オンスロート』が発売された直後、私は《霊体の地滑り》《狩猟場》デッキでその年の地区選手権に挑んだ。サイクリングのメカニズムは低コストでの方法でドロー、墓地肥やし、そして防御をひとまとめにしてくれた。準備が整った後、私のエンチャントの1つは《怒りの天使アクローマ》を戦場に出し、もう1つのエンチャントは彼女を「地すべり」させて《神の怒り》のような全体除去の後に戦場に戻してくるだろう。

 そのデッキとトーナメントに関して私はとても良い気分だった。相手にデッキを悟られないアドバンテージと、至る所から飛び出してくる相互作用によって私は主要なデッキとの対戦でそれらを全て叩き潰していった。大会の受付の前に、私は初めて著者の写真以外でマイク・フローレス/Mike Floresを見かけた。彼の作ったバージョンの黒単コントロールは皆に注目され、彼が《ラクァタスのチャンピオン》を加えたことを絶賛されていた。その間中ずっと私は彼が話していたもの全てを私がどれだけ簡単に倒せるかについて考えていた。不運にも私のデッキでは倒すのが不可能な《ミラーリの目覚め》デッキに土壇場で当たり、メタゲームは変化して私の元から去ってしまった。私はその日の2敗目を喫し、5-3のような結果で終えた。

 テキサスに戻ったときには私はニューヨークのマジック・シーンではベテランになっていた。私は中立地帯のような歴史のある店などにも行ったりした。私が初めてトップ8に残ったプロツアー予選は次にオースティンに行われたもので、『ミラディン』3つのブースター・ドラフトで行われ、そして私は準決勝で友人に敗れた。私は次の5回のプロツアー予選のトップ8に残り、そのうち4つは続く1年半に行われたものだった。

 私が出た初めてのプロツアーはオハイオ州コロンバスで行われたエクステンデッドのトーナメントだった。私の父親、義母、そして兄弟が見に来てくれた。純粋な知的スポーツであるマジックの魅力はいつでも私にとって納得のいくものだった。今のところ君はこのゲームについて考えることができるが、最後にはいつも多元宇宙の果てとその可能性の全てを見つける前に自分の限界が来てしまう。しかし私の両親は何が行われているかを今回の旅で実際に初めて知った。私の父は、私がどれだけゲームに情熱をつぎ込んでいるのかという母の疑念を緩和するために、彼女をテキサスに呼んだのだ。

 2004年のプロツアー・コロンバスには2つの大きな思い出がある。1つは私はニック・ウェスト/Nick West、クレイグ・ジョーンズ/ Craig Jones、ステュワート・ライト/Stuart Wright、スチュワート・シンキンス/Stewart Shinkins、そしてそのほかのイギリス代表とその週末に仲良くなったことだ。ニックは最終的に《オアリムの詠唱》と《等時の王笏》でこのプロツアーのトップ8に入り、そして私は土曜日の夜に彼の仮想準々決勝のテストに口出しするようにまでなった。2番目は土曜日のある時点で、私は負けを選びマネーフィニッシュの順位争いから脱落したことだ。私の父親はディナーのベルを鳴らし、そして私は1か2ラウンド残してプロツアーをドロップした。私は結局93位で、ドロップしていなければマネー・フィニッシュの大チャンスだった。まあ、人生とはそんなもんだ。

 私はプロツアー・ロンドンの権利を持っていたが、都合がつかなかった。次の『神河物語』ブロック構築のプロツアー・フィラデルフィアで私はまたもや93位に終わったが、私にとっては未来の妻に初めて出会った、巨大なスポットライトのような最も注目すべきトーナメントだった。プロツアーを去る前の夜のパーティで、最終的に我々2人は数週間に及ぶ山のような共通の友人との約束の後で交際するようになった。本当にラッキーなタイミングだった。我々2人は卒業して中央テキサスから離れる前に行える最後のパーティで会った。私はマジックのプレイを終わらせるとすぐに私の兄弟から彼女の電話番号を聞き、彼女に電話をかけた。彼女は既に私に手紙を書いていて住所を知りたがっていたので、私がすぐに電話をかけたことを喜んでくれた。私は夏の残りを父親と一緒にニューヨークで過ごすことになっていた。彼らが言うので、私は数週間以内に女の子について調べなければならなかった。

