MTGアリーナ:ゲーム更新情報(2020年4月)

更新日 Magic Digital on 2020年 4月 13日

By Wizards of the Coast

(編訳注:記事中に記載の時刻は、特記がない限り日本時間です。また、ゲーム画面は英語版の開発中のものです。)

巨獣たち。大型機能。一大計画。いよいよ「巨獣の棲処」へ足を踏み入れるときが来ました。そして今こそ、私たちの展望を皆さんにお伝えするときです。今月のゲーム更新情報では、マジック:ザ・ギャザリング アリーナを通してゲームや競技、交流を楽しめるさらなる施策について、今後の計画もお伝えします。ぜひ自宅で安全に、友人たちとゲームをお楽しみください。

『イコリア:巨獣の棲処』

カードのプレビューを追っていない方は、ぜひカードイメージギャラリーで最新カードをご覧ください。もちろんプレビューを追ってきた方も、もう一度確認する価値はありますよ。

そう、あの「ゴジラ」も登場します。ゴジラシリーズの別イラスト版カード・スタイルは、MTGアリーナでも手に入ります。

期間限定――ゴジラシリーズのカード・スタイル

5月21日(PST)までの期間中、『イコリア:巨獣の棲処』のリミテッド・イベントにご参加いただいたプレイヤーは、通常のイベント報酬に加えてゴジラシリーズのカード・スタイルを受け取れます。このキャンペーンは『イコリア:巨獣の棲処』ドラフトとシールドのどちらのイベントにも適用され、期間中に1回参加するごとにカード・スタイルが1つ手に入ります。(18種類すべて揃えるまで獲得できます!)

最新セットに新たなセット・マスタリー、そして真の怪獣を表現したカード・スタイルの登場をお伝えしましたが、今回は今後の開発計画をお伝えする前にもう1つ、大きなお知らせがあります。

『イコリア:巨獣の棲処』のドラフトは――他のプレイヤーとお楽しみいただけます。この一大計画の実現を記念して、すべてのプレイヤーに無料のドラフト参加券をプレゼントしますので、ぜひお試しください。対人ドラフト参加券は『イコリア:巨獣の棲処』のリリースから2週間以内にログインするだけで手に入ります!

対人ドラフト実装

今回のゲーム更新にて、より高い技術と豊富な経験が求められ、報酬も多い「対人ドラフト」モードが2つ実装されます。このモードのプレイ体験は皆さんがこれまでマジック:ザ・ギャザリング アリーナで経験してきたものと同様ですが、テーブルトップのマジックで他のプレイヤーとドラフトをするのと近い体験を味わえるでしょう。

まずは基本情報をお伝えします。

  • 対人ドラフトはBO1(1本先取)とBO3(2本先取)の両方ご用意します。
  • BO1のbotドラフトは、今後も2週間ごとにセットを変えながら続けられます。
  • BO3のbotドラフトは終了となり、BO3のドラフトはすべて対人ドラフトになります。
  • Botドラフトと対人ドラフトの使用セットが同じ場合でも、それぞれ別にマッチングします。(bot相手にドラフトをしたプレイヤーは、対人ドラフトをしたプレイヤーとマッチングしません。)
  • 対人ドラフトのマッチングは、Magic OnlineのDraft Leagueと同様です――つまり、ドラフト卓が異なるプレイヤーともマッチングします。

対人ドラフトに参加すると、あなたはドラフト卓に配置されて他の7人を待ちます。8人揃ったら、ドラフトが始まる前に参加確認が行われます。その後、Botドラフトと同様にドラフトが始まります。プレイヤーそれぞれカードを1枚ピックして、残りを隣のプレイヤーに渡していきます。ドラフト画面では誤クリック防止のために、クリック1回でピック予約の機能を追加しました。(ピック予約をした時点で自動的にピックが確定するわけではありません。)ダブルクリックをしたりカードをドラッグしてデッキに入れたり、「ピックを確定」ボタンをクリックすれば、ピックが確定します。

それから、対人ドラフトの実装とともにカードを渡す方向や他のプレイヤーのドラフト状況(もちろんピックしたカードの情報ではありません)など、ドラフト中の情報量が増えることを受けて、ドラフト画面のアップデートも行います。

また、対人ドラフトがスムーズに進むように、ピックには制限時間が設けられます。制限時間は残りのパック数やピック数に応じて変化します。例えば、1パック目の第1ピックでは制限時間が最も長くなります(75秒)。しかし3パック目の第7ピックの頃には、30秒に減ります。制限時間内にピックを確定できなかった場合は、自動的にカードが選ばれます。(カードを1回クリックしてピック予約を行っていた場合は、時間切れになった時点で予約したカードがピックされます)!