 2005年の夏が終わり、アンバーはニューヨークに引っ越したが、私はまだテキサスの学校にいた。私には2年残っており、我々はそれを上手く活かすよう約束した。私への学資援助が中止になったことを知ったのは、新学期が始まってわずか1ヶ月のことだった。私は今や自由に動くことができたが、プロツアー・ロサンゼルス2005に行っていたので、当面の間プレイテストに集中することに決めた。


2005年、プロツアー・ロサンゼルスにて

 『ラヴニカ:ギルドの都』のプレビューが始まるとすぐに、私はそれらを選んで分類し、常時デッキを作り続けた。かなり早くに私は《壌土からの生命》と サイクリング土地フェッチランド『オデッセイ』のスレッショルド・ランドや膨大な他の事柄の間にある相互作用を発見した。私は組み合わせと組み替えを始め、無我夢中で完璧な構成を掘り進めて行った。私はこのシークレット・テクをニックとオースティンのチームメイトに共有した。彼らは私の興奮を共有し、そのデッキを最終形に洗練するように私に求めてきた。それら全てが完了した後、私はプロツアー決勝まで進み自分自身を世界に向けて発表することになった。

 しかしながら、ロサンゼルスでのその週末は私へのトロフィーや多額の賞金以上のものになった。私はオースティンからニューヨークへ行く途中にステイプルズ・センターへ素敵な途中下車をした。この締めくくりは普通のプレイヤーだった私との決別を与えてくれた。多額の賞金は私が将来やりたいことを自由に思い浮かべることができ、それに直ちに取り組むことを意味していた。

 私は毎月グランプリやプロツアーに旅するようになった。私が人生で初めて自分の国を離れたのは横浜の世界選手権2005に向かうためだった。全ての旅が、私の好きな人達のうち何人かとちょっとしたバカンスを取っているようなものだった。地元の町とプロツアー会場の間の距離は皆それぞれ違うけど、我々は皆世界中で、各プロツアー予選のシーズンで州を越えた友人に会うために忙しい1週間の後を過ごした後、なじみの店に顔を出すことがどのようなことか知っている。実際、古いたまり場に戻り、沢山の一番古いマジックの友人とドラフトしたりグダグダしたりするのはテキサスへと帰る大きな理由の1つだ。


 2006年の5月、アンバーはプラハに私と一緒に行った。この旅は3州以外の私の友人達に彼女を紹介する最初のチャンスだった。最初の2、3日は私の「仕事」の日だったが、イタリア語、ロシア語、ポルトガル語、オランダ語、フランス語、そして日本語さえも少し学ぶ機会を得た。アンバーがトーナメントの後の週の観光ガイドの準備をしてこの都市に慣れ親しんでいる間、私はマジックの友人が教えられる全ての言語で彼女にプロポーズする方法を学んでいた。私にはそれが我々皆がゲームに夢中になっている若い男達だからなのか、奇妙な文化的要素を続けているからなのかは分からないが、彼らが人生で聞いたことのないようなプロポーズを考え出そうとしていた。

アート:Howard Lyon

 我々はまだ『神河救済』から『ディセンション』の一年しか一緒にいなかったが、彼女が常に私にとってのファーストピックであることは分かっていた。とは言え感傷は置いておくと、近くのマジックのセットやトーナメントにそれぞれの物語を裏付けることができるので、我々の初期の数年の詳細をよく覚えていることには驚いている。それは多いようには見えないかもしれないが、私は知っているしそれは奇跡だ。

 『時のらせん』が過ぎ去ると、マジックのプレイヤー仲間がもたらしてくれた機会によって、私は初めてゲームデザイナーの職を得た。私はずっとゲームが好きで、そして私はずっとそれらが得意だった――深く考えすぎていた。しかしそれを作ることは(多くはマジックのように)挑戦的で、不安定で、絶えず進化していく仕事だ。To Be Continuedでコツを学ばなかったら、私が今までにプレイした最高のゲームの仕事をして最近の3年間を過ごすことはなかったので全てに感謝している。