ドラフトが終了したら、同じように対人ドラフトを行ったプレイヤーと対戦します――ただし、同じ卓でドラフトをした人とマッチングされるとは限りません。(Magic OnlineのDraft Leagueと同様の形式です。)

『イコリア:巨獣の棲処』ドラフトを無料で楽しもう!

この最もリクエストの多かったプレイモードの実装を記念して、特別なキャンペーンを2つ行います。

  • 4月17日より、『イコリア:巨獣の棲処』の対人ドラフト(BO1とBO3の両方)を開催します。
  • 『イコリア:巨獣の棲処』の対人ドラフト参加券を1つプレゼント――最初の1回を無料でお楽しみいただけます!参加券はBO1BO3のどちらか選んでご利用いただけます。
  • 『イコリア:巨獣の棲処』の対人ドラフト参加券を手に入れるには、4月30日までにMTGアリーナへのログインが必要です。

イベント名の更新

プレミア・ドラフト

  • BO1、対人ドラフト、最新セットを使用、ランク変動あり

ランク戦ドラフト→クイック・ドラフト

  • BO1、Botドラフト、使用するセットは週替わり、ランク変動あり

マッチ・ドラフト→マッチ・ドラフト*

  • BO3、対人ドラフト、最新セットを使用、ランク変動なし

* マッチ・ドラフトはbot相手のドラフトではなく対人ドラフトになります。

『イコリア: 巨獣の棲処』ドラフト・イベント予定

  • 4月17日~6月中(終了日未定):プレミア・ドラフト:『イコリア:巨獣の棲処』
  • 4月17日~6月中(終了日未定):マッチ・ドラフト:『イコリア:巨獣の棲処』
  • 4月18日~5月2日:クイック・ドラフト:『基本セット2020
  • 5月2~16日クイック・ドラフト:『イコリア:巨獣の棲処』
  • 5月16~30日:クイック・ドラフト:『灯争大戦』

参加費と報酬

マッチ・ドラフト

マッチ・ドラフトについてはイベント形式を刷新し、ゲーム店でのドラフトのようなプレイ体験をお届けすることを目指します。マッチ・ドラフトに参加した場合は合計3マッチプレイでき、勝利数に応じて賞品を受け取れます。

参加費:1,500ジェムまたは10,000ゴールド

イベント形式:(勝敗に関わらず)3マッチプレイできます

賞品:

  • 3勝:3,000ジェム&6パック
  • 2勝:1,000ジェム&4パック
  • 0~1勝1パック

プレミア・ドラフト

プレミア・ドラフトは、その名前にふさわしい参加費と賞品を設定したいと考えています。現在の計画では、クイック・ドラフトより参加費は高くなりますが、より多くの賞品をご用意します。

参加費:1,500ジェムまたは10,000ゴールド

イベント形式:7勝または3敗するまでプレイできます

賞品:

  • 7勝:2,200ジェム&6パック
  • 6勝:1,800ジェム&5パック
  • 5勝:1,600ジェム&4パック
  • 4勝:1,400ジェム&3パック
  • 3勝:1,000ジェム&2パック
  • 2勝:250ジェム&2パック
  • 1勝:100ジェム&1パック
  • 0勝:50ジェム&1パック

クイック・ドラフト(元ランク戦ドラフト)

イベント名は「クイック・ドラフト」に変更されますが、こちらはイベント形式、賞品ともに以前と同じです。また、引き続きリミテッド・ランクが変動します。

開発ロードマップ

間もなく実装

対人ドラフトと『イコリア:巨獣の棲処』についての情報は以上となりますが、2020年4月のゲーム更新では他にもいくつかの変更があります。

「自宅でFNM」の更新

私たちは、私たちの従業員およびマジック・ファンの皆さん、そして提携パートナーの皆さんの健康と安全を確保することを最優先としています。また、私たちは引き続き、皆さんが安全な場所でオンラインでのプレイをお楽しみいただけるよう、各地域のコミュニティや店舗への支援を続けるつもりです。そこで発表済みの支援策(リンク先は英語)に加えて、「自宅でFNM」イベントを5月まで継続して行います。