 プロツアーから身を退いて数年後、アンバーと私はテキサスに戻り、従って私は学生生活を再開することができた! サンディエゴの双頭巨人戦のトーナメントで終わった一連の見るに耐えない結果は私に自らの選択を再評価させた。最近の困難にもかかわらず、最高レベルのマジックをプレイする私のニューヨークでの時間とゲームを作って金を稼ぐことは私に目的意識と焦点をうまく教え込んだ。私はオースティンのすぐ南にあるサンマルコスのテキサス州立大学に再入学し、専攻をコンピューター科学へと切り替えた。プログラムの方法は私がゲーム産業をやっていこうとするなら必須だと考えたからだ。

 学位を得てから3期で、私は別のゲームデザインの仕事の誘いを受けた。その時には簡単に見えたが、実際に経歴を作るチャンスともう3期で副専攻の哲学を修めることを比べた。私は仕事を引き受け、南カリフォルニアへと車を走らせた。その会社のあるとんでもない活動が原因で私は3ヶ月後に解雇された。私が3ヶ月間カリフォルニアにいる間に、プロツアー・オースティンは私の地元で開催された。その一方で、私はプロツアー・サンディエゴに数ヶ月かけたが権利を得られなかった。私はそのどちらの権利も持っていなかったが、そこには私が本当に会いたかった人達がいた。感傷的にはなっていないが、このゲームが文字通り私を避けているように見えた。

 しかしながら私が解雇されたタイミングは悪いことばかりじゃなかった。その2つのプロツアーに挟まれた2009年のサンクスギビングは結婚記念日になった。(余談だが、日付を思い出すより祝日を思い出すほうがずっと簡単で、私はトラブルを抱えることになった。なぜなら正確な日付が必要ならそれをいつでも見られることは分かっているが、私はほとんどそうしなかった。0.27%の割合ぐらいだ)数えてみるなら我々2人は『ディセンション』のときに婚約し『ゼンディカー』まで結婚しなかったことになる。将来我々の子供が出来たときにどんなセットが出ているかについて考えるのは楽しいことだ。もしこれから2、3年で我々が子供を授かれば、多分我々は私の手がけたセットのドラフトをしてお祝いをするだろう。


 もし君がマジックの仕事を始めたなら、君の時間感覚はテフェリーがジャムーラをフェイズ・アウトさせた後の時の流れのようにバラバラに引き裂かれる。私がこの職場に来た初日に、私は『新たなるファイレクシア』のセット全てと『イニストラード』のプリントアウトされた全てのカードを受け取った。今日に至るまで、それは私が未来のセットよりもこの世界のセットに集中していた最後の時間だった。

 誤解しないで欲しいが、私はまだ週末のカバレージを見ている――私がプレイしていたときからの進歩ぶりをうらやましく思っている。私はこの春サンディエゴで行われ、クレイグ・ウィスコー/Craig Wescoeが優勝した プロツアー「ドラゴンの迷路」をライブで見ていた。私は『ラヴニカへの回帰』プレリリースの週末をカルガリーのすごい店で過ごすために飛んでいった。チームとして、それらに出られるのであれば我々は認定カジュアル・イベントに出場(我々のプレインズウォーカー・ポイントのレベルはまだ機能している)し、また我々はフォーラムや記事、インタビュー、そしてツイッターで人々が言っていることにも注意を払う。そうするのは我々がマジックを好きだからという理由だけだ。

 しかし君はプレビュー期間にお気に入りのデッキのために新しいカードを探すときや、競技で先んじるために秘密のお宝とスーパー・テクを可能な限り早く掘り起こそうとするときの興奮を知っているだろうか? 私はその感覚を一年半早く味わうんだ。

 『アヴァシンの帰還』で私は初めてチームに所属した。当時はそのカードファイルの貢献を的確に記録し続けていた。10セットを経た後で詳細はぼやけているが、1つははっきりと覚えている。《狙い澄ましの航海士》と《霧虚ろのグリフィン》は私の最も目立ったデザインだが、《スレイベンの勇者》は私がいまだに帽子につけている唯一の羽だ。私はそれをデザインと呼ぶが、この勇者はマジックのカードとしてこの上なく分かりやすくてまっすぐだ。パワー、タフネス、マナ・コスト、ルール・テキストの今までに見たことのない組み合わせをセットに入れて、思い出せる限りで初めて、あるかどうか分からない余地にマジックのカードを売り込んで印刷されたことは私をくすぐったい気持ちにさせた。