  • 4月17日:『イコリア: 巨獣の棲処』発売記念(どのイベントでプレイしても店舗から賞品コードを受け取れます)
  • 4月24日:シングルトン
  • 5月1日:職工
  • 5月8日パウパー
  • 5月15日ヒストリック・ブロール

以前はこのイベントには参加費がなく、賞品は1勝目と2勝目にレアまたは神話レアの個別カード報酬でした。これに加えて、WPN店舗とのつながりを保っていたプレイヤーの皆さんはゲーム内アイテムと交換できるプロモコードを受け取っていることでしょう。4月のゲーム更新以降、プロモコードで交換できるアイテムが「MTGアリーナ版プロモパック」になります。これは(皆さんご想像の通り)店舗で配布されているプロモパックから着想を得たものです。

プレイヤーの皆さんは毎週1つまでコードを交換でき、コードを交換するとゲーム内の装飾アイテムが2つ手に入ります。手に入るアイテムはカード・スタイルやアバター、カード・スリーブ、ペットのどれかで、以前は入手できなかったものも含まれます。

普段からFNMに参加している方は、引き続き行きつけの店舗とオンライン・コミュニティでの交流をお楽しみください。テーブルトップのフライデー・ナイト・マジックに参加したことのない方は、今こそ地元のマジック・プレイヤーとの交流を始めるチャンスです! 「自宅でFNM」イベントの目標は、たとえ離れていても集まって楽しめることなのですから。

カードUIの改善

今回の動画やスクリーンショットをご覧になった方は、戦場にあるカードの見た目がちょっと変わっていることにお気づきでしょう!『イコリア:巨獣の棲処』にはこのセットだけで12種類ものカウンターがあり、さらに今後も過去のカードを追加していく予定(つまり、より多くのメカニズムが登場する予定)のため、ゲーム中のカードの表示方法をさらに洗練させるなら今をおいて他にないのです。

  • アイコンの配置を統一します
  • 拡大縮小の改善を行います
  • 「ノイズ」を減らします

対応する効果の量(信心や適応など)

キーワード能力(飛行や接死など)

「詳しく見る」(カード・テキストや誘発型能力、3つ以上のキーワード能力など)

/

あとから得た能力

開発中

64bit版クライアント

皆さん!macOS版についての続報をお待ちの皆さん、ぜひお聞きください!2020年6月のゲーム更新より、マジック:ザ・ギャザリング アリーナは64bit版クライアントへ移行する予定です。『イコリア:巨獣の棲処』のリリースや5月の更新までは32bit版のサポートも続けますが、その後は64bit版のみのご提供となります。

macOS

……つまり、macOS版のリリース時にmacOS Catalinaへの対応も予定しています。長らくお待たせをしている本件については、現在「SkyBox Labs」との提携のもとで鋭意作業中です。今年の夏が終わるまでにはmacOS版クライアントをリリースする計画です。「macOS版いつ?!」とメッセージを送る前に、どうか64bit版への移行作業を優先させてください。

リリース日が固まり次第、会社屋上から全力で叫んででもお伝えしますので、今しばらくお待ちください。

キューブ・ドラフト

対人ドラフトを実装するということは、つまり……

キューブ・シールドを試してみた方はキューブの醍醐味を感じていただけたかと思いますが、間もなくマジック:ザ・ギャザリング アリーナに実装されているすべてのカードを用いた最高のドラフトをお楽しみいただけます。キューブ・シールドと同様にキューブ・ドラフトもファントム・イベントとなりますが、今度は6パック開封するのではなく他のプレイヤーたちを相手にドラフトを行います。

キューブにレアリティの概念はないため、各パックには強力なレアや神話レアが大量に封入されています。さまざまなカードを用いた戦略とシナジーは本当に幅広く、毎回新鮮な体験を味わえます。そしてMTGアリーナには今後もカードが追加されていくため、キューブも更新し続けます。

ヒストリックの展望

今回は特筆すべき情報はありませんが、私たちは今後もヒストリックのサポートを続けることを明らかにしておきます。引き続きローテーションなしのフォーマットを拡大していく中で、ヒストリックがマジック:ザ・ギャザリング アリーナ内でさらに輝きを増すよう取り組んでいくつもりです。

私たちは引き続きヒストリックの強化と多様化に取り組み、特にパイオニアやスタンダードとは異なる領域からカードを追加することで、このフォーマットならではの面白さを保っていきます。『ヒストリック・アンソロジー3』は現在、5月中のリリースを計画しています。

『アモンケットリマスター』

『アモンケットリマスター』の作業も順調に進んでおり、今年の夏頃には皆さんにお届けできるかと思います。また、現時点では構想段階に留まっていますが、パイオニアに注目したリマスター・セットの計画もマジック開発部とともに取り組んでいます。

今回の更新に続き、『ヒストリック・アンソロジー3』や『基本セット2021Jumpstart『ゼンディカーの夜明け』と、今年も新たなカードが続々と登場しますので、今後の展開をお楽しみに!

構想中

モバイル版

はっきりとお伝えしておきますが、モバイル版のリリースは一大プロジェクトであり、これを実現するにはやるべきことがたくさんあります。まだしばらくは続報をお届けできないかと思われますが、ここでいくつかの情報をお伝えしておきます。

  • 2020年中のリリースを目指しています。
  • クロスプラットフォームに対応予定です。

外出先でモバイル版をプレイしても家でPC版をプレイしても、所持カードやデッキ、プレイモードなどをすべてご利用いただけるようにする計画です。

プレイヤー・チャレンジ

「プレイヤー・チャレンジ」は開発中の呼称ですが、私たちはさらなる競技的な体験を構想しています。これは短期決戦で高い技術が求められるもので、ゴールドやジェム、パックといった既存の賞品以上の大きな報酬が得られる方法になる予定です。現在私たちを取り巻く状況を鑑みて、皆さんが自宅で安全に競技を楽しめるよう、この構想は少しだけ早く検討が進められています。近いうちに詳しい情報をお届けしますので、お楽しみに!

  • 賞品とイベント形式は「メタゲーム・チャレンジ」と異なるものになる計画ですが、「X勝するかY敗するまでプレイできる」のは変わらない予定です(つまりトーナメント形式やスイス・ラウンド形式では行われません)。
  • 競技志向のイベントではありますが、ミシック・ポイント・チャレンジのようにイベントへの参加資格が必要なものにはならない予定です。
  • また、マジックのeスポーツやMPLなどとも関わらない予定です。
  • 参加費から賞品をサポートすることを目標にしています。したがって、賞品は各地域や法律によって異なるものになる予定です。

クリンナップ・ステップ

長くなってしまいましたが、最後まで読んでくれたなら幸いです!『イコリア: 巨獣の棲処』は4月17日にリリースされ、新たなカードに新たなドラフト体験、新たなセット・マスタリー、UIの大幅な改善がも皆さんを待っています。メンテナンスについての情報はステータス・ページをご確認ください。17日を待ち切れない方はぜひ16日のアーリーアクセスに注目し、あなたのお気に入りの配信者がその手で(あるいは肉球や爪で)最新の怪物級セットに初めて触れる様子をお楽しみください。

最新Magic Digital記事

MAGIC DIGITAL

2022年 4月 22日

MTGアリーナ:ゲーム更新情報――『ニューカペナの街角』 by, Wizards of the Coast

『ニューカペナの街角』 一家の務めを果たすことが肝要な『ニューカペナの街角』へようこそ。もう新たなカードを見て、物語も読みましたね。来週からいよいよ、MTGアリーナに美麗で華麗なものがすべて集まり、あなたも分け前にありつけます。 メカニズム 良き仲間とともにあれば何でもできることは、皆さんご存知でしょう。ちょうど、良いコネクションを持った人物を知っているんです。街の...

記事を読む

MAGIC DIGITAL

2022年 4月 21日

デジタル・マジックにおけるプレミア・プレイの道 by, Wizards of the Coast

先月私たちは、プロツアーをはじめハイレベルなテーブルトップのイベントが復活することをお伝えしました。2年以上前にCOVID-19の影響で中止されたテーブルトップのイベントシステムが、ついに更新されるのです。テーブルトップのイベントが復活するにともない、テーブルトップとデジタルが共存する世界におけるデジタルのプレミア・プレイを見直す機会がやってきました。 テーブルトップに...

記事を読む

記事

記事

Magic Digital Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る