 大昔のいつか、時間がデザイン・チームとデベロップ・チームの通過によってのみ特徴付けられる場所で、私は『ラヴニカへの回帰』の《酒場の詐取師》を考え出した。何ヶ月かの間、私は全てのコイン投げをすることと、人々がコイン投げをするかしないかを正当化する全ての方法を妄想してクスクス笑っていた。一連の推論のうちあるものは他よりも良く、またあるものは悪いが、平均すればそれらはかなり平均的だろう。《酒場の詐取師》を相打ちするのを待つ物語は難しいが、それだけの価値はある。これは私の場合だ。


 社内プレリリースのとき、私の対戦相手は2/2より大きな何かをプレイして私の《酒場の詐取師》は攻撃できないでいた。彼のターンの終わりに、私は責任ある成熟した人物なのでコインを投げなかった可能性がある、または少なくともそれを安全にプレイすることの利点を注意深く考えていると印象付けられるのに十分なほど長く《酒場の詐取師》の上で手を止め、それから私はそうするために生まれてきたかのようにコインを投げた。私はコイン投げに負けて、除去呪文を引き、そして攻撃を再開した。最終的に、彼は《暴突風》を超過し私のクリーチャーをタップして時間稼ぎをした。今度は私は動作をためらいもしなかった――「さっきの負け分を取り返してやる!」――私はその2回目のコイン投げに勝利した。私はこんなに楽しい空回りをしたことはなかった。

 そしてまた、時はほころび始める。

 私は遠い将来に決まっていることを正確には知らないが、その一方で、最近このゲームを再開した兄弟と『テーロス』をプレイするだろうということを知っている。私は私の3周年記念を『マジック・ザ・ギャザリング 統率者2013』で祝うことになるだろう。この春私の3番目のセットが発売され、そしてそれが新たな節目を刻むことになると誰が知っているだろうか? この過去3年間の私の仕事はこれから何年かの私の未来を形作るだろう。さらにマジックとそのコミュニティが手を広げて待っていることを知って励みになっている。

 私は時々ジョー・「ジェリービーン」・ブライアント/ Joe "Jellybean" Bryantになって未来の息子か娘がコービー・ブライアント/Kobe Bryantになることを想像する。それはこのゲームが私がプレイした全ての中でいかに特別なものであるかということだ。君たちのうち何人が君の子供や大切な人に漠然と先の未来に一緒にプレイできるようそれを教えることを考えているだろうか? それはマス・エフェクトやドラゴンズ・エイジ(それぞれのジャンルの代表だ)じゃない。君はマジックを倒さず、それを吸い込む。

 そして、私にとって今は吐き出すべき時だ。


(Tr. Takuya Masuyama / TSV YONEMURA "Pao" Kaoru)

最新Latest Developments記事

LATEST DEVELOPMENTS

2016年 4月 29日

フューチャー・フューチャーの日々『イニストラードを覆う影』編 by, Sam Stoddard

 フューチャー・フューチャーの日々へようこそ、今回の「Latest Developments」では、『イニストラードを覆う影』時のフューチャー・フューチャー・リーグ(FFL)のデッキリストの一部についてお話ししようと思います。  始める前に、これらのデッキの多くは調整されておらず、我々がこれらのバージョンを使って以来変更が行われたカードが含まれていることを申し上げておきま...

記事を読む

LATEST DEVELOPMENTS

2016年 4月 22日

FFLよくある質問集 by, Sam Stoddard

 大体1セットに1回、私はフューチャー・フューチャー・リーグのデッキの一部をご紹介していますが、そのことでよく質問をたくさん受けます。なんでこのカードを使ってるの? なんでこのカードを使ってないの? などなどです。今週の「Latest Developments -デベロップ最先端-」では、それらの質問にお答えし、願わくばFFLに関するより良いアイデアを得ていただければと思...

記事を読む

記事

記事

Latest Developments Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